スポンサーリンク

消えた英語の筆記体 最近の中学では筆記体を教えない

スポンサーリンク

中学で筆記体を教えんらしい…今日この頃。
(◎皿◎)ナンデスト!!

どうも英語圏でも筆記体を教えとらんらしく、筆記体を使うのは年配の人だけっちゅう状態らしいわ。
“Ωヾ( ̄o ̄)ヘェー

個人的には、書くなら筆記体の方が書きやすいと思うけどなぁ。

読むのに読みづらいけど…

まぁ、日本で言うたら崩し字みたいなもんやし、喋られへんヤツが、そんな字書くのも変な話か。

明治以来教えてきた筆記体が消えるのは、ちょっと寂しいけど…

それだけ、明治の人間が英語教育に熱心やったっちゅうことなんかもな。

当時も英語が出来る人間は、かなりのレベルやったらしいし。

それにしても、時代によって変わるにしても、オイラの世代じゃ当たり前やったことがなくなるのは、何か違和感を感じるな。

歴史にしても、「聖徳太子はいなかった」ってことになってるみたいやし…

色んなとこでジェネレーションギャップですな。

で、何歳から筆記体知らんのやろ?

ぶんぐの読者さんで、筆記体知らん人います?

いたら教えて下さい。

何にしても、英語教育より国語教育の充実をお願いしたいもんです。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。