スポンサーリンク

千葉小4虐待死 栗原心愛さんの母親・栗原なぎさ被告の初公判 起訴内容認める 「旦那のことが好きだった」

栗原なぎさ 初公判
スポンサーリンク

栗原心愛ちゃんが殺されて、ようやく裁判が始まったわけやけど、栗原なぎさが「旦那のことが好きだった」って言うたのは意外やったな。

DVでの洗脳が解けてないんかもしれんけど、これが本心ならちょっと怖い。

まぁ、「だった」って過去形になってるから、この件で気づいたんやろうけど、それならもう少し早く気づいて欲しかったな。

スポンサーリンク

千葉小4虐待死 栗原なぎさ被告が起訴内容認める

千葉小4虐待死 母が初公判で起訴内容認める(産経新聞) - Yahoo!ニュース
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母のなぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた。なぎさ被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

午後2時ごろ、なぎさ被告は茶色のセーターに黒のズボン姿で、黒縁のめがねをかけて出廷した。

検察官が起訴状を読み上げ、裁判官から「おかしいところ、間違っているところはありますか」と問われると、なぎさ被告は一瞬沈黙。「いかがですか」と再度促されると、消え入りそうな声で「間違いありません」と答えた。

起訴状によると、なぎさ被告は1月22日から、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の指示で心愛さんに食事を与えず、死亡した24日には、勇一郎被告が肌着だけの心愛さんに冷水のシャワーを掛けていたことを知りながら制止しなかったとしている。

捜査関係者によると、なぎさ被告は、勇一郎被告からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとされ、千葉県警の調べには「虐待を止めようとしたら暴力を振るわれた」と供述していた。

また、捜査では、勇一郎被告が今年の元日ごろ、なぎさ被告の顔を殴るなどしたことも判明し、千葉地検は、勇一郎被告を暴行罪でも起訴している。公判ではDVがなぎさ被告の行動に与えた影響がどう判断されるのかが焦点となる。

映像ニュースはコチラ

「旦那のことが好きだった」 心愛さん母の供述明らかに(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
千葉・野田市の栗原心愛さん(当時10)虐待死事件で、夫による虐待を止めず食事も与えて - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

栗原なぎさ 初公判

栗原勇一郎は未だに黙秘を続けてるみたやけど、母親の栗原なぎさが全面的に認めてるから、これで栗原勇一郎の裁判もスムーズに進むやろ。

個人的には、裁判なんかせんと、野犬やクマと同様の扱いにするべきやと思うけど。

それにしても

栗原なぎさ「旦那のことが好きだった」

栗原なぎさ「旦那のことが好きだった」

「旦那からされていたことはDVとは違うと思い、旦那のことが好きだった」

DVを認めたくないってのは共依存の関係になってるからしゃあないにしても、「旦那のことが好きだった」なぁ。

DVを受け続けると、こんな感覚になるんやろか?

DVの後には

栗原なぎさ 栗原勇一郎を語る1

栗原なぎさ 栗原勇一郎を語る2

よくは分からんけど、とにかく優しくされたって事でコロっといってもうたと。

こういう感覚がよく分からんねんなぁ。

そもそも

栗原勇一郎容疑者は虐待を隠そうとしていた 栗原勇一郎と栗原心愛さんの母親は2011年に離婚 2017年に再婚
栗原勇一郎は取り調べで「悪いことをしたとは思ってない」って言うてたみたいやけど、隠すって事は「悪いこと」をしてたって認識はあったんやな。 ほんま、どこまでも息を吐くように嘘を吐く生き物です。 それにしても、栗原心愛ちゃんと次女の...

1回離婚してるんやから、そこで何かしら気づいて良さそうなもんやけどなぁ。

栗原なぎさに栗原心愛さんが「毎日が地獄だった」と打ち明けていた

「毎日地獄だった」と心愛さん、母に打ち明ける 千葉小4虐待死母親初公判 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
なぎさ被告は平成29年に勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=と再婚。6月に次女を出産したが、体調が優れずに入院生活が続いていた。そのため勇一郎被告は妻を当時住んでいた沖縄に残し、心愛さんと次女を連れ、千葉県野田市に転居していた。

検察側は証拠調べの中でなぎさ被告を取り調べた際の調書内容を朗読。なぎさ被告が遅れて、千葉にやってきた際、心愛さんが元気のない様子だったため、どう過ごしていたかを確認したという。その際、心愛さんは「毎日が地獄だった。夜中に起こされたり、立たされたりした」などと話したとした。

再婚した後に、入院してて遅れて生活を始めるようになって、こんな事になってるのに心愛ちゃんの訴えを無視してるんやからなぁ。

そもそも

栗原心愛さんが児童相談所に性的虐待を訴えていた 「パパが急にズボンと下着を下ろしてきた」
栗原勇一郎が栗原心愛ちゃんに排便させて、その様子を動画に撮ってたとこから、これは想像できたんで、「やっぱりか」って印象しかないんやけど、児相はそれを聞いてたのに一時保護を解除してるんやな。どう考えても「殺人幇助」「強姦幇助」やと思うんやけど

娘に性的虐待するような男を好きでい続けられるってのが、どうにも理解に苦しむけど。

何にしても、弁護側は執行猶予を求めてるみたいやけど、ここまで酷い虐待で、虐待を止めるどころか加担までしてるのに、執行猶予なんかあり得んので、粛々と刑を受けて欲しいもんですな。

理由はどうあれ、母親の栗原なぎさは助けられたはずなんやから。

続報

千葉小4虐待死 栗原なぎさ被告に懲役2年を求刑 栗原心愛さんの死亡する直前の様子が明らかに
いくらDV被害者でも母親で、積極的に加担してる栗原なぎさが懲役2年ですか。「虐待死」の相場が懲役7年やから、「幇助」やとそんなもんなんかもしれんけど、これじゃ栗原勇一郎も重くても懲役10年とか15年ぐらいって事になりそうですな。

コメント

  1. あの笑顔を見ると、虐待があったって信じられないけど....

    今は、心愛さんが天国に召された事を祈ります

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました