南北の軍事境界線にある板門店から北朝鮮兵が亡命 銃撃されて負傷

シェアする




えらいとこから亡命しよったな。

それも兵士が。

南北の軍事境界線から北朝鮮の兵士が亡命

南北の軍事境界線から北朝鮮の兵士が亡命 | NHKニュース
13日午後、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)で、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命し、その際に北朝鮮側から銃撃を受け…
13日午後、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)で、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命し、その際に北朝鮮側から銃撃を受けて負傷して韓国側の病院に搬送されました。南北軍事境界線でも特に警備が厳重なパンムンジョムでの亡命は極めて異例です。

韓国軍の合同参謀本部によりますと、13日午後、南北の軍事境界線にあるパンムンジョムで、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命したということです。

兵士はパンムンジョムにある北朝鮮側の施設、「パンムンガク」(板門閣)の付近にある歩哨所から、韓国側の施設、「自由の家」のほうに向かってきたということです。
その際に北朝鮮側から肩とひじなどを銃撃されて負傷し、韓国側の病院に搬送されたということです。

兵士の亡命を受けて韓国軍は北朝鮮に対する警戒態勢を強化し、万全の態勢を取っているとしています。

これ、北朝鮮の工作員って事はないんやろか?

まぁ、撃たれてるから、それはないか。

それにしても、こんなどっちからも撃たれる可能性があるとこからよう亡命したな。

一般人ならまだしも兵士なんわけで、韓国側も亡命かどうかなんか分からんやん。

そのまま、朝鮮戦争再開って事になりかねんのにねぇ。

韓国軍によりますと、パンムンジョムでは1998年2月と2007年9月にそれぞれ北朝鮮軍の兵士1人が韓国側に亡命したことがあり、今回が3回目だということです。

パンムンジョムは、南北双方が厳重な警備を敷いており、韓国メディアは、北朝鮮側では軍の中でも家族を含めた厳しい選抜を経て政治思想や忠誠心が特に強い兵士が配置されていることから、パンムンジョムでの亡命は極めて異例だと伝えています。

家族は処刑されるんやろか?

それにしても、この時期にここまで命懸けの亡命をするって事は、北朝鮮が色々とおかしな事になってるんかもな。

ちゅうか、今回で3回目って2回もよう韓国側が亡命を許したな。

亡命を装った攻撃やったらどうするん?

爆弾抱えてたりって事も考えられるのにねぇ。

板門店から攻撃されるって事は想定しとらんのやろか?

何にしても、これで「返せ」「返さん」って一悶着ありそうやし、これに影響を受けて次々亡命しだしたら、ちょっと危ないかもな。

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!