スポンサーリンク

即位礼正殿の儀が始まると雨があがり皇居をまたがる形で虹がかかる

即位礼正殿の儀が始まると雨があがり皇居をまたがる形で虹がかかる
スポンサーリンク

こんな事ってあるんやな。

皇居近くの首都高千代田トンネルでトレーラーが炎上したり、激しい雨でどうなるかと思ったけど、そんなものを全て払拭する。

天皇陛下ってのは、やっぱり現人神なんかもしれん。

スポンサーリンク

即位礼正殿の儀が始まると雨があがり皇居をまたがる形で虹がかかる

雨があがるのもアレやけど、こんな立派な虹がかかるんやからなぁ。

偶然にしても出来すぎですわ。

それにしても

天叢雲剣(草薙の剣)の伝説

天叢雲剣 - Wikipedia
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は、三種の神器の一つ。 草薙剣(くさなぎのつるぎ)、草那藝之大刀(くさなぎのたち)とも言われる。 熱田神宮の神体となっている。

八俣遠呂智由来説
『日本書紀』の注記より。ヤマタノオロチの頭上にはいつも雲がかかっていたので「天叢雲剣」と名付けられた。 実際、出雲など山陰地方は曇り日が多く、安来地方の山奥、島根県奥出雲町にある船通山(鳥髪峯)山頂には天叢雲剣出顕之地の碑があり、毎年7月28日に船通山記念碑祭・宣揚祭が開催される。 また、「天叢雲剣」の名の由来である、「大蛇の上に雲気有り」という表現や「生贄の乙女を救い、龍を退治する」という物語展開に関して中国大陸(中国文化圏)の影響を指摘し、『史記』や『漢書』からの引用だと説かれることもある。

天叢雲剣を使うと雨が降るって伝説があるけど、その伝説の通り雨が降ったってのも何とも言えんな。

それで、即位礼正殿の儀が始まると雨があがって虹がかかる。

令和は良い時代になりそうです。

即位礼正殿の儀の映像

「即位礼正殿の儀」をノーカットでお届けします(19/10/22)

Twitterの投稿

ほんま、こんな事ってあるんやな。

やっぱり、日本は天皇陛下に守られてるんですな。

何にしても、天皇陛下万歳って事で。

続報

富士山で初冠雪 平年より22日遅く昨年よりも26日遅い 過去3番目に遅い観測
即位礼正殿の儀の日が激しい雨で、皇居近くでトレーラーが炎上するって始まりやったのに、即位礼正殿の儀が始まると雨がやんで虹がかかり、富士山も初冠雪ですか。これが天皇が即位するって事なんやろな。

関連記事

皇居周辺の首都高速三宅坂JCT付近の千代田トンネルでトレーラーがパンクし事故を起こし炎上
テロの可能性はないとはいえ、「即位礼正殿の儀」の当日にこんな皇居の近くでこれだけ派手に炎上すりゃ騒然とするわな。トレーラーもこんなタイミングで事故るって、色々と験が悪いな。
日本語・日本
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. これは凄いですね…アンビリーバボー放送確定ですね。

  2. 凄い....尊い



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました