スポンサーリンク

新型コロナ 岩田健太郎教授の告発動画が話題に 「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」「アフリカより悪い」

岩田健太郎教授が「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」と告発

ダイヤモンド・プリンセスに感染症の専門家が1人もおらず、厚労相の役人がふんぞり返ってたと。

そりゃ船内パンデミックを起こすわな。

そもそも、貴重なデータ収集場やのに何で感染症の専門家を追い出すかね。

ここでデータ収集しときゃ国内での感染拡大を抑える事にも役立つし、適切な予防策を伝える事も出来るのにねぇ。

ほんま、この国は色々と終わってますな。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授が「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」と告発

ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。なぜ船に入って一日で追い出されたのか。

エボラ出血熱やSARSと闘ってきた感染症の専門家の岩田健太郎教授に「ここまでひどいとは思わなかった」って言わせるやからなぁ。

この国に「危機管理」ってもんは存在せんって事ですな。

完全にお花畑状態と。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授のプロフィール

岩田健太郎教授のプロフィール

岩田健太郎 - Wikipedia
岩田 健太郎(いわた けんたろう、1971年 – )は、日本の医師、神戸大学教授。

島根県生まれ。島根医科大学卒業。沖縄県立中部病院、コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院などで研修後、米国、中国で医師として勤務。2004年から亀田総合病院で感染症内科部長、総合診療感染症科部長、08年より神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長。

はじめ「最上丈二」の筆名を用い、のち多くの啓蒙的著作で知られ、またHPVワクチンへのこだわり、フェニミズムへの批判活動でも存在感を発揮する。

岩田健太郎教授のブログ

楽園はこちら側
日本のCOVID対策がうまくいくかどうかは、COVIDの死者を少なく出来たかどうかにかかっています。その前提は正しい診断です。EBMの原則を看過し、診断に無関心、無配慮であった日本の臨床医学界における大きなチャレンジです。もし仮に、、、あくまで仮の話ですが、、、、日本でもCOVIDの死亡者が何千人規模で発生したとしても、それはちゃんと把握し、公表されねばなりません。そして「対策の失敗」として認識されねばなりません。失敗を認める覚悟。その覚悟を前提として、日本の感染症対策の成功を、真の成功を目指すのです。

新興感染症のあとの日本の総括はいつもグダグダでした。ミッションがあいまいなので、総括もふわふわだったのです。現在もCDCがないのは、それでもスルーできたからです。不幸にして、いや、幸いにして、現在は世界中が日本に注目していますから、いつものグダグダやふわふわは許容されません。

とりあえずは、クルーズ船と和歌山、そして現在起きている東京のクラスターの詳細な分析と情報公開が今すぐやるべきことです。

こういう人をうまく活用すりゃええのに、活用するどころか追い出すんやからねぇ。

で、無能が船内でふんぞり返ってるんやから、ほんまどうしようもないな。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授のツイート

官僚の仕事が誰かさんを忖度する事になったから、こういうおかしな事になってるんやろな。

日本は政治家が3流でも官僚が1流やから大丈夫って状態やったのに、その優秀な官僚もこうなってしまったら誰がこの国の舵取りをするのやら。

ほんま、困ったもんですな。

こんな状況やのに

ダイヤモンド・プリンセスから500人が下船 公共交通機関を使って帰宅

クルーズ船きょう500人程度下船の見通し(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で18日、新たに88人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。感染が確認されなかった乗客の下船は19日から始まる。厚生労働省によると、横浜港に停泊しているクル - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

ダイヤモンド・プリンセスから500人が下船 公共交通機関を使って帰宅

14日間の健康観察期間が終わるって事で19日から21日にかけて500人が下船して、公共交通機関を使って帰宅すると。

アメリカにチャーター機で帰った人は、これから更に2週間経過観察されるわけやけど、次から次から感染が確認されてたのに、何でこのまま帰宅って事になるんかほんま理解に苦しむ。

ダイヤモンド・プリンセスでちゃんと隔離されてたなら、2週間が経過したから大丈夫って判断も出来るけど、岩田健太郎教授が「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」って言うてるんやで。

昨日、今日で感染する事もあり得るわけで、このまま帰宅とか考えられんな。

それも公共交通機関で。

これで、後から陽性が確認されたりしたら誰が責任を取るんやら。

何にしても、「政治主導」の結果がこれで、こんな状態になってるのに野党がボンクラの集まりやから国会も機能せん。

ほんま、この国は終わってますな。

追記

岩田健太郎教授をダイヤモンド・プリンセスから追い出したのは

橋本龍太郎の次男・橋本岳と。

厚生労働副大臣なんやそうで。

橋本岳のツイートに対して

だそうで。

どっちにしても、船内パンデミックを引き起こしたのは間違いないし、国は自分の都合の良い御用学者以外の専門家の意見には耳を傾けんって事も間違いなさそうですな。

スポンサーリンク

続報

岩田健太郎教授の告発動画に対して岩田教授をダイヤモンド・プリンセスに誘った高山義浩厚労省技術参与がFacebookで説明
高山先生の話も分かるんやけど、「正しいだけでは組織は動きません」ってのは何か引っかかるな。 平時ではその考えは重要やし、それでええと思うんやけど、有事は正確に早くが重要やと思うんやけど。 色々と調整してからやないと組織は動かんって言うてたら、どこぞの国が攻めてきたりしたら何にも出来んやん。 結果的に感染拡大させてるわけ...
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました