スポンサーリンク

天孫の子?|日本神話(古事記)22

スポンサーリンク

それでは、前回の続き。

寿命が出来たとはいえ、とにかく結婚したニニギ。

神様も新婚初夜を迎えるわけで…

チョメチョメをした翌日、コノハナノサクヤヒメが…

コノハナノサクヤヒメ
「あんた、ウチ妊娠したみたいやわ」
スサノオ
「はぁ!?」
コノハナノサクヤヒメ
「もうすぐ産まれそうやねん」
スサノオ
「ちょっ、ちょっと待てや。

だいたい俺はお前と1回しか寝てへんねんで。

それも昨日のことやん。

それ、ほんまに俺の子か?

「俺の子か?」は、思ってても言うたらいかんやろ(笑)

コノハナノサクヤヒメ
「いや、この子はあんたの子や!!」
スサノオ
「そんなおかしな話あるかいな。

国津神(日本に元々住んでる神)の子やろ」

そら、昨日寝ただけで、「妊娠した」って言われりゃなぁ(笑)

けど、あんた神様やがな。

どんなことがあっても不思議やないで(笑)

コノハナノサクヤヒメ
「そこまで言うんやったら分かったわ!!」
スサノオ
「なっ何すんねん!!」

コノハナノサクヤヒメは、他の神々に産屋作らせる。

コノハナノサクヤヒメ
「お腹の子が他の神の子やったら無事に産まれへんやろ。

でも、あんたの子やったら無事に産まれるわ。

よう見とき!!」

そう言うと、コノハナノサクヤヒメは、産屋に入り、出入り口をすべて土で塗り込めてふさがせ、そして自ら産屋に火をつける。

そこまでせんでも…

母は強しってことか。

コノハナノサクヤヒメは、この燃えさかる火の中で子供を3人の男の子を産む。

コノハナノサクヤヒメ
「ほら、無事やったやろ」
スサノオ
「たしかに…」

この時、火が盛んに燃えている時に産まれた子供ををホデリ(火照命)、火が弱くなった時の子をホスセリ(火須勢理命)、火が消えた時の子をホオリ(火遠理命)という。

このホオリが、神武天皇の祖父になるねんな。

それにしても、命を懸けて潔白を証明するとは…

それに比べて、ニニギのへたれっぷり。

今も昔も、女が妊娠すると男は動揺するようですな(笑)

今回はここまで。


天孫降臨の夢―藤原不比等のプロジェクト

日本神話
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました