スポンサーリンク

大津中2いじめ自殺裁判 いじめと自殺の因果関係を認め元同級生2人に約3800万円の賠償を命じる

スポンサーリンク

いじめと自殺の因果関係を裁判所が認めたってのは画期的やけど、結局最後まで被害者に対して謝罪はなくあくまでも「遊び」の延長って主張しよったからなぁ。

今更やけど親も一緒に刑事責任を問えんもんかね。

スポンサーリンク

大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生2人に賠償命じる

いじめと自殺に因果関係 元同級生2人に賠償命令(19/02/19)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000061-asahi-soci
大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が2011年に自殺したのは、当時の同級生からのいじめが原因だとして、男子生徒の両親が元同級生3人らに約3800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は元同級生2人に計約3758万円の支払いを命じた。

男子生徒は11年10月に自殺し、両親が12年2月に元同級生3人とその保護者、市に損害賠償を求めて提訴した。市の第三者調査委員会が「(元同級生3人のうち2人の)いじめが自殺の直接的要因」とする報告書をまとめたことを受け、市は15年3月に責任を認めて両親と和解。両親と元同級生側の訴訟が続いていた。

裁判で両親側は、男子生徒が元同級生からヘッドロックされたり、蜂を食べさせられたりするなど「苛烈(かれつ)かつ執拗(しつよう)ないじめ」を受け続け、それを苦に自殺したと主張。これに対し、元同級生側は一部の行為をしたことを認めたが、いじめではなく「遊び」の範囲内と反論していた。

男子生徒が自殺した問題をきっかけに、自殺や不登校などの深刻な結果を招いた疑いがある場合を重大事態として組織を設けて調べることなどを義務づけた「いじめ防止対策推進法」が13年につくられ、施行された。滋賀県警は元同級生3人中2人を暴行容疑などで書類送検し、1人を児童相談所に送致。大津家裁が14年3月、2人を保護観察処分に、1人を処分しないと決定していた。

映像ニュースはコチラ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190219-00412391-fnn-soci

賠償命令は当然なんやけど、賠償命令が出ても裁判所が取り立ててくれるわけでもなく、自分で回収せんとあかんからなぁ。

「無い袖は振れぬ」って言われりゃ泣き寝入りせんとあかん。

こういうのは、裁判所が一旦肩代わりして、裁判所が取り立てるようにするべきですな。

で、いじめっ子の面々なんやけど…

大津市立皇子山中学校のいじめ加害者

2012年には既に特定されてて…

大津市中2自殺の加害者が特定されたっぽい
大津市中2自殺の加害者が特定されたっぽい…今日この頃。 号外で「特定されるのも時間の問題か」って書いたけど、ネット住民の嫌いなフジテレビのアシストもあって、とうとう全員特定されましたよっと。 で、特定されたのが… ...

担任も加害者3人も顔も名前も晒されてると。

それにしても…

大津中2いじめ自殺裁判の流れ

大津中2いじめ自殺裁判 蜂を口に入れようとした行為は「エンターテインメントを求めていた」
「蛙の子は蛙」って言うけど、親が親なら子も子やな。 まぁ、刑事裁判やなくて民事裁判やから、裁判官の心証が悪くなろうが、どうしようが罰を受ける事もないし、好きな事が言えるわな。 損害賠償の額が変わるぐらいやし。

いじめてた連中は「エンターテインメントを求めていた」って訳の分からん事をぬかしてるし、この親は…

大津中2いじめ自殺裁判でいじめていた同級生の父親が「男子生徒を思っての暴力」と述べる
「蛙の子は蛙」って言うけど、この親にしてこの子ありって事ですな。 ちゅうか、「男子生徒を思っての暴力」ってどんな暴力なんやろね。

「男子生徒を思っての暴力」って、更に訳の分からん事をぬかしてるわけで、親子共々反省もなけりゃ被害者に対して謝罪もしとらん。

こんなのをこのまま野放しにしててええんかね。

親子共々何かしら刑事罰を与えるべきやと思うんやけど。

アメリカじゃ…

ニューヨーク州のノーストナワンダでいじめっ子の親は刑務所行きになる条例が施行される
これは良い条例ですな。 日本もこれは見習った方がええわ。 学校は治外法権やし、発覚してもとにかく隠蔽するし、仮に事件化されても少年法で減刑されるわけで、こういう条例があれば、いじめられっ子も多少は救われるやろ。

いじめっ子の親も罪に問えるようになったんやし、日本もそうするべきですな。

被害者の父親のコメント

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010004-kyt-soci
父親は判決について、「7年間という時間は正直、長かった。いじめが自死に追い詰める危険な行為だと認定された。息子の名誉回復をしたいと提訴したが、いじめ訴訟は敗訴が続き、どこまで証拠を集めればいいか分からず、もがく日々だった。しかし全国から支援が寄せられ、世論が動き、警察の強制捜査に、新法につながった。いろんな人たち、子どもたちの思いが乗っかった裁判で、負けられない闘いだった」と話した。

また「この判決を勝ち取った息子は、亡くなったがよく頑張った。いじめは必ずしも暴力を伴うとは限らず、仲間外れや執拗な屈辱を与える行為も、自死に追いやる危険な行為です。いじめの被害者が司法救済を受けられる仕組みづくりを急いで」と願った。

7年間ご苦労さまでした。

個人的には新法が出来たって言うてもまだまだぬるいんで、これを機会に親の責任も問えるように法整備して欲しいもんです。

それと賠償金の取り立てに関しても、国が立て替えてそれを国が回収するって法律をつくって欲しいもんです。

何にしても、10代の死因の1位は自殺なわけで、いじめに対しては国をあげて厳しく対応するようにして欲しいもんです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました