「日本カビ(カンジダ・アウリス)」がパンデミック 海外で強毒化し死亡例も

シェアする




「日本カビ」って名前が何か引っかかるな。

「日本カビ」って言われると日本発祥みたいに思われるから、「カンジタ・アウリス(オーリス)」で報道してくれんやろか?

日本カビが世界的流行、死者も 海外で強毒化、上陸警戒

日本カビが世界的流行、死者も 海外で強毒化、上陸警戒(産経新聞) - Yahoo!ニュース
平成21年に日本人研究者が「新種」として世界で初めて報告した真菌(カビ)「カンジ - Yahoo!ニュース(産経新聞)
平成21年に日本人研究者が「新種」として世界で初めて報告した真菌(カビ)「カンジダ・アウリス」(通称・日本カビ)が、欧米やアジアで真菌感染症として初めてのパンデミック(世界的流行)を引き起こしていることが分かった。抵抗力の弱い入院患者が死亡する事例も報告され、警戒が必要だ。

日本カビは、帝京大大学院医学研究科の槇村浩一教授が17年に70歳の女性患者の耳漏(耳だれ)から発見。このとき見つかったカビは病原性が低く、抗菌薬に対する耐性も示さなかった。ところがその後、韓国やインド、パキスタン、英国、米国、南アフリカなど海外でも同じカビが発見され、23(2011)年には韓国で患者が敗血症で死亡する事例が報告された。

米国でも今年122例(昨年7例)の感染が報告され死者も多く出ており、英国でも8月までに200例以上の感染が確認された。日本から広がったのではなく、もともと各国に同種のカビがあったとみられる。

日本から広がったってわけやなくて、たまたま日本人が見つけたってだけなんやから。

で、この「カンジタ・アウリス」がパンデミックを起こして、死亡例も出てるって事やけど、「カンジタ・アウリス」の死亡率は…

カンジダ・アウリスに関する一般情報

General Information about Candida auris | Fungal Diseases | CDC
A type of yeast called Candida auris is causing severe illnesses in some hospitalized patients in several countries. Learn more about this global health threat.
Can a person die from infection with C. auris?

Yes. Invasive infections with any Candida species can be fatal. We don’t know if patients with invasive C. auris infection are more likely to die than patients with other invasive Candida infections. Based on information from a limited number of patients, 30-60% of people with C. auris infections have died. However, many of these people had other serious illnesses that also increased their risk of death.

30~60%と。

これだけ聞くと凄い恐ろしい話になってくるんやけど、健康な人間はまず感染する事がない。

感染するのは…

Who is at risk for infection from C. auris?

Limited data suggest that the risk factors for Candida auris infections are generally similar to risk factors for other types of Candida infections. These risk factors include recent surgery, diabetes, broad-spectrum antibiotic and antifungal use. People who have recently spent time in nursing homes and have lines and tubes that go into their body (such as breathing tubes, feeding tubes and central venous catheters), seem to be at highest risk for C. auris infection. Infections have been found in patients of all ages, from preterm infants to the elderly. Further study is needed to learn more about risk factors for C. auris infection.

外科手術を受けたばかりの人、糖尿病患者、広範囲で抗生物質や抗真菌剤を使用した人、体内に入るラインやチューブ(呼吸チューブ、栄養チューブ、中心静脈カテーテルなど)を持っている人が危ないと。

要するに、そういう抵抗力が弱まってる人が感染して、抵抗力が弱まってるから死亡率も高いと。

健康な人間は特に心配する事はなさそうやけど、パンデミックを起こしてるんで、それなりには注意をしましょうって事ですな。

気になる人は…

膣カンジダ危険度チェック

膣カンジダ危険度についての「セルフドクターズチェック」|セルフドクターネット
膣カンジダ危険度チェックであなたの健康状態をチェックしてみませんか?気になる症状をすぐにチェック!家族みんなのトラブルチェックリストです。|生活習慣病などのつらい症状、人には言いづらい悩みの原因や改善・予防法をご紹介。いろいろな疑問にも専門医が分かりやすくお答えします。健康美を願う人のためのセルフメディケーション情報サ...
膣カンジダ危険度チェック

膣カンジダとは、カンジダ・アルビカンス菌という真菌(かび)が増殖して起こる膣炎で、「カンジダ性膣炎」「膣カンジダ症」とも呼ばれます。カンジダ菌は健康な人の体内にも存在する常在菌の一種ですが、体の抵抗力が落ちたりホルモンのバランスが崩れたりすると異常に増殖し、膣やその周辺に炎症やかゆみを引き起こします。体力の回復とともに自然に治ってしまうケースも多いのですが、放置したために症状を悪化させ、治りにくくなってしまうことがあります。外陰部のかゆみやおりものの変化など気になる症状が続く場合は早めに婦人科を受診し、きちんと治療を受けるようにしましょう。また、過労、ストレス、睡眠不足などは発症のきっかけになりやすいので、日ごろから規則正しい生活を心がけ、体調を整えることが大切です。

こういうサイトもあるんで、セルフチェックをしてみるといいかも。

「auris」ってのは耳のラテン語やから、主に耳みたいやけど、体全体で感染するって事なんで、「膣」に限った話やないけど。

まぁ、他にも色々とセルフチェックできるのがあるんで、見ておくと良いと思います。

何にしても、既に日本に上陸してるって話もあるんで、気をつけましょうって事で。

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!