スポンサーリンク

ダイヤモンド・プリンセス号に寄付された崎陽軒の「シウマイ弁当」が乗客に提供されず ホテル三日月の最後の晩餐は「シウマイ弁当」

崎陽軒クルーズ船に寄付のシウマイ弁当乗客に届かず

震災時の寄付でもそうやけど生物ってのは色々と難しいわな。

4000食は344万円相当が無駄になったってのは何とももったいない話やけど。

搬入する前に調整出来んかったんやろか?

スポンサーリンク

崎陽軒クルーズ船に寄付のシウマイ弁当乗客に届かず

崎陽軒クルーズ船に寄付のシウマイ弁当乗客に届かず(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
横浜市の崎陽軒が12日、乗客が新型コロナウイルスに感染し、同市の大黒ふ頭に接岸中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に寄付した「シウマイ弁当」4000食が、いまだ乗客に提供されていないことが13 - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)
横浜市の崎陽軒が12日、乗客が新型コロナウイルスに感染し、同市の大黒ふ頭に接岸中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に寄付した「シウマイ弁当」4000食が、いまだ乗客に提供されていないことが13日、分かった。

崎陽軒によると「不自由な状況の乗客、頑張っているスタッフを励ましたい。協力したい」という思いから、最初は横浜市港湾局に相談したという。ただ、通関の関係から、港湾局と船との間で荷物の積み込みなどを調整する代理店があり、当該代理店との交渉の結果、12日の昼食向けに提供することになったという。

代理店と調整した結果、納品時間は午前10時、提供するシウマイ弁当の数は乗客、乗員分3800食、支援活動をする医療スタッフ、自衛隊分200食の合わせて4000食と決まった。崎陽軒は配送車で大黒ふ頭に午前10時前には到着し、接岸する船にシウマイ弁当を納品と、決められたとおりに行動。同11時までには船への搬入も済ませたという。

船内では1日3食の中に米のメニューは出されていたが、3日に横浜・大黒ふ頭に入るまでは、日本で主に食されるジャポニカ米の提供は少なく、東南アジアなどで食されるインディカ米のメニューが多かったという。そのため、日本米を欲する乗客も少なくなかった。ある乗客は、12日午後にシウマイ弁当が寄付されたと知り「あんなに、おいしい弁当はない。早く食べたい」と心待ちにした。ただ、同日の昼食、夕食は通常通りの船側が用意したメニューで、加えて支援企業が寄付した飲料、カップラーメンなどが提供されたという。複数の乗客は、ツイッターで「まだ届いていない」「シウマイ弁当は、どこに消えた?」「せめて(船内で支援活動をする)自衛隊やスタッフの方々に届いていれば」などと発信した。

ダイヤモンド・プリンセス内で毎日食事をつくってるし

横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」の運営会社「プリンセス・クルーズ」が全額返金を表明 代金は29万5千円から
1番安い部屋で29万5千円でスイートになると100万円以上して、それが3000人分やから全額返金やとかなりの損害ですな。まぁ、保険掛けてるやろうから、保険会社が払うんかもしれんけど。

この時に取り上げたけど、前日にはメニューを決めてもらってるからなぁ。

いきなりシウマイ弁当を持って来られても対応出来んってのもあったかもしれんな。

それなら、そこで断るなりしとけって話やけど。

しかも、シウマイ弁当は

シウマイ弁当は同日午後4時が消費期限

一部の乗客は12日夜に「明日の朝か、昼にでも出るのかな?」と期待を寄せていたが、12日に寄付されたシウマイ弁当の消費期限は同日午後4時だったため、消費期限を過ぎての提供は困難だ。シウマイ弁当は1食860円(税込み)で、提供された4000食は344万円相当だった。

午後4時が消費期限じゃ夕食には出せんし、昼食に間に合うように搬入してるのに昼食で出せんかった理由は何なんやろね。

食中毒の問題もあるんやろうけど。

ダイヤモンド・プリンセスでは新たに44人の感染が確認され218人に

表示できません - Yahoo!ニュース

ダイヤモンド・プリンセスでは新たに44人の感染が確認され218人に

連日新型コロナウイルスの感染者が確認されてるし、それどころやないのもしゃあないかもしれんけど。

何とももったいない話ですな。

ダイヤモンド・プリンセスの乗客のツイート

楽しみにしてた人にとっては、何とも残念な話ですな。

食品ロスにもなってるし。

一方で

ホテル三日月の滞在者 全員帰宅

ホテル滞在者、全員帰宅 チャーター機第1便 新型肺炎(時事通信) - Yahoo!ニュース
政府チャーター機の第1便で中国・武漢市から帰国し、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」に滞在していた邦人は13日、政府が用意したバスなどで全員が帰宅の途に就いた。  1月29日に帰国し、同ホテルに約2 - Yahoo!ニュース(時事通信)
政府チャーター機の第1便で中国・武漢市から帰国し、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」に滞在していた邦人は13日、政府が用意したバスなどで全員が帰宅の途に就いた。

1月29日に帰国し、同ホテルに約2週間滞在していた176人は、今月11日から行われた再検査で全員が新型コロナウイルス陰性となった。このため12日に36人が帰宅し、その他の人も13日にホテルを出た。

勝浦市の土屋元市長は13日午前、報道陣の取材に応じ、「関係者が力を合わせてやってきた。市民に感染者を出さず、ほっとしている」と話した。

政府は15日からホテル内の消毒作業を実施。ホテルは3月からの営業再開を予定しているという。

チャーター機第1便の帰国者は「勝浦ホテル三日月」から全員帰宅したわけやけど、そのホテル三日月の最後の晩餐は

ホテル三日月の最後の晩餐は「シウマイ弁当」

シウマイ弁当やったと。

ホテル三日月は毎日が弁当やったから、その辺の段取りもうまく出来たんやろな。

何にしても、生物の寄付はこういう事もあるんで、震災時なんかの寄付もよく考えなあかんなと改めて実感しました。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました