スポンサーリンク

東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円

東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円

「伐採」って言うから根本から切り落としたんかと思ったら「剪定」しただけなんやな。

御神木は1600年代に植えられてるから、道も信号もその後に出来てるのに、これってどうなんやろって思ったけど、これだけ枝が伸び過ぎてるんで、これは木の為にも剪定した方が良さそうですな。

スポンサーリンク

道にはみ出た神社の木を市が伐採

道にはみ出た神社の木、市が伐採 迫る宮司「ご神木が」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 東京都八王子市の神社「天満社」の境内や近くの宮司宅の敷地から、樹木の枝葉が周囲の国道や市道にはみ出し危険だとして、国土交通省相武国道事務所と八王子市は20日、行政代執行法に基づき、強制的に伐採する
東京都八王子市の神社「天満社」の境内や近くの宮司宅の敷地から、樹木の枝葉が周囲の国道や市道にはみ出し危険だとして、国土交通省相武国道事務所と八王子市は20日、行政代執行法に基づき、強制的に伐採する異例の代執行を始めた。近隣住民から苦情が相次ぎ、行政指導を繰り返したが、改善がみられないと判断した。

20日午前8時半、国道事務所の森沢雅昭・副所長、市の村野弘幸・道路交通部長が神社前で代執行を宣言した。対象は国道16号八王子バイパスにはみ出したケヤキなど16本のほか、市道5路線にはみ出したサクラなど44本。

この日は、境内の北側などで、市の請負業者約20人が高所作業車やクレーン車を使って、チェーンソーで枝葉を切り落とした。ほうきと、ちりとりを手にした宮司とみられる女性が「ご神木が枯れてしまったらどうするんですか」と市側に詰め寄り、警察官に制止される場面もあった。

東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円1
東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円2
東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円3
東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円4
東京都八王子市の神社「天満社」の「ご神木」を行政代執行で伐採 伐採費用は約1250万円5

御神木だけに切るのをためらう気持ちは分からんでもないけど、これはちょっと伸び過ぎですな。

木にとっても良くないやろ。

むしろ剪定してもらって木も喜んでるんとちゃう?

スポンサーリンク

現場は東京都八王子市の天満社

現場は既に報道されてる通り

東京都八王子市北野町550−1の「北野天満社」と。

このストリートビューを見ても道路を超えて向かいの民家まで枝が伸びてるからなぁ。

色々と危ないってのも分かるけど、この御神木は

スポンサーリンク

天満社の御神木

天満社 (八王子市) - Wikipedia

天満社の御神木

天満社(てんまんしゃ)は、東京都八王子市にある神社。北野町の地名の由来になっている。旧社格は村社、ここでは末社の塩竃神社も説明する。

歴史

・創建は不明、横山党の一族が京都北野天満宮を勧請したとされている。
・1591年(天正19年)〜1860年(万延元年)5石の社領を拝領する。
・江戸時代将軍に武運長久の祈願札を毎年献上していた。
・1600年代ご神木であるケヤキが植えられる。
・1664年(寛文4年)社殿を再建する。
・1880年(明治13年)唐破風向拝の社殿を再建する。
・1963年(昭和38年)北野駅周辺の区画整理により由井第一小学校内にあった北野石器時代住居跡(市指定文化財)が移設される。
・1976年(昭和51年)菅公1075年忌事業により社殿を銅板葺きに改修する。

御神木

1600年代に植えられたとされるケヤキは現代でも境内にある。

2010年代から天満社外周のケヤキやサクラなどの枝が道路にはみ出すなどしているため、市から剪定するように行政指導を受け、 2019年12月には国土交通省からも当月中に剪定するよう行政指導を受けているが、応じる気配がない。 2020年6月20日に国土交通省相武国道事務所と八王子市が行政代執行法に基づき、はみ出た枝を強制的に伐採した。

1600年代に植えられてるからなぁ。

「どくなら後から来た方やろ」って言う神社の言い分も分からんでもないけど、神社は土着信仰で成り立ってるわけで、地域住民が困ってるなら協力するべきやろな。

そもそも、「根本から切り落とせ」って言うてるんやなくて「剪定してくれ」って話なんやし。

それにしても

剪定費用は約1250万円

八王子市と国、代執行でご神木伐採 周辺道路に枝葉、指導22回も神社側応じず(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 東京都八王子市北野町の神社「天満社」の木の枝が境内からはみ出して周辺道路の安全を妨げているとして、同市と国土交通省関東地方整備局相武国道事務所は20日、はみ出した木の枝の伐採と撤去を始めた。行政代
現場に姿を見せた宮司は市や事務所に中止を求めた。宮司は報道機関の質問には「いいです」と見解を示さなかった。作業は21日完了予定。市と国は費用約1250万円を神社側に請求するという。

民間の剪定業者に頼めばここまで費用はかからんのにねぇ。

神社側に請求するって言うても、払え、払わんが続くだけやろな。

Twitterの反応

何にしても、こうやって揉めてるのを菅原道真も望んでないやろうし、菅原道真を怒らせると雷を落とされるんで仲良くして下さいって事で。

くわばら、くわばら。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました