ALS患者を安楽死させた大久保愉一は「オレはドクターキリコになりたい」とツイートしていた 大久保愉一のTwitter特定

ALS患者を安楽死させた大久保愉一は「オレはドクターキリコになりたい」とツイートしていた 大久保愉一のTwitter特定

大久保愉一のTwitterが特定出来たけど、どうにも障害者や高齢者は死んだ方が良いって思想の人のようで。

結局はALSで苦しんでる女性を楽にしてあげたってよりは、ALS患者の「死にたい」って欲求を利用して、自分の欲望を満たしただけって事ですな。

ただ、それでALS患者のtangoleoさんの望みが叶って楽になれたのも事実なわけで、何が良くて何が悪いんかよく分からんようになってきました。

スポンサーリンク

100万円で京都ALS患者殺害 大久保愉一容疑者は「高齢者を『枯らす』技術」執筆

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
7月23日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性を殺害したとして、宮城県と東京都の医師2人が嘱託殺人の疑いで逮捕された。

「嘱託殺人が行われたのは昨年冬頃。被害者女性が100万円で医師2人に殺害を依頼し、医師は多量の睡眠薬を投与し殺害しました」(捜査関係者)

被害者は京都に住む51歳女性で、ALSは全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病。逮捕された医師は仙台市の大久保愉一(42)と港区の山本直樹(43)の2人だ。女性は生前、「安楽死させてほしい」と周囲に話しており、大久保と山本の医師2人が女性の自宅を訪問し殺害に至ったとみられる。女性は搬送先の病院で亡くなったが、体内からは普段服用していない薬物が見つかったという。

大久保愉一容疑者は北海道出身で2003年に東北にある国立大学医学部を卒業。東北の複数の病院に勤めた後、2018年に仙台でクリニックを開院。クリニックでは主にメンタルケアや緩和ケアに力をいれ、ホスピスの運営も手掛けている。

大久保容疑者の電子書籍「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術」

大久保容疑者は、自身が経営するクリニックのブログで、自身の治療方針についてこう語っている。

《私は、治療を頑張りたいという方はサポートしますし、「もうそろそろ、いいかな」という方には、撤退戦をサポートする そんな医者でありたいと思っています》(ブログ投稿より)

また、大久保容疑者はペンネームを用いて電子書籍やマンガ原作も執筆している。そのひとつが「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術 ー誰も教えなかった、病院での枯らし方ー」という電子書籍。共犯の山本容疑者は実名で共著者として名前を連ねている。

《認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。医療に紛れて人を死なせることだ。

病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。違和感のない病死を演出できれば警察の出る幕はないし、臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けないこともある。荼毘に付されれば完全犯罪だ。》(同書の説明文)

医師の大久保愉一(42)と山本直樹(43)の両容疑者を逮捕 SNSで知り合ったALS患者に薬物を投与し「安楽死」させる
個人的には安楽死を認めるべきやと思ってるけど、主治医でもない医師がSNSで知り合った女性に薬物を投与して死なせるってのは無理筋ですな。これがありならTwitter上の自殺志願者を殺すのも認めなあかんようになるわけで、背景は理解出来るけど、「
ALS女性安楽死で医師2人を嘱託殺人で逮捕 ALS患者(tangoleo)のTwitterとブログ特定
SNSで知り合って事件当日に初対面ってのが引っかかるけど、ALS患者のtangoleoさんのツイートを読むと楽にしてあげたくなる気持ちは凄い分かる。こんなに苦しんでるのに「死んだらあかん」「生き続けろ」って言う方が無慈悲な気がするんやけど…

この時も書いたけど、どうにもSNSで知り合って事件当日が初対面ってのに引っかかってたんやけど、やっぱりそういう人物やったわけですな。

そりゃ、そうでもないといくらALS患者の事情を理解出来ても主治医ならいざ知らず、見ず知らずの人間が簡単に人を殺せんわな。

結局は、自分の欲望を満たしただけなんですな。

まぁ、それでALS患者のtangoleoさんが楽になれたのも事実なんやけど…

スポンサーリンク

大久保愉一が勤務する「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」

iタウンページ
電話番号検索ならNTTタウンページが提供するインターネット電話帳のiタウンページへ。全国のお店・企業の電話番号や地図、ルート案内まで全て無料で検索できます。

大久保愉一が勤務してるのは

宮城県名取市植松3丁目5-24の「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」と。

「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」のブログ

https://ameblo.jp/okbcl/

で、この大久保愉一のTwitterが

スポンサーリンク

大久保愉一のTwitter

《やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ》(2013年4月10日)

《刑法の本とかをかじったが、自殺幇助がなんで罪になるのかがよくわからん》(2013年12月30日)

《俺がもし開業するなら、ドクターキリコしかないなといつも思う。自殺幇助になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある》(2014年1月17日 Twitterより)

って事なんで

って事で

https://twitter.com/mhlworz/
しがない臨床医。温泉好き。専門医?博士?何それ食べれるの?
東日本2010年3月からTwitterを利用しています

これのようですな。

最近でも

こんなツイートをしてるし、どうにも「命の選別」をしたいようで。

それにしても、「ドクター・キリコ」ねぇ。

スポンサーリンク

Dr.キリコ 白い死神

Dr.キリコ 白い死神 - Wikipedia

Dr.キリコ 白い死神

Dr.キリコ 白い死神』(ドクターキリコ しろいしにがみ)は、漫画:SANORIN、脚本:藤澤勇希、原作:手塚治虫、協力:手塚プロダクションによる日本の漫画。『別冊ヤングチャンピオン』(秋田書店刊)にて、2016年5月号から2018年12月号まで連載。

手塚の『ブラック・ジャック』に登場する安楽死専門の医師であり、ブラック・ジャックのライバルであるドクター・キリコを主人公としたスピンオフ作品である。

あらすじ
回復の見込みがなく苦痛に苦しむ患者に安楽死を施す“白い死神”ドクター・キリコの施す安楽死を巡り、人間の果てしない欲望や愛憎、儚い願い、生きる喜びなどの人間模様が描かれる。今日もキリコは摩天楼の一室で、北欧の針葉樹林の山小屋で、アラブの紛争地帯のテントで、さびれた寒村の茅葺きの家で、苦しむ患者を診てはひそかに安楽死を施し、生きる意味を問いかけているはずである。

個人的には安楽死を合法化するべきやと思ってるし、今回のケースでもtangoleoさんはこれで救われたんやと思いたいけど、こういう事をやらかすとますます安楽死の議論が遠のく事になりそうですな。

何にしても、今回のケースはアウトやけど、こういうのをなくす為にもちゃんと法整備して、ルールを決めて安楽死出来るようにして欲しいもんです。

スポンサーリンク

続報

429 Too Many Requests
スポンサーリンク





安楽死・尊厳死時事問題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 植松と似てると思ったけど、この加害者は
    安楽死を希望した人の願いを叶えてあげた訳で….

    林さんのご冥福をお祈りします

タイトルとURLをコピーしました