「いただきます」と「ごちそうさま」

「ごちそうさま」を言うヤツが少ない…今日この頃。
ε= (-.- )ハァー

スポンサーリンク

「いただきます」と「ごちそうさま」

昔は「ごちそうさま」を言わんヤツをクドクド説教してたんやけど、あんまりに多いから…

「これも時代か…」

「別に俺が困るわけやないからええか…」

って言わんようになったんやけど(こういう事を面と向かって言うのって疲れるねんなぁ)、簡単に死んだり、殺したりするのもココから来てるような気がしてきたわ。

「命」の根本「食」に関する言葉やからなぁ。

ここの礼儀がなってないと「命」もクソもないわな。

言われな出来んちゅうことは、躾られとらんのやろ。

スポンサーリンク

「ごちそうさま」の由来

「ごちそうさま」は漢字で書くと「御馳走様」

「ちそう(馳走)」

ちゅうのは走り回る意味で、昔は今みたいに流通が発達してへんから、料理でもてなそうと思うと文字通りあっち、こっち走り回って食材を探して来たんやな。

それで自分の為に「ここまでしてくれて…」、ちゅう感謝の意味で「ご(御)」と「さま(様)」がついて最上級の感謝を表しとるねん。

スポンサーリンク

「いただきます」の由来

「いただきます」は漢字で書くと「頂きます」と「戴きます」と書くように、「命を頂戴します」ちゅう意味やねん。

もう一つあって、「頂(いただき)」は山の頂上ちゅう意味やろ。

昔は位の上の者から物をもらう時に、頭の上に載せるような動作をしてたから、頭の上「頂」から物を「もらう」のを「頂きます」って言う様になって、さらに食べ物やったら神棚に供えるとこから食事の時にも言うようになったんやな。

最近は「食育」なんちゅう言葉もあるけど、食材の方に目が行ってこういう礼儀作法にゃ触れんのな。

「いただきます」

「ごちそうさま」

も、日本語にしかないねん。

英語じゃ「I’m eating」とか「I’m finished」やろ。

「食うぞ」と「食ったぞ」で、食に対する感謝なんかないねん。

飯を食うちゅう事は、食材を作ってくれる人がおって、それを運んでくれる人がおって、それを料理してくれる人がおって初めて出来るんやで。

人間は一人じゃ生きられへんちゅうのは、こういうことやねん。

「行ってきます」

「行ってらっしゃい」

「ただいま」

「お帰りなさい」

も、そうやけど、こういう日常の会話に常に「感謝」の意味を含ませとるのは日本人だけやねん。

他国の言葉は、動作を表しとるだけやねん。

こういう「言葉」を持ってるのは世界で唯一「日本人」だけやねん。

「もったいない」が世界に注目されたのも、こういう「言葉」や「精神性」を持ってるのが日本人だけやからやんけ。

何でも、かんでも…

「欧米かっ!!」(by タカ&トシ)

やなくて、欧米化するな。
(オヤジギャグって言わんように)

それを今や給食で「いただきます」「ごちそうさま」を言わんどころか、「カネ払ってるんやから言うのはおかしい」、さらには「感謝すべきは学校の方」とかぬかすドアホまでおるんやからなぁ。

世界が日本の教育を見習って初等教育に成功し始めとるのに、何で日本が日本古来の「伝統・文化」を否定して普通の国に成り下がっとるねん。

「日出ずる国」やねんぞ。

全ての物に神が宿ってるって考えて、全ての物に感謝する。

世界で最も優秀で、最も礼儀正しい民族が「日本人」やねん。

何で日本人が日本人の良いとこを否定すんのか分からん。

「感謝」の意味さえ分かる様になったら、子供にあれこれ躾んでも親の背中を見て育つねん。

雨露凌げるのも、飯食えるのも親のおかげ。

その全てが背中ににじみ出とるねん。

それに、こういう「感謝」の気持ちを口に出して、耳で聞くことで「心」を見つめなおす事が出来るんや。

「感謝」する気持ちが養われるから、「気遣い」や「思いやり」ちゅう「心」が産まれて、人に優しくなれるねん。


「情けは人の為ならず」

ちゅう言葉もあるように、人にかけた優しさは回りまわって自分に返ってくるねん。

自分の為にも


「いただきます」

「ごちそうさま」

は、必ず言いましょう。

親御さんはお子さんに言葉の意味も一緒に教えてあげて下さい。

ちゅうか、言う方も言われた方も気分ええやろ。

飯をおいしく食う為にも言いましょう。

何にしても、日本人は日常に「感謝」を取り入れる事で「優しさ」を身につけさせ、五徳の中でも最重要の徳「仁」を自然に身につけとってん。

日本人の精神性は「仁」やねん。

それをOFFにしたのがGHQであり、「自由」「人権」「平等」「平和」を叫ぶ左巻きのドアホどもやねん。

こんな事を叫ぶまでもなく、世界を平和に出来るのは「仁」の心を持った日本人なんや。

まだ間に合うから、早くスイッチをONに戻さな。

「仁」と言えば…

南斗六聖拳の一人、南斗白鷺拳「仁星」のシュウ。

んっ!?ひょっとして「北斗の拳」知らんか?

個人的に一番好きなキャラがシュウやねんなぁ。

こういう人間になりたいと思うけど…

なかなか難しいもんですわ(汗)

シュウのセリフに


『今より輝こうとする子どもたちの光を奪い去ることは絶対に許さん』

ちゅうのがあるけど、このセリフを左巻きに言いたい…

とにかく、「いただきます」と「ごちそうさま」日本人の基本なので必ず言いましょう。


お坊さんが教える「悟り」入門



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

日本語・日本
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました