福岡県久留米市六ツ門町のマンション「久留米ザ・ミッドタワー」の18階から江崎碧音ちゃん(4)が転落死 1歳の妹と2人で留守番

福岡県久留米市六ツ門町のマンション「久留米ザ・ミッドタワー」の18階から江崎碧音ちゃん(4)が転落死 1歳の妹と2人で留守番

アメリカじゃ13歳未満を1人で留守番させると虐待になって逮捕されるわけやけど、この手の転落死がある度に日本は何でそうならんのか不思議でしゃあない。

しかも、18階に住んでてこうなる事が想像出来んってのがなぁ。

タワーマンションに住むと色々と麻痺するんやろか?

スポンサーリンク

マンション18階から4歳児が転落死

福岡 マンションの18階から4歳女児が転落し死亡(20/06/09)
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
8日午後8時45分ごろ、福岡県久留米市の19階建てマンションから「子どもが落ちたようだ」と110番があった。久留米署によると、18階に住む江崎碧音ちゃん(4)が敷地内に倒れており、病院に搬送されたが約2時間後に死亡が確認された。

久留米署と消防によると、碧音ちゃんはマンションの1階にある店舗の屋根部分で見つかった。署は誤って自宅ベランダから転落した可能性があるとみて状況を調べる。

当時は父親が母親を迎えに行くため外出し、碧音ちゃんと年下のきょうだいの計2人が部屋に残っていたという。

現場は西鉄天神大牟田線西鉄久留米駅の西約800メートルの繁華街。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

福岡県久留米市六ツ門町のマンション「久留米ザ・ミッドタワー」の18階から江崎碧音ちゃん(4)が転落死 1歳の妹と2人で留守番

短時間やからええかって事で留守番させてたんやろうけど、短時間でもこうなるのが子供やからなぁ。

しかも、18階に住んでたらこうなる事は想定しとかなあかんやろ。

アメリカじゃ1階だろうが18階だろうが子供を留守番させるだけで虐待で逮捕されるのに、日本は「虐待」が犯罪にならんからこういう事にも目が向かんのやろな。

そろそろ、欧米の基準を取り入れて「虐待」に厳しくなった方がええと思うんやけど。

スポンサーリンク

現場は福岡県久留米市六ツ門町の「久留米ザ・ミッドタワー」

現場は

現場は福岡県久留米市六ツ門町の「久留米ザ・ミッドタワー」

この画像から

福岡県久留米市六ツ門町7-52の「久留米ザ・ミッドタワー」と。

久留米ザ・ミッドタワーの住宅情報

【ホームズ】久留米ザ・ミッドタワーの建物情報|福岡県久留米市六ツ門町7-52
久留米ザ・ミッドタワー(久留米市六ツ門町)の建物情報。間取り図や写真、家賃・価格や、建物内に賃貸や中古マンションの空室・売出し情報があるか確認できます。【不動産アーカイブ】なら日本全国にある250万棟以上の建物から住まいを探すことができます。

ここで江崎碧音ちゃんが転落死したわけやけど

スポンサーリンク

父親が母親を迎えに外出し自宅には江崎碧音ちゃんと1歳の妹の2人だけ

父親が母親を迎えに外出し自宅には江崎碧音ちゃんと1歳の妹の2人だけ

夫婦仲がええんか知らんけど、午後8時45分に奥さんを迎えに行くってのがなぁ。

どういう事情か知らんけど、公共交通機関が動いてる時間なんやし、迎えに行く事もなかったやろうに。

どうしても迎えに行かなあかんのなら、子供も連れて行かな。

結果論やなくて、こうなる事は常に頭に入れておくべきですな。

前にも書いたけど

東京都江東区の「東雲キャナルコートCODAN」7階から4歳男児が転落死 1人で留守番中だった 高所平気症か
4歳児を1人で留守番させるってのが、そもそも無茶な話ですな。 アメリカなんかじゃ13歳未満を1人で留守番させると虐待になって親が逮捕されるし、日本も法律で決めた方が良いかもしれん。
スポンサーリンク

高所平気症

高所平気症 - Wikipedia
高所平気症 (こうしょへいきしょう)とは、高い所に居ても恐怖を感じにくい心理状態を指す俗語。高所恐怖症から派生した言葉。

概要

読んで字の如く、高い所での恐怖感が少ない症状。高所恐怖症でなくとも、転落する危険のある場所や自分の身長より遥かに高い場所では不安や緊張を感じるのが通常の心理であるが、そのような感覚が欠けている状態を高所平気症とよぶ。4歳頃までに高層階で育った子供は、高所に対する恐怖感が欠如してしまうことがある。財団法人未来工学研究所が1985年2月に行った調査によれば、高層集合住宅の4階以上に住む小学生342人に対して行ったアンケートにおいて、7割以上が「ベランダや窓から下を見ても怖くない」と回答したという。同研究所の資料情報室長であった佐久川日菜子が高所平気症と名付けた。1987年から高層住宅に住む児童の自立の遅れについて研究を行っていた東京大学医学部助手(当時)の織田正昭もこの語を用い、さまざまな文献で言及した。

危険性

高所平気症であればベランダや屋上から下を見下ろしても恐怖感が現れないことから、転落事故を誘発することがある。例として、さいたま市の9階建てマンションで高所平気症の子供が転落死したこともある。

危険が目に見えている状況で怖がるのは、自分の身を守るために備わっている動物の本能であり、それが欠如しているとすれば身を守る力が備えられにくい。つまり、高所平気症は直接身体に作用するものでなく、危険に出会った際に大きく作用してしまうのである。

「高所平気症」なんてのもあるんやし。

高層マンションの高層階に住んでる人は、子供だけで部屋に残すのは危険って事を頭に入れとくべきですな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、虐待死でも日本は軽く扱われるけど、そもそも「虐待」の概念が欧米から比べるとかなり遅れてるから、子供の命が軽くなってる。

しかも、ちょっと前まで「尊属殺人」「卑属殺人」って区分けがあった国なんやし。

とにかく、欧米を見習って虐待に対して、もっと厳しくなるべきですな。

スポンサーリンク



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

虐待・虐め・自殺
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました