熱海市の土石流の起点で前所有者の「新幹線ビルディング」が繰り返し法令違反 現所有者(麦島善光)の代理人・河合弘之弁護士が法的措置検討

熱海市の土石流の起点で前所有者の「新幹線ビルディング」が繰り返し法令違反 現所有者(麦島善光)の代理人・河合弘之弁護士が法的措置検討

新幹線ビルディングが繰り返し法令違反をするから熱海市が差し押さえをして、そこを麦島善光氏のZENホールディングスが買ったって流れのようやけど、麦島善光氏が盛り土を知らんかったって事で新幹線ビルディングを訴えると。

知らんの何もつい最近まで土砂を運び込んでたって話やのにねぇ。

何を訴えるんか分からんけど、責任逃れのパフォーマンスのような気がしてならんな。

スポンサーリンク

土石流の起点付近 前所有者が繰り返し法令違反

土石流の起点付近、前の所有者が繰り返し法令違反…勝手に面積拡大・産廃が混入(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 静岡県の難波喬司副知事は7日夕、県庁で記者会見し、熱海市で3日に発生した土石流の起点付近の斜面一帯で、崩落した盛り土の施工を含め、法令違反が繰り返されていたと発表した。
静岡県の難波喬司副知事は7日夕、県庁で記者会見し、熱海市で3日に発生した土石流の起点付近の斜面一帯で、崩落した盛り土の施工を含め、法令違反が繰り返されていたと発表した。

崩落した盛り土は、一帯の土地を所有する民間事業者が2007年、県条例に基づいて熱海市に施工計画を届け出ていた。しかし、計画よりも対象面積が拡大していたり、産業廃棄物が混入していたりし、県や市が是正や廃棄物撤去の指導を繰り返していたという。10年には土砂搬入の中止を要請したが、事業者がこれに従わないまま、土地の所有者が変わった。

また、当初の届け出では、盛り土の量は約3・6万立方メートルだったが、県の推定では約5・4万立方メートル以上に及んでいた可能性があるという。

熱海市はここが産廃処理場になってた事を把握してたわけで、こうなって来ると熱海市の責任も問われる事になりそうですな。

熱海市と前所有者の新幹線ビルディングと現所有者の麦島善光氏のZENホールディングスで責任のなすりつけ合いが始まると。

熱海の土石流 土地の所有者は麦島善光ZENホールディングス会長 盛り土をしたのは新幹線ビルディングで確定か
武田学校っていうYou Tubeチャンネルで詳しくやってるんやけど、なかなか闇が深そうですな。 土地の所有者の責任なんか、開発業者の責任なんか、どっちにしても人災なのは確定なんで厳しく追求して欲しいもんです。

この時に取り上げた

盛り土の不動産管理会社は「新幹線ビルディング」か

これを見ると前所有者の新幹線ビルディングと現所有者の麦島善光氏のZENホールディングスは同じ穴の狢やと思うんやけど。

で、この法令違反を繰り返してた前所有者の新幹線ビルディング代表の天野二三男氏なんやけど…

スポンサーリンク

前所有者の新幹線ビルディング代表の天野二三男氏は自由同和会神奈川県本部会長

平成22年度 大会報告

前所有者の新幹線ビルディング代表の天野二三男氏は自由同和会神奈川県本部会長
前所有者の新幹線ビルディング代表の天野二三男氏は自由同和会神奈川県本部会長

自由同和会神奈川県本部の会長と。

自由同和会ってのは

自由同和会 - Wikipedia
自由同和会(じゆうどうわかい)とは、自民党と連帯している保守系の同和団体。同和団体としては、部落解放同盟や全国地域人権運動総連合と並ぶ三つの政府交渉団体の一つ。旧称、全国自由同和会。旧略称、全自同。中央本部を東京都千代田区平河町2丁目3番地2号に置く。

自民党と連携してる同和団体と。

まぁ、産廃と同和は親和性が高いし、この辺はほじくったらあかんとこなんやろね。

で、天野二三男氏はこの土石流の起点で繰り返し法令違反をしてるだけやなくて

【神奈川】「いつ摘発されて部屋が空くかわからないので、多めに払えと言われた」…違法風俗店と知りながら家賃上乗せで賃貸した男を逮捕
神奈川県警生活保安課は27日、小田原市城山、不動産賃貸会社社長天野二三男容疑者(59)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で逮捕した。

組織犯罪処罰法違反でも逮捕されてる人なんですな。

で、この天野二三男氏の新幹線ビルディングに対して

スポンサーリンク

現所有者の代理人・河合弘之弁護士が前所有者に法的措置検討

熱海“盛り土”当時の所有者に法的措置検討(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
静岡県熱海市で崩落した盛り土の現在の土地所有者の代理人が、盛り土をした当時の所有者に対し、法的措置を検討していることがわかりました。 静岡県熱海市の大規模土石流で、盛り土があった場所が崩落したこと

熱海市の土石流の起点で前所有者の「新幹線ビルディング」が繰り返し法令違反 現所有者(麦島善光)の代理人・河合弘之弁護士が法的措置検討

静岡県熱海市の大規模土石流で、盛り土があった場所が崩落したことを受け、現在の土地の所有者の代理人弁護士が、盛り土をした当時の所有者である神奈川県内の不動産会社に対し、法的措置を検討していることがわかりました。

法的措置を検討って何を訴えるつもりなんやろね。

「盛り土があるとは知らなかった」って言うとるから、その件で告知されてないって事を訴えるんやと思うけど、ここは…

スポンサーリンク

現場付近で毎日ダンプカーが目撃されている

80人所在確認中 迫る“72時間” 「盛り土」関係者がコメント“土石流”なぜ起きた(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
静岡・熱海市を襲った、大規模な土石流。 懸命の捜索活動が続く中、5日に新たに、高齢の夫婦が救助された。 一方、今回の土石流で注目される盛り土について、5日午後、関係者が取材に応じた。 静岡・熱

現場付近で毎日ダンプカーが目撃されている

土石流の起点となった現場付近で、当日仕事をしていたという男性は、発生現場と思われる場所の方向へ向かうダンプカーを毎日見たという。

ダンプカーを見た男性「ダンプ(カー)が結構来ていたので、そこで何かやってたのはわかっていたので、泥積んで下ろして、カラ荷で帰っていく。結局、造成しようと思ってあれだったのかな、ダンプ(カー)結構来てたので、最近は雨で来なかった。毎日(ダンプカーが)来てました。崩れる前から、雨かなんか来たら危ないんじゃないって(言っていた)」

土石流が起きるまで土砂が捨てられてたわけで、「盛り土は知らなかった」ってのは通用せんと思うんやけどねぇ。

それを訴えるっていう河合弘之弁護士は

スポンサーリンク

河合弘之弁護士は「脱原発弁護団全国連絡会」の共同代表

河合弘之(かわいひろゆき・弁護士)公式サイト
「逆襲弁護士」河合弘之の公式ホームページです。数々の逸話や東電を相手取った訴訟をはじめ脱原発の取り組みなどを紹介しています。

河合弘之弁護士は「脱原発弁護団全国連絡会」の共同代表

河合弘之は、『脱原発弁護団全国連絡会』の共同代表として、約170名の弁護士と共に、日本全国の原発差止訴訟を進めるための裁判書類や証拠資料を一元化、各訴訟の現状や課題の報告会・専門家による勉強会の開催などの活動も行っています。

同和と脱原発の戦いになるって事のようやけど、これも親和性が高いからねぇ。

よう分からんけど、どういう法的措置をとるのか、そこが見所ですな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、熱海市と前所有者と現所有者の責任のなすりつけ合いが始まるんやろうけど、どういう形にせよ被害者にはしっかり補償してあげて欲しいもんですな。



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました