スポンサーリンク

栗原心愛さん虐待死 母親の栗原なぎさ被告に執行猶予判決 「夫の支配的言動にあらがうのは困難だった」

千葉小4虐待死 母親の栗原なぎさ被告に懲役2年6ヶ月 執行猶予5年

求刑が懲役2年やったから、栗原なぎさが執行猶予になるのは分かってたんやけど、栗原勇一郎の「DVに逆らえなかった」んやなくて、自分がDVされるのが嫌で、そこから逃れる為に積極的に栗原心愛ちゃんを虐待してたのに執行猶予ってのは考えられんな。

まだまだ、この国の司法は「卑属殺人」って考えに支配されてて、「子殺し」を軽く扱うようで。

スポンサーリンク

千葉小4虐待死 母親の栗原なぎさ被告に懲役2年6ヶ月 執行猶予5年

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000541-san-soci
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件。父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母のなぎさ被告(32)に千葉地裁は有罪判決を言い渡した。

この日、98席の傍聴席は記者や一般の傍聴人で埋まった。なぎさ被告は白いシャツに黒いズボン姿で法廷に入った。うつむき気味で、無表情だった。

「主文。被告人を懲役2年6月、5年間、その刑を猶予します。猶予期間の5年間を保護観察とします」

証言台の前の席に座ったなぎさ被告に動じる様子はなかった。小池健治裁判長は10歳だった被害者を「心愛ちゃん」と呼びながら判決文を読み上げた。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

千葉小4虐待死 母親の栗原なぎさ被告に懲役2年6ヶ月 執行猶予5年

検察が

千葉小4虐待死 栗原なぎさ被告に懲役2年を求刑 栗原心愛さんの死亡する直前の様子が明らかに
いくらDV被害者でも母親で、積極的に加担してる栗原なぎさが懲役2年ですか。 「虐待死」の相場が懲役7年やから、「幇助」やとそんなもんなんかもしれんけど、これじゃ栗原勇一郎も重くても懲役10年とか15年ぐらいって事になりそうですな。 千葉小4虐待死 栗原なぎさ被告に懲役2年を求刑 千葉県野田市で10歳の女の子が虐待を受け...

懲役2年を求刑したのに対して、判決が懲役2年6ヶ月なんで、求刑よりは若干重い判決を出してるんで、8割引きの判決を出すのがお約束の裁判所にしては踏み込んだって言いたいとこなんやけど

千葉小4虐待死 栗原心愛さんの母親・栗原なぎさ被告の初公判 起訴内容認める 「旦那のことが好きだった」
栗原心愛ちゃんが殺されて、ようやく裁判が始まったわけやけど、栗原なぎさが「旦那のことが好きだった」って言うたのは意外やったな。 DVでの洗脳が解けてないんかもしれんけど、これが本心ならちょっと怖い。 まぁ、「だった」って過去形になってるから、この件で気づいたんやろうけど、それならもう少し早く気づいて欲しかったな。 千葉...

旦那の栗原勇一郎が好きで

栗原勇一郎に続き栗原なぎさも再逮捕 「自分の意志で食事を与えない事があった」 栗原心愛さん死亡事件
心愛ちゃんが虐待されてたら自分がDVを受けんからって栗原勇一郎の虐待を黙認してだけやなくて、積極的に虐待に加担してたと。 これは、もう完全に共犯ですな。

積極的に栗原心愛ちゃんの虐待に加担してたのに執行猶予判決ってのは考えられんな。

スポンサーリンク

千葉地裁「被告は精神的に脆弱で、夫の支配的言動にあらがうのは困難だった」

千葉地裁「被告は精神的に脆弱で、夫の支配的言動にあらがうのは困難だった」

「夫の支配的言動にあらがうのは困難だった」ってのもなぁ。

DVで洗脳されてたわけやなくて、自分が殴られるのが嫌で娘を身代わりにしたんやで。

完全に故意にやってるのに、これが理由で執行猶予ってのはどうにも納得できんな。

スポンサーリンク

小池裁判長の説諭に栗原なぎさが涙を浮かべる

小池裁判長の説諭に栗原なぎさが涙を浮かべる

なぎさ被告の表情が変わったのは小池裁判長が説諭を始めたときだった。

「栗原さん。分かりましたか」。なぎさ被告は小さく「はい」と返事をした。

「あなたはそれ(勇一郎被告の虐待)を目の前で見ていた。心愛ちゃんが頼るべきはあなたしかいなかったのに、母親のあなたが勇一郎被告に協力した責任はとても重い」。なぎさ被告はうつむいて聞き入った。

「『心』に『愛』と名付けて『心愛』と名付けたことや、沖縄で健やかに育っていた心愛ちゃんの姿を思い出してほしい。執行猶予中は、心愛ちゃんにしたことを思い出し、反省して社会の中で過ごしてください」

なぎさ被告は何度もうなずき、手で目をぬぐった。目に涙をため、法廷を後にした。

この説諭で少しでも母親らしさを取り戻したのなら、日常生活を送らせる方が罰としては重いような気もするけど、刑務所で自分が何をしたか向き合わせるべきやと思うな。

何にしても、母親の栗原なぎさが執行猶予なら、栗原勇一郎も虐待死の相場の懲役7、8年。

重くても10年前後って事になりそうやけど、そんな事は許されんので検察は可能な限り重い求刑をして欲しいもんです。

虐待・虐め・自殺 訴訟・裁判
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました