スポンサーリンク

服役中に移送先の病院で出産 手錠をはめられた状態で分娩台に 受刑者が苦しみ語る

時事問題
スポンサーリンク

「盗人猛々しい」とは、この事やな。

それが嫌なら妊娠中に手錠をはめられるような事をせんかったら良かっただけの事やん。

ほんま、何を言うとんのやろな。

<受刑者>服役中に移送先病院で出産 手錠付け分娩台に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000013-mai-soci
覚せい剤取締法違反の罪で2010年から2年半にわたって笠松刑務所(岐阜県笠松町)に服役していた30代の女性が毎日新聞の取材に応じた。妊娠していた女性は服役中、移送先の病院で出産したが、手錠をはめられた状態で分娩(ぶんべん)台に上がった。「手錠があったことで出産が苦しい思い出になった」と振り返る。法務省は14年12月の通達で出産時には手錠を外すとの統一方針を打ち出したが、それまでは妊娠中の受刑者や被告の多くが、手錠を付けての出産を強いられてきた。

女性は09年4月、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で有罪判決を受けた。薬物依存から抜け出せず執行猶予期間中の10年6月に再び同法違反容疑で逮捕された。女性は当時、妊娠していたが、同年9月に懲役2年6月の実刑判決を受け、同10月から笠松刑務所に入所した。

服役中の11年5月、陣痛が始まり、岐阜市内の民間病院に移送された。分娩台に上がる際、二つの輪を重ねた手錠を片方の手にはめられ、手錠に結ばれた捕縄を持った女性刑務官が出産に立ち会った。無事に女児を出産したが、女性は「こんなところまで手錠をしなければならないのか疑問に思った」と振り返る。

「こんなところまで手錠をしなければならないのか」って、逃亡の恐れがあるんやから当然やん。

万が一にでも逃げられたら、それこそ大騒動ですわ。

ちゅうか、全く反省しとらんのな。

何でこうも犯罪者が権利を主張できるんか、ほんま理解に苦しむ。

「手錠同士が重なり合うカチャ、カチャという音が子どもに刻まれたらどうしようという不安、苦しさを感じた」

これは笑うとこなんか?

あんた、妊娠中にシャブ食ってたんやろ?

心配するな、シャブが子供にどういう影響を与えたかって方やろ。

自分のした事は、すっかり忘れとるんやな。

毎日新聞の取材に応じた女性は「出産は内面的にも成長させてもらえる。でも手錠があったことで苦しい思い出になるし、出産は悪いことだと思ってしまう。手錠がない状態で子どもを抱きしめられるようになって良かった」と話す。

だから、妊娠中に手錠をはめられるような事をしたのが悪いんやっちゅうの。

だいたい、「手錠、手錠」うるさいけど、子供への悪影響っちゅうたら妊娠中のシャブの方が大きいやん。

子供たち、それは何の罪もないコカインの犠牲者たち

薬物のない世界のための財団公式ウェブサイト、コカイン中毒の新生児
コカインが子供や新生児に及ぼす本当の影響を知る。何の罪もない子供や赤ちゃんがコカインの被害者になっている状況について。
コカインの最も悲惨な犠牲者は、妊娠中に薬物を使用した母親から生まれた新生児です。アメリカ合衆国だけで、母体内でコカインにさらされた新生児が1年間に何万人も生まれています。中毒でない新生児も、多くの場合、未熟児、出生体重が少ない、成長阻害、生まれつきの障害、そして脳や神経系の損傷など、さまざまな身体的問題に苦しめられます。

体重の少ない新生児たちが生後1ヵ月で亡くなる可能性は、通常の新生児の20倍です。そして知的障害や脳の損傷など生涯続く身体障害の危険性も増加します。

関連動画↓

Shocking video shows baby born addicted to drugs

手錠どうこう言う前に、妊娠中にシャブを食ってた事を悔やめっちゅうの。

ほんま、厚顔無恥っちゅうか何っちゅうか、微塵も反省しとらんから、コイツはまたやりよるな。

何にしても、「犯罪者の人権」も結構やけど、どうにもこの国は犯罪者に甘い気がするんで、犯罪者の権利を拡大するよりも、被害者や被害者遺族の救済に重きを置くようにして欲しいもんです。


獄中生活15年の元受刑者が明かす実録!刑務所のヒミツ

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント