大竹晃史容疑者(38)を逮捕 横浜市青葉区の路上で小学4年の女児を誘拐し葛飾区西水元3丁目の自宅に連れ込む

大竹晃史容疑者(38)を逮捕 横浜市青葉区の路上で小学4年の女児を誘拐し葛飾区西水元3丁目の自宅に連れ込む

9歳の女の子が無事に保護されたのは良かったけど、この手のオンライゲームで知り合ったり、SNSで知り合ったりしての事件が後を断ちませんな。

「知らない人にはついて行かない」って言うても、ネットで知り合ってしまえば、それはもう「知らない人」やなくなるからねぇ。

何かしら規制を考えた方がええかもしれんな。

スポンサーリンク

小4女児誘拐容疑で大竹晃史容疑者を逮捕

「ゲームで知り合った」小4女児誘拐か 38歳男逮捕(2020年9月5日)
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
小学4年の女児を誘拐したとして、神奈川県警捜査1課などは5日、未成年者誘拐容疑で職業不詳、大竹晃史容疑者(38)=東京都葛飾区西水元=を逮捕した。

容疑を認め、「オンラインゲームで知り合った」と供述しているといい、同課は詳しい経緯を調べる。女児は無事保護され、けがはなかった。

逮捕容疑は2日午後4時ごろ、横浜市青葉区の路上で女児(9)を誘拐した疑い。

同課によると、2日夜に母親から女児が帰宅しないと届け出があった。現場付近の防犯カメラを調べたところ、女児が男と歩いている姿が映っており、映像などから大竹容疑者が浮上。5日午前3時25分ごろ、大竹容疑者の自宅を出た車の後部座席にいた女児を発見し、運転していた同容疑者を現行犯逮捕した。

女児は学校から帰宅後、母親に友人と遊ぶと告げ、自宅付近の公園へ外出。遊んだ後、1人で帰宅しているところを誘拐されたとみられる。女児は親から与えられたスマートフォンでオンラインゲームをしていたといい、県警は知り合った経緯なども調べる。 

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

大竹晃史容疑者(38)を逮捕 横浜市青葉区の路上で小学4年の女児を誘拐し葛飾区西水元3丁目の自宅に連れ込む

今時のゲームはほとんどオンラインやからなぁ。

こういうのを防ぐにはやらさんのが一番なんやけど、SNSを禁止出来てもゲームは中々難しいわな。

オンライン上でも接触禁止にするように何か対策を考えなあかんとこやけど、これも難しいしなぁ。

個人的には小中学生のスマホを禁止にするのが一番やと思うけど、このご時世じゃそうもいかんか。

で、どうやって誘い出されたかは分からんけど、とにかく誘拐されて大竹晃史の自宅に連れて行かれたと。

スポンサーリンク

大竹晃史の自宅は葛飾区西水元3丁目

大竹晃史の自宅は

大竹晃史の自宅は葛飾区西水元3丁目

この画像から

東京都葛飾区西水元3丁目33と。

小4女児が保護された場所は

小4女児が保護された場所

大竹晃史の自宅を出てすぐと。

それにしても

スポンサーリンク

周辺の監視カメラから大竹晃史容疑者を特定

周辺の監視カメラから大竹晃史容疑者を特定

防犯カメラは「防犯」の役割は果たさんけど、犯人逮捕にこれほど役に立つもんもないな。

ちゅうか

悠仁さまの机に刃物を置いた自称・長谷川薫容疑者(56)を逮捕 「警視庁SSBC」の追跡捜査で居場所(東横INN湘南平塚駅北口1)を特定
平成のうちに逮捕したのは警視庁の執念を感じるけど、「自称長谷川薫容疑者」ってのが気になるな。住所も職業も不定やし、雇われてる可能性が高い気がするんやけど。となると、「長谷川薫」は単なる実行犯で黒幕が他におるって事も考えられるわけで、「長谷川

このときにも取り上げたけど、容疑者を特定して、防犯カメラを追尾して居場所も特定するんやからなぁ。

これほど役に立つツールを「プライバシー」がどうのこうのって言うて反対する奴がおるってのが信じられんわ。

事件を早期に解決して、新たな被害者を出さん為にも全国津々浦々に防犯カメラを設置して欲しいもんです。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、高校生がホイホイついて行くのは自己責任でもしゃあないと思うけど、小中学生はまだ判断力も備わってないんで、小中学生には何かしら規制をした方が良いと思う。

スポンサーリンク



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 小中学生には電話とメール機能のみのシンプルな携帯で十分だと思いますけどね。
    こういったSNS犯罪を防ぐには、それだけでも効果的なはずなので。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました