スポンサーリンク

北アルプス剱岳で行方不明だった横浜の女性会社員(19)を遺体で発見 家族がTwitterで情報を求めていた

北アルプス剱岳で行方不明 横浜の女性会社員(19)遺体で発見
スポンサーリンク

家族のTwitterの情報によるとかなりの軽装で入山届も出してなかったらしいけど、しかも単独登山。

19歳やから経験もなかったやろうに、何でそんな無謀な事をしたんやろな。

スポンサーリンク

北アルプス剱岳で行方不明 横浜の女性会社員(19)遺体で発見

表示できません - Yahoo!ニュース
北アルプスの剱岳一帯で今月8日から行方不明となっていていた神奈川県の19歳の女性が12日朝、遺体で発見されました。
遺体で見つかったのは、神奈川県横浜市の19歳の女性会社員で、今月8日、「富山で登山してくる」と言って家を出たまま、行方不明になっていました。
県警山岳警備隊は、女性が剱岳に単独登山したとみて、行方を探していたところ、12日午前9時頃、剱岳の登山ルート、前剱(まえつるぎ)と一服剱(いっぷくつるぎ)の間の岩場で、倒れている女性を発見しました。
女性は心肺停止の状態でヘリコプターで搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。
上市警察署によりますと、女性の体には岩などに打ち付けたと見られる傷があり、警察は女性が登山道からおよそ150メートル滑落したと見ています。
8日の午後4時頃には「女性が剱岳のカニの横ばいを渡っている」という目撃情報があったほか、午後5時頃には、「登頂した」とのメッセージをSNSで家族に送っていて、県警が11日から剱岳一帯を捜索していました。

北アルプス剱岳で行方不明 横浜の女性会社員(19)遺体で発見

若気の至りって事もあるんやろうけど、軽装で単独登山じゃ自殺志願者やと思われても仕方ないやろな。

家族は辛いやろうけど。

家族がTwitterで情報を求めていた

本人は気楽な気持ちで登山してたんやろうけど、家族のこのTwitterからでも伝わる悲壮感を見るとなぁ。

しかも、この家族は

亡くなったのが分かったあとでも、こうやってツイートしてるわけで、何とも礼儀正しいっていうか律儀っていうか、常識のある家族やのに何で妹さんはそんな無謀な事をしたんやろ?

この家族の妹なら、妹も常識人やと思うんやけど。

現場の剣岳

こんな景色が見れるって事で多少の無理もするんやろうけど、剣岳は

劔岳は初心者には危険

剱岳の登山ルートを難易度別に解説!初心者にはちょっと危険? | 暮らし~の[クラシーノ]
剱岳は北アルプス北部の盟主に相応しい岩峰です。その美しい姿は登山者の憧れです。剱岳は一般道でも難易度の高い山で、カニのヨコバイやカニのタテバイなど岩壁をクリアしなければならないなど、初心者にはちょっとハードルが高く感じる存在です。
地図から考える難易度

剣岳1

地図を見ると等高線が立て込んでいるのがわかります。等高線が立て込んでいるということはそれだけで急な斜面だと連想できます。そのことから難易度も高いということが連想できます。

初心者には危険な山か

剣岳2

剱岳というと毎年遭難者が出ているなど危険な山のイメージがあります。危険なイメージがありますが、登山者にとっては憧れの山でもあります。装備を整え、身体を鍛えたなら初心者でもアクセス可能な山です。初心者はまずはベテランに同行してもらいましょう。登山地図にある危険な個所をあらかじめ調べ、危険な個所をクリアできるようにイメージトレーニングして、出発に備えるのもひとつの手段です。

剱岳登山の装備

剣岳3

バリエーションルートでの登山でない限り、標準的な登山の装備(防寒具、雨具、地図、コンパス、ヘッドライトなどを含む)で問題ありません。剱岳は岩場の連続です。落石や滑落への対策として、ヘルメットは用意しておいたほうが安心です。劔岳アタックのときは、必要な装備だけを持って、その他の装備は山小屋やテントに置いてアタックするのがいいでしょう。バリエーションルートの装備はどこを目指すかにもよりますが、ロッククライミングをする装備が必要になります。雪渓を登るならピッケルやアイゼンも必要になります。

標準的な登山の装備で問題ないって事やけど、標準的な登山の装備どころからハイキングに行くような格好やもんなぁ。

ヘルメットもないし、論外ですな。

何にしても、登山ブームで毎年高齢者の遭難も度々ニュースになってるけど、若くてもこうやって遭難するわけで、登山は慎重にって事ですな。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. まだお若いのにお気の毒....

    ご冥福をお祈りします

  2. 服装は夏山だしこんなもんでしょ。写真も乗鞍のものだから全くの初心者というわけでもない。装備に関してはリュックの中に何が入ってたか、ヘルメットは山小屋でレンタルもできるし、装備が不十分というには情報が少ないので判断できません。どちらかというとヘルメットは先行登山者などの落石を防ぐくらいのもので、劔のような場所で滑落したら何の役にも立ちません。
    携帯もずっと通じるわけではないので、おそらく登頂の連絡をしたのは前劔のあたりだと思う。一服劔までの間はそれほど危険箇所はないので、多分日が暮れかけて焦ってしまったのではないかと。
    登り始めの時間が遅いのは確かに無謀だが、暗い中での歩行よりも登山者が少ないことの方が問題かも。
    山をよく知らない人が、論外というのには違和感を感じる。私は男性で、このくらいの服装で単独登山しますが自殺志願の気持ちは微塵もありませんね。

    • コメント失礼します。先行者がいなくても落石はありますし、頭上の岩に頭をぶつけることや転倒して頭を打つ事もありますので劔では必須でしょう。
      理由はどうあれ、その時間に劔を登る判断を下すこと自体間違いです。すれ違った方もいるようですのでその時点で止めてあげられなかったのか、残念です。

    • 雨合羽や防寒着、着替えは持ってたけど、ツェルト、コンパス、地図、ヘッドライトは無かったそうです(滑落時に散逸した可能性はありますが)
      SNSを見る限り乗鞍以外の山に登った形跡は無いし、登り始めが遅すぎる(すれ違った人達が忠告したようです)上にルートを逆走、登山届無し。やっぱ無謀なんじゃないかなあ…とは思いますね
      思いつきでボリビアに単独旅行(宿の予約無し、荷物はリュック1つ)したり、箱根に行って行方不明になったりと、問題行動のある人だったようですね。家族が諫めても聞く耳持たなかったそうですが
      今までは運が良かったが、ついに尽きてしまった。という事でしょうね

      • そのような背景があったのですね。どのような事情であっても救助する方々は命がけです。登山は自由といえばそれまでですが何か防ぐ手立ては無かったものだろうか。一般登山者が他の登山者を強引に止めるなんて出来る人のが少ないですし、難しい問題です。命に代わるものなんて無いはず。自分なら何が出来たのか何をしたら防げたのか考えてしまいます。



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました