スポンサーリンク

尼崎中2女子いじめ自殺 教師の理不尽な叱責が原因 いじめがあった中学は尼崎市立園田東中学校

スポンサーリンク

自殺した当時の報道では「部活に疲れた」ってメモの話だけやったんで、そんな事で死なんでも思ったけど、これは酷いな。

「いじめ」よりも教師が逆にいじめられっ子を叱るって訳の分からん対応をしとるんやからなぁ。

周りは敵だらけと思って絶望するのも無理ないわな。

スポンサーリンク

尼崎中2女子自殺 「教師も理不尽な叱責」

表示できません - Yahoo!ニュース
兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(当時13)が2017年12月、「学校がしんどい」とメモを残し、自宅で自殺した。市教委の第三者委員会は、学校でいじめがあったうえ、複数の教諭が生徒のSOSを受け止めず、教諭の一人が誤解をもとに理不尽に叱責(しっせき)したことが自殺に影響したと認定した調査報告書を、18日に発表した。

女子生徒の自殺後、いじめが疑われるのに学校側が「重大事態」のガイドラインに沿って対応せず、遺族の了解を得ずに生徒向けのアンケートを実施したことも批判した。

市教委は同日会見し、いじめや教諭らの不適切な対応を認めて「感度が低かった」などと謝罪。関係者の処分を検討している。

調査報告書によると、女子生徒は17年12月20日に自殺。「学校がしんどいです。もう無理です」などとメモを残していた。

女子生徒は同年10月ごろ、クラス内で特定の女子グループから「きもい」「ぶた」と陰口を言われ、次第に「死ね」など攻撃的な悪口を直接浴びるようになった。12月には、部活動をめぐって部員らからもLINE(ライン)で一斉に誹謗(ひぼう)中傷された。第三者委はこれらをいじめと認定した。

女子生徒は11月の学校のアンケートで「友達に嫌なことをされたり言われたりする」という質問に「すごく当てはまる」と回答。部活動も「嫌だ」と漏らしていた。だが担任は状況を聞き取らず、女子生徒が信頼していた部活動の元副顧問も受け流していたという。

12月20日、部活動のトラブルを女子生徒が言いふらしていると思い込んだ学年主任に「口止め」され、さらに別の教諭が激しく叱責。女子生徒はこの日、帰宅後に自殺した。第三者委は「生徒は何度もSOSを出していたが、教諭らは耳を傾けることはなかった。理不尽な叱責を受け、学校そのものに絶望した」と判断した。

■【第三者委員会の調査報告書骨子】

・女子生徒は部活動の中で悪口や陰口を言われていたほか、クラスの一部からも継続的に悪口を言われるなどのいじめに遭っていた

・女子生徒は学校アンケートでSOSを発信したり、信頼していた教員にも打ち明けたりしたが、学校側は適切な対応をしなかった

・部活動でのトラブルを言いふらしていると誤解した教員が女子生徒を激しく一方的に叱責(しっせき)し、生徒をさらに精神的に追い込んだ

・自殺の背景にはいじめの精神的苦痛や孤立感、学校への絶望など複合的な要因があった

・生徒が自殺した後の学校や市教委の対応も不十分で、生徒へのアンケートや遺族への情報開示のあり方などに大きな問題があった

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

自殺した当時に取り上げたんやけど…

兵庫県尼崎市の市立中学2年の女子生徒が首を吊って自殺か 小6の妹が発見 「部活疲れた」のメモも
自殺するにしても、もうちょっと場所を考えてやらんと… こんな死に方されたら妹がトラウマになるがな。

この時は「そんな事で死なんでも」って思ったけど、これは酷いな。

それでも、やっぱり「死なんでも」と思うけど。

自殺した中2女子が通っていた中学は尼崎市立園田東中学校

自殺した中2女子が通ってた中学は

尼崎市中2少女自殺 遺族置き去りの学校と教育委員会の対応に波紋広がる(赤澤竜也) - Yahoo!ニュース
昨年12月、尼崎市の中学2年女子生徒が自ら命を絶った。発生からもうすぐ2ヵ月。学校および教育委員会と遺族との行き違いから、再発防止策はおろか、「いじめ問題」の有無についての調査の道筋すら見えていない。

この画像から

尼崎市立園田東中学校

兵庫県尼崎市東園田町5丁目79番地の「尼崎市立園田東中学校」と。

「育てよう人のいたみがわかるこころ」ってのが何とも言えん。

育てる側がその「こころ」とやらがないのに、どうやって育てるんやろね。

中2女子が自殺するまでの経緯

2017年10月頃からクラスとクラブでいじめが始まる

女子生徒は同年10月ごろ、クラス内で特定の女子グループから「きもい」「ぶた」と陰口を言われ、次第に「死ね」など攻撃的な悪口を直接浴びるようになった。12月には、部活動をめぐって部員らからもLINE(ライン)で一斉に誹謗(ひぼう)中傷された。第三者委はこれらをいじめと認定した。

更に詳しく書いてるのがあるんで、そっちを見ると…

教師がいじめの助けを求めた生徒を叱責。その3時間後に命を絶っていた。尼崎中2少女自死で第三者委が報告(赤澤竜也) - Yahoo!ニュース
一昨年12月20日、尼崎市で13歳の女児が命を絶った。市教委の諮問を受けて立ち上がった第三者委員会がこのほど調査結果を発表。自殺の背景に複合的ないじめと学校側の不適切な対応があったことを明らかにした。
Aさんは2学期よりクラスのグループからいじめに遭っており、学校側にもその事実を伝えていた。

11月1日に行われた生活実態アンケートの「最近、同級生から何か嫌なことをされたり命令されたり暴力を振るわれたりしたことがありますか」という質問に「時々ある」と答え、同月6日に実施されたマークシート式アンケートでも「友だちに嫌なことをされたり言われたりする」という問いかけに「すごく当てはまる」と回答していたのである。にもかかわらず、担任教諭は具体的な事実を聞き取ることはなく、注意深く観察することもなかった。第三者委員会の調査によると11月ころより「ブタ」「きもい」などと本人に聞こえるよう言うなどいじめはエスカレートしていったのだが、担任教諭はAさんが亡くなる5日前の母親Bさんとの懇談でも「人間関係に問題ない」と答えている。

また所属している女子ソフトテニス部はもともとトラブルが多発していた。Aさんはクラブ全体が仲良くなるよう努力し続けていたのだが、部活動に不真面目な態度でのぞむ生徒に注意を促したところ、11月から12月にかけてAさんはいじめの標的になっていく。顧問や副顧問は場当たり的な対応に終始し、根本的な問題解決に尽力しなかった。

10月頃から「きもい」「ぶた」と陰口を言われてて、それを11月6日のアンケートに書いてたにも関わらず、担任はそれをスルー。

ソフトテニス部では元々トラブルがあったけど、顧問も副顧問もろくな対応を取らんかったと。

いじめを放置したから、そのいじめがエスカレートして…

12月18日に「死ね」と言われLINEでの集中攻撃が始まる

12月18日、もともとギスギスした雰囲気だった女子ソフトテニス部で複数の部員が生徒Cさんに「死ね」と言ったうえ、クロスに打つべきサーブを同人に向けて放つという事態が勃発。Cさんと仲の良かったAさんはLINEのステータスに何かを書き込んだところ、逆恨みをされることになる。

翌19日、Cさんの母親は顧問にトラブルへの対応を依頼。顧問は「死ね」とののしった複数の部員に事情を聞いた際、「Cの母親から連絡があったんや」と告げてしまう。

この日の部活動はきわめて対立的な雰囲気が漂っており、AさんとCさんが矢面に立つこととなる。複数の部員が2人の方を見ながら悪口を言ったり、にらみつけたりしたという。

その日の夜からLINE上でAさんは部員の一部から集中攻撃を受けることとなった。さらにクラスのグループからも誹謗中傷の書き込みをされてしまう。

「死ね」って直接言われるようになって、中2女子の母親が顧問に対応を依頼。

依頼を受けた顧問がいじめっ子に事情を聞く時に「Cの母親から連絡があったんや」って言うたと。

いじめっ子にそんな事を言うたら、いじめは更にエスカレートするって何で分からんのやろね。

ほんま、「育てよう人のいたみがわかるこころ」ってのが凄い皮肉になってるわ。

で、この日からLINEでの集中攻撃が始まったと。

12月20日にトラブルを言いふらしてると誤解した担任が激しく叱責

翌日の20日、Aさんとともに攻撃の標的になっていたCさんは学校を休んだ。不確かな情報伝達により、同学年で別のクラスの担任を持つD教諭は、Cさんの母親が学校に連絡を入れたことをAさんが言いふらしていると誤認してしまう。D教諭が組み立てた方針のもと、中学2年生の各クラス担任と学年主任は事態を収拾させるために、まずは関係する生徒にテニス部のトラブルについて口外させないよう指導することとした。噂が広まってCさんが登校しづらくなっており、沈静化させるためである。登校してきたAさんに学年主任がトラブルについて言いふらさないよう指導し、指切りを交わした。Aさんは「Cさんがかわいそう」と訴えたという。

この日、Aさんはクラスのグループから一方的に悪口を言われ続けた。終礼後には「直で言えや」「うっとおしい」と詰問されたが、Aさんは何も言い返さなかったという。

1時半ころのこと。期末懇談のためD教諭が教室に来た際、Aさんは「Cさんがかわいそうや」と話しかける。D教諭は「もう帰りなさい」と言ったが、Aさんは「30分後懇談空いてるやろ」と自分と話をしてほしい意向を示す。その際、そばにいた別の生徒も「Cさんがかわいそう」と発言した。

するとD教諭はAさんがテニス部のトラブルについて口止めしたにもかかわらず、口外したと判断。強い口調で叱責を始めた。

報告書には「本件生徒が発言しようとすると大声で言葉を被せて発言を阻止し、本件生徒を強く非難することを繰り返した」「興奮した様子で乱暴な言葉を使って大声で叱責し、一方の本件生徒は冷静に受け答えをしており、本件生徒の方が大人のようだった」と記載されているという。

部活のトラブルを言いふらしてるって誤解した担任が中2女子を激しく叱責するってのも意味が分からんな。

部活の顧問と担任が情報を共有してたら、こんな誤解なんか生まれる事もないがな。

いじめを放置するだけやなくて、勘違いでいじめられっ子を怒ったら、いじめられっ子はどうしたらええねん。

しかも

ちなみに第三者委員会の調査によるとAさんが部活内の内情を言いふらしたという事実はない。

そんな事実もないのに。

そんな事になりゃ…

担任が激しく叱責した3時間後に中2女子は自殺

Aさんは学校のトイレの個室にこもってしばらく泣いたうえ帰宅。LINEのステータスメッセージに「限界、もう無理」と書き込んだ後、4時半ころに命を絶った。残されたA4の紙には「学校がしんどいです。もう無理です。ゴメンなさい。たえれませんでした」と赤色のマジックペンで書かれていた。一度目にしたら忘れられないほど大きく太い文字だった。

学校に絶望して「死」を選ぶのも無理ないか。

それでも、「死」やなくて「転校」とか「不登校」って選択肢を選んで欲しかったところやけど。

自殺した中2女子の母親のコメント

「学校・教育委員会が、しっかりと子どものSOSを受け止め、きちんと対応していれば、娘の命もなくなることはなかった」

そりゃそうやな。

ほんま、これは酷すぎるわ。

学校や市教育委員会職員の処分を検討

表示できません - Yahoo!ニュース
第三者委員会の報告書公表を受け、兵庫県尼崎市の松本真教育長が18日、市内で会見を開き、「教員らがいじめを適切に認知・対応できないまま女子生徒が自殺し、学校現場の意識の低さを痛感している」と謝罪。学校や市教育委員会職員の処分を検討する考えを明らかにした。

「処分」よりも「自殺幇助」として刑事事件にできんもんかね。

教師と生徒もろもろ刑事罰を受けさせるべきやと思うけど。

何にしても、この流れなら絶望するのも分かるけど、それでも学校なんか別に行かんでもええわけで、絶望してもそこから色んな道がある。

絶望して「死」を選ぶ前に、「転校」や「不登校」って選択肢を考えて欲しいもんです。

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました