スポンサーリンク

「おまえも死ぬぞ」 岐阜県郡上市の「願蓮寺」に掲げられた言葉が話題に 石神明住職「死は誰にも平等に訪れる。命や生き方を見つめ直してもらえれば」

スポンサーリンク

健康で毎日を過ごしてると、「死」っていうものを考える事がないけど、人間の死亡率は100%で、生まれたからには必ず死ぬ。

死を恐れたり、遠ざけたりするんやなくて、死を意識して、今日をしっかり生きましょうって事ですな。

スポンサーリンク

「おまえも死ぬぞ」 響く金言、お寺の掲示板に熱視線

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000057-asahi-soci
短い言葉で仏教の教えや人生訓などを伝えるお寺の掲示板が各地で注目を集めている。生や死への鋭い洞察にハッとしたり、温かなメッセージに和んだり。SNSでは、お寺の掲示板を投稿してもらう「輝け!お寺の掲示板大賞2018」も始まった。お寺の掲示板に目を向けると、思わぬ気づきがあるかもしれない。

「おまえも死ぬぞ」。岐阜県郡上市の願蓮(がんれん)寺に掲げられた言葉が、ツイッター上で話題を呼んでいる。旅行で訪れた京都市の中田絢子さん(36)は「お寺の格言掲示板、いつもハッとさせられるけど、ここまで衝撃を受けたのは初めて」としてツイート。4万回以上リツイートされ、「いいね」も10万件を超えた。コメント欄には「響く」「端的で真実」などの声が寄せられた。

中田さんは、6月の大阪府北部を震源とする地震の揺れで死を意識したという。「生も死も平等に存在し、どちらが特別ということではない、と教えてもらったように思います」

石神明住職(80)は「人生の真実のあり方を端的に教えるのが仏教。死をひとごとに思いがちだが、死は誰にも平等に訪れる。そのことに目覚めることで、命や生き方を見つめ直してもらえれば」と話す。

願蓮寺の地図

健康やと明日は必ず来ると思ってるけど、明日が来ない日は必ず訪れる。

病気なんかで、その日が近い事が分かってりゃまだマシやけど、事故とか災害とかで突然やって来る事もあるからなぁ。

何の準備もなく、突然旅立つのは、色々と無念が残るわな。

だから、そうならんように、常に死を意識して、今をしっかり生きろと。

中々、難しいけど以前紹介したガンジーの…

明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。|マハトマ・ガンジー
明日死ぬと思って生きなさい。 永遠に生きると思って学びなさい。 ★マハトマ・ガンジー 一見矛盾に満ちた言葉やけど… ガンジーが何を思って、この言葉を発したんかは知らんけど、個人的に解釈すると 明日死ぬと思っ...

「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」を実践しろって事ですな。

で、「お寺の掲示板大賞2018」ってのが始まったらしいんやけど…

「お寺の掲示板大賞2018」

一方、ツイッターやインスタグラムでも7月から、「お寺の掲示板大賞」の公募が始まった。ハッシュタグ「#お寺の掲示板大賞2018」で検索すると、「他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる」(東京・築地本願寺)、「私のわがまま当(あた)り前、他人のわがまま許せない」(愛知・西岸寺)など各地のお寺の掲示板がアップされている。

大賞を企画した仏教伝道協会(東京)の江田智昭さん(42)は「一般の人が仏教の教えに関心を持つ入り口になれば」と言う。お寺離れと言われるが、協会が毎月開く初心者向けの講座には毎回80人の募集が埋まり、若い世代の参加も増え、仏教の教えに関心を持つ人は少なくないとみる。

京都市下京区の仏光寺は、半世紀前から門前に「今月の標語」を掲げる掲示板の「老舗」だ。生きるヒントを日常の言葉で8行にまとめた掲示板は「八行標語」と親しまれ、書籍化もされた。吉田譲・宗務部長(50)は「立ち止まってもらえるかが勝負。流行語などを入れて時代性や意外性をもたせ、言葉の語呂や流れにも気をつかう。悩みを抱える人に響く言葉でありたい。人間はどうしても自分の考えが正しいと思い込んでしまうもので、自らの立ち位置や世界が変わり、新しい一歩を踏み出してもらえれば」と話す。

輝け!お寺の掲示板大賞2018 | 公益財団法人仏教伝道協会 Society for the Promotion of Buddhism
【輝け!お寺の掲示板大賞2018】一般の人々もしくは寺院関係者がお寺の掲示板の写真データをツイッターやインスタグラムに投稿し、その標語内容の有難さ・ユニーク・インパクト等によって入賞を決定する企画です。入賞作品は主に一般の人々の「いいね」、「リツイート」の数なども考慮しながら、「お寺の掲示板大賞」審査会で決定します。

まだ始まったばっかりで投稿が少ないけど、たまにはこういうのを見て、生きるヒントにするのもええやろな。

そもそも、仏教自体がより良く生きる為のヒント集みたいなもんなんやし。

何にしても、常に死を意識して毎日を過ごすと疲れるかもしれんけど、たまには「死」を意識して、真剣に「今日」を生きたいと思います。

コメント