「男」と「女」は、こんなにも違うらしい

「男」と「女」は、こんなにも違うらしい…今日この頃。
“Ωヾ( ̄o ̄)ヘェー

色々納得した。

スポンサーリンク

だから恋愛がうまくいかない!こんなにも違う「男」と「女」ですれ違う心理

暮らしの情報サイトnanapiはサービスを終了いたしました | nanapi [ナナピ]
nanapiは、生活をもっと便利にするための知識や方法が集まる情報サイトです。



男女の心理の違い:好きになった理由

女性

女性は好きになったことに理由を求めます。好きになったきっかけや、そのときの感情などを頭のなかで組み立てて、恋愛へと発展した経緯をストーリーとして知りたいからです。「あのときの、こういう振る舞いに惚れた…」「こういう理由があるから君のことが好き」などといったエピソードを男性に望んでいるようです。

男性

男性は、女性のように好きになった理由を重要視しません。だいたいの人は好きになる理由に「楽しいから」「一緒にいたいから」というシンプルな解答しか持っていません。女性のように明確な理由や意味を持たずとも、なんとなく好きだからという感情で恋愛をすることができます。


男女の心理の違い:片思い中の考え

女性

女性の片思いは、感情の起伏が激しくなります。「目をそらされた…嫌われてるのかな…」「目が合った!これって脈あり‥?」などと相手の言動に一喜一憂するのが特徴的です。女性は自分が好きな相手にどう思われているのかを知りたいと強く思う傾向があります。

男性

男性が片思いを始めると、頭のなかでこれからの計画や段取りを考えて進めていこうとします。「いつデートに誘おう?」「場所はどこがいいかな…」などと女性の好みをサーチして、男性は相手に好きになってもらう方法を知りたいと思うようになります。


男女の心理の違い:「好き!」と感じるとき

女性

料理をしながら談笑したり、テレビをしながらダイエットをしたり…「ながら」が得意な女性は、恋愛を始めるといつでも彼のことで頭でいっぱいになります。「今、なにしてるのかな?」「もう寝ちゃってるかな…」などと四六時中気にかけるようになります。

男性

女性のように「ながら」をしない男性は、女性のように24時間ずっと相手のことを考え続けるというのは無理があります。仕事をしているときには仕事に集中してしまうため、忙しいときは彼女まで頭がまわりません。そして忙しさが一段落したときにとふと「会いたいな」と彼女のことを思い出し「好きだなぁ」と感じている自分に気づきます。


男女の心理の違い:喜びを感じるとき

女性

「今日は玉ねぎが10円安く買えた!」「肌が調子良くて嬉しい」など、女性は日常のなかで小さな楽しみや喜びをたくさん見つけることができます。これは恋愛でも同じです。「メールができた」「声が聞けた」などささやかな喜びを沢山見つけることに満足する傾向があります。

男性

男性は、一度に大きな喜びを手にすることで満足します。大きな野望や夢を語る人が多いのも特徴的です。長く時間をかけてやっていたプロジェクトや企画が形になったときに満足します。恋愛においても記念日や誕生日などの大きなイベントを一度やればあとは問題ないと思うのが特徴です。


男女の心理の違い:共有するとき

女性

自分の感情や気持ちを伝えて楽しんで共有しようとします。たとえば、彼から勧めてもらった本や映画などの趣味がつまらなかったときにも「面白くなかった」という話題で盛り上がろうとするのです。連帯感や共感を大事にする女性は、マイナスな出来事さえもネタとして彼と共通の話題で盛り上がろうとします。

男性

男性は、女性と違って「共有する」という感覚があまりありません。自分が勧めた音楽や本を「面白くなかった」と言われると、男性は「せっかく選んだのに」と全否定された気持ちになり、一気に冷めてしまいます。相手を喜ばせることができた自分に満足する男性は、退屈だと言われたものを共有しようとは思いません。


男女の心理の違い:喧嘩をしたとき

女性

喧嘩をしたとき、女性が相手に求めるのは「私の気持ちをわかってもらいたい」という共感です。お互いのすれ違いから話し合いになったときも、女性は頭のなかで相手に自分の気持ちを話す⇒受け止めてもらう⇒仲直りという構図を考えています。

男性

男性の場合、喧嘩をすると「戦う」か「逃げる」かのどちらかの選択しかありません。険悪なムードになったときも、彼女を説得するか、話を速く終わらせて逃げるかのどちらかになります。彼女の気持ちを聞くことによって共感して解決をするというより、自分が正しいことを主張するか、謝るかのどちらかで解決となります。


男女の心理の違い:悩み事があるとき

女性

女性は話しながら考え事を整理する習慣があるため、悩み事や心に抱えている問題をすべて相手に伝えようとします。男性に解決策やアドバイスは求めていません。伝えたことで安心し、満足していく傾向にあります。男性に悩みごとを教えてもらえないと、信頼されていないと思い、寂しい気持ちになってしまいます。

男性

男性は、悩み事があるときはひとりで黙って考えるという方法で立ち直ろうとします。悩んでいるときに「私になんでも言って!」と女性に言われると重く感じます。しばらくの間、何も構わずに放っておいてほしい、自分で考えて物事を消化していく時間をほしがります。


男女の心理の違い:メールの返信

女性

「私のことが好きならまめに連絡をしてくれるはず!」と信じて疑わないのが女性。メールや連絡の有無で相手の愛情の大きさを測ろうとします。1日でも連絡がないと「もう私のこと、好きじゃないのかも…」と不安に陥ってしまうことも。

男性

男性は、信頼関係ができあがったと思う相手にはまめに連絡をとらなくなることがあります。それは、「言わなくてもわかるよね?」と連絡をせずとも相手に愛情が伝わっていると信じているからです。

色々納得したけど、特に納得したのが「喜びを感じる時」ってやつな。

女ってイベント事好きやから、クリスマスとか誕生日とかだけちゃんとやってりゃええと思ってたんやけど、そうやないんやな(笑)

普段の「小さな幸せ」が大事と。

それでも、イベント事はイベント事でやらんかったら怒るくせに(笑)

まぁ、男女の「違い」があるのは(その「違い」を埋める努力をするかどうかは別にして)、誰もが理解してるとこなんで、個人的には、その「違いの原因」をもっと科学的に検証して、色々と教えて欲しいもんです。

「脳の構造の違い」って事がだいぶ言われ始めてるけど、まだまだ未解明な部分が多いんで、そういうのを科学的に完全に解明して、男女問わず「心」ってもんを科学的に検証できるようになったら、個人的な知的好奇心が満たされるんで、この分野の研究が進む事を心の底から望みます。

それにしても、「男女平等」っちゅうて、こういう「違い」を無視して、男も女も同じ事をやらそうとしてるけど、もうちょっと「違い」は認識した方が良いと思う。

そりゃ、男ができる事は女もできるやろうし、女ができる事は男もできるやろ。

女の筋肉量は男の半分なんで、力仕事とか、そういう物理的にどうしようもないのを除きゃ、基本的にどっちもできる。

けど、出産できるのは女だけやし、母乳を与えられるのも女だけ。

女が構造的に子育てに特化してるのは明らかやのに、「イクメン」だの何だのって言うて、男に育児をやらせるってのは、個人的にどうかと思う。

「男は育児をするな」って事が言いたいんやなくて、女の得意な事は女がやれば良いし、男が得意な事は男がやれば良いんで、サポートできる事はどんどんやれば良い。

けど、ちゃんと役割分担は、するべきやと思う。

無理して同じ事をするって事は、自然の摂理に逆らうって事なわけで、大人はそれでも構わんのやけど、それが子供にどういう影響を与えるか分からん。

例えば、女が仕事に出る為に男が子育てして、母乳を与えず粉ミルクを与えるとかな。

できるけど、それをやる事で、何かしら影響があったらどうする?

個人的には、そこが一番心配ですな

何の影響もないって事が明らかなら、それでええけど…

何にしても、「育児」に限らず、女の得意な事と男の得意な事はあるわけで、何でもかんでも「平等」を押しつけるより、お互いがお互いを補う関係で有り続けて欲しいもんです。

問題は、「男社会」が決めつけた「女のできる事」なわけで、こういうのを解消して、「男社会」が「女のできる事」をもっと知れば、「男女平等」なんて言葉を使わんでもよくなる。

とにかく、「違い」があるって事をちゃんと認識してするべきですな。


恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか

Amazon.co.jp 一般
Amazon.co.jp 一般
占い・心理・診断
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました