医師の大久保愉一(42)と山本直樹(43)の両容疑者を逮捕 SNSで知り合ったALS患者に薬物を投与し「安楽死」させる

医師の大久保愉一(42)と山本直樹(43)の両容疑者を逮捕 SNSで知り合ったALS患者に薬物を投与し「安楽死」させる

個人的には安楽死を認めるべきやと思ってるけど、主治医でもない医師がSNSで知り合った女性に薬物を投与して死なせるってのは無理筋ですな。

これがありならTwitter上の自殺志願者を殺すのも認めなあかんようになるわけで、背景は理解出来るけど、「SNSで知り合って」ってのは逮捕されるのもしゃあなと思う。

まぁ、こういう事を起こさせん為にも安楽死を法的に認めるべきですな。

スポンサーリンク

ALS患者の依頼受け薬物投与し殺害 医師2人逮捕

エラー|NHK NEWS WEB
全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSの女性患者の依頼を受け、京都市の自宅に出向いて薬物を投与し、殺害した疑いがあるとして、警察が宮城県と東京の医師2人を嘱託殺人の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かりました。女性は周囲に「安楽死させてほしい」と話していたということで、警察は医師との関わりやいきさつなどを調べることにしています。

逮捕されたのは、いずれも医師で宮城県名取市で開業している大久保愉一容疑者(42)と東京 港区に住む山本直樹容疑者(43)の2人です。

捜査関係者によりますと、去年11月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症を患った51歳の女性が、京都市の自宅で容体が急変し、搬送先の病院で死亡しました。

病院で詳しく調べた結果、体内からふだん服用していない薬物が見つかったということです。

女性は周囲に「安楽死させてほしい」と話していて、警察が捜査を進めた結果、当日、自宅に、主治医ではない大久保医師と山本医師が訪れていたことが防犯カメラの映像などから分かったということです。

警察は2人が女性の依頼を受け、自宅で薬物を投与し殺害した疑いがあるとして、23日嘱託殺人の疑いで逮捕し、これまでの関わりやいきさつなどを調べることにしています。

医師が患者の死期を早める行為をめぐっては、末期がんなどの患者に薬物を投与し、有罪となったケースはありましたが、死期が迫っていない難病の患者の依頼に基づいて主治医でない医師が殺害したとして逮捕されるのは極めて異例です。

ALSって言うと三浦春馬の

僕のいた時間 - フジテレビ
僕のいた時間 - 番組情報。笑って、泣いて、自分らしく生きる…生き方が雑で軽かった若者が命のリミットを意識し、前向きに生きていく姿を描くヒューマンストーリーをお届けします。

「僕のいた時間」を思い出すけど、ALSになったら死にたくなるのはよく分かるし、医師なら尚の事その気持を理解出来るはずなんで、安楽死させてあげたくなるのは凄い分かる。

ただなぁ、主治医でもないし

スポンサーリンク

医師2人はSNSを通じて知り合い現金を受け取っていたとの情報も

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
女性は数年前からALSを患って闘病を続けていた。医師らは女性の主治医ではなかったといい、SNS(会員制交流サイト)を通じて知り合ったとみられている。

死亡した経緯に不自然な点があり、女性が薬物の投与を受けた疑いが浮上。京都府警はメールなどのやり取りから、2人が女性の依頼を受けて殺害したとみて捜査していた。2人が見返りに現金を受け取っていたとの情報もあり、裏付けを進める。

投与されたのは、医療現場では鎮静剤や抗てんかん薬として使われている薬物。大量に摂取すると致死性があり、欧米では医師による安楽死や死刑の執行に用いられることもあるというが、日本国内では市販はされていない。

SNSを通じて知り合ったとか、見返りに現金を受け取ってたってのを聞くと、ある意味「趣味と実益」を兼ねてたんかもしれんとも思うしなぁ。

現金も必要経費のみなら「善意」やと思うけど、これはやっぱりアウトですな。

ただ、女性の状態を知ると…

スポンサーリンク

ALS患者の女性は発語や手足を動かすことができない状態だった

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
関係者によると、亡くなった女性は40代だった11年ごろにALSを発症。死亡する直前は発語や手足を動かすことができない状態だった。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間、ヘルパーから生活全般のケアを受けながら1人で暮らしていた。

安楽死した女性は「早く終わらせてしまいたい」「話し合いで死ぬ権利を認めてもらいたい。疲れ果てました」などと周囲に漏らしていた。一方で「治る希望を持ってほしい」と他の難病患者にメッセージを送っていた。

もうかなり進行してて、話す事も出来んし手足を動かす事も出来ん状態やったと。

ってのを聞くと医師2人が使命感でやったとも思えるしなぁ。

殺人衝動があって安楽死希望者を探して尚且報酬を受け取ってたんか、それとも救われへん難病患者を楽にしてあげてたんか、その辺の話を詳しく聞きたいとこですな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、こういう事になるのも安楽死を法的に認めてないから起こるわけで、こういう事をさせん為にもきっちり法整備して、ちゃんとしたルールの中で死を選択出来るようにしてあげて欲しいもんです。

スポンサーリンク

続報

ALS女性安楽死で医師2人を嘱託殺人で逮捕 ALS患者(tangoleo)のTwitterとブログ特定
SNSで知り合って事件当日に初対面ってのが引っかかるけど、ALS患者のtangoleoさんのツイートを読むと楽にしてあげたくなる気持ちは凄い分かる。こんなに苦しんでるのに「死んだらあかん」「生き続けろ」って言う方が無慈悲な気がするんやけど…
429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
スポンサーリンク





安楽死・尊厳死時事問題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 亡くなった人や医者に同情はする

    見ず知らずの医者ってのが駄目だったのね

タイトルとURLをコピーしました