スポンサーリンク

「ポビドンヨード(イソジン)がコロナに効く」 吉村知事の発言でドラッグストアからうがい薬が消える

「ポビドンヨード(イソジン)がコロナに効く」 吉村知事の発言でドラッグストアからうがい薬が消える

これってPCR検査の抜け道を教えただけのような気がするんやけど…

ポビドンヨード(イソジン)の殺菌力で口腔内のコロナを殺菌すりゃ口腔内から採取するコロナは減るわけで、当然PCR検査で引っかかりにくくなる。

けど、既に粘膜にコロナが入ってたらどうしようもないわけで、あんまり意味がないと思うんやけどねぇ。

何でこんな大騒ぎになってるんや?

スポンサーリンク

大阪府知事発言でうがい薬消える

嘘のような本当の話、大阪知事発言でうがい薬消える-明治株急伸(Bloomberg) - Yahoo!ニュース
(ブルームバーグ): 大阪府の吉村洋文知事が4日午後の会見で、うがい薬の成分「ポビドンヨード」で新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待できることを確認したと発表したことを受け、同成分を含んだうがい
大阪府の吉村洋文知事が4日午後の会見で、うがい薬の成分「ポビドンヨード」で新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待できることを確認したと発表したことを受け、同成分を含んだうがい薬を販売する明治ホールディングス(HD)の株価は急騰。都内のドラッグストアには消費者が殺到し、店頭から該当の製品が消えた。

「うそのような本当の話」。この日府庁で松井一郎大阪市長や大阪はびきの医療センターの研究者らと臨んだ会見で吉村知事はこのように切り出した。

国内での流行が拡大して以降、新型コロナの患者を受け入れてきた同センターの臨床研究で、同成分を含んだうがい薬を使うことでコロナの陽性者が減少していくとの知見が得られたことを紹介。

具体的には、軽症患者41人に1日4回うがいをさせたところ4日目にはポビドンヨードを含むうがい薬を使っていないグループの陽性率が40%だったのに対し、同成分を含むうがい薬を使ったグループは9.5%に低下したという。

吉村知事は法律の関係で効能については言えないとした上で、大阪府の宿泊療養施設で同意を得た上で軽症者の全員にうがい薬を使用してもらうようにしたいと述べた。

千代田区のドラッグストア、マツモトキヨシ「ワテラスモール店」では午後3時すぎには明治HDの製品を含むポビドンヨードを含んだうがい薬が店頭の棚から消えていた。アマゾンなどのネット通販サイトでも関連商品の多くが品切れとなっている。近隣の3店でも在庫はなかった。

今後の入荷は未定

同店の小林輝雄副長によると、テレビでの吉村知事の発言を聞いた客が買い求めていったという。これらのうがい薬は緊急事態宣言が出された4月ごろに一時品切れとなったことがあるが、それ以降は供給が途切れたことはなかったという。「今後の入荷についてはまったく分からない」と話した。

明治のウェブサイトによると、ポビドンヨードはヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分で、殺菌消毒剤の影響を受けにくいと言われている微生物や細菌に対しても効力を発揮するという。

知事の発言を受けて明治HDの株価は一時、2018年11月8日以降で最大の日中上昇率となる7.7%高の8990円まで上昇した。明治HDの広報担当に新型コロナへの有効性についてコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

「ポビドンヨード(イソジン)がコロナに効く」 吉村知事の発言でドラッグストアからうがい薬が消える

風俗店なんかはイソジンでうがいしてるし、殺菌効果はかなりあるんで、それなりに感染予防にはなるって言うか、他人に感染させる事を低下させる効果はあると思うけど、これって今に始まった話やないからねぇ。

何でこんな大騒ぎになってる?

この報道を受けて

スポンサーリンク

巷でイソジンの買い占めが始まる

トイレットペーパーといい、マスクといい、この国はアホが多いな。

確かにイソジンのメーカーのムンディファーマも7月9日に

スポンサーリンク

ムンディファーマがイソジンの新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果を確認

ポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とするBETADINE®製品(イソジン®)の新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果を確認
ムンディファーマ株式会社のプレスリリース(2020年7月20日 15時00分)ポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とするBETADINE(R)製品(イソジン(R))の新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果を確認
ムンディファーマは2020年7月9日、シンガポールのデューク・シンガポール国立大学(NUS)メディカルスクールで行われたin vitro試験の結果、海外で販売するポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とするBETADINE®製品(イソジン®)の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗ウイルス効果を確認したと発表しました。今回の試験結果は、2020年7月8日、Infectious Disease and Therapy Journal に論文掲載されています。

ポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とするBETADINE®製品は世界中の医療機関と消費者から感染症の予防と治療に使われており、国内でも1950年代からイソジン®シリーズとして展開しております。

ポビドンヨード(PVP-I)は世界中で感染対策に使われている代表的な殺菌消毒剤の有効成分のひとつです。主に昆布やワカメなどに含まれているミネラルの一種である「ヨード」と、毒性を下げ水によく溶けやすくする為に「ポリビニルピロリドン」という成分から作られます。ポビドンヨード(PVP-I)は市販されている茶色のうがい薬や、手指を殺菌・消毒する医薬品の有効成分のひとつで、強い殺菌効果を持っており、さまざまな種類の細菌やウイルスに効果を発揮します。

てな発表をしてるんで、イソジン(ポビドンヨード)がコロナを殺菌する能力はあるんやろ。

ただ、それと感染せんってのは別問題やん。

それなら、アルコール消毒でも十分なわけやし。

口腔内の細菌数が減ったらPCR検査からは逃れられるんで、それで陽性率が下がるってのはそうかもしれんけど、根本的に感染者を減らすって事にならんと思うんやけどねぇ。

実際、京大の実験では

スポンサーリンク

ヨード液うがいに明確な風邪予防の効果なし

京都大学-お知らせ/ニュースリリース 2005年10月28日 風邪の予防等に関する研究成果の発表について 詳細
京都大学のニュースリリースのページです。風邪の予防等に関する研究成果の発表について(2005年10月28日)の詳細を掲載しています。
■水うがいで風邪が4割減少
 全国18地域で約390名のボランティアを募り、水うがい群、ヨード液うがい群、対照群の3群に無作為に割り付けて冬季の2ヶ月間追跡。水うがい群は対照群に比べて風邪の発症が約4割減少した。ヨード液うがいには明確な予防効果が認められなかった。

ヨード液うがいに明確な風邪予防の効果なし

■抗炎症薬は風邪の治癒を遅らせる可能性
 全国23のプライマリ・ケア医療機関で約190名の風邪患者を募り、抗炎症薬の実薬群とプラセボ群の2群に無作為に割り付けて風邪が治るまで追跡。抗炎症薬で風邪の重い症状は軽減するが、治癒までの期間は延長する傾向が認められた。

風邪ですらイソジン(ポビドンヨード)に予防効果はなかったと。

イソジン(ポビドンヨード)を使うまでもなく、感染書予防には手洗い、うがいの励行が効くって事ですな。

だいたい、イソジン(ポビドンヨード)には副作用もあるわけで…

スポンサーリンク

習慣的なイソジン摂取の危険性(ウォルフ-チャイコフ効果)

習慣的なイソジン咳嗽は止めましょう|かがやきクリニック川口(西川口)
腰原院長の健康コラムです。
先日、風邪でのどの調子が良くないので、しばらくイソジンでうがいしているという患者さんが来られました。また以前、毎日朝、寝る前に風邪の予防のためにイソジンでうがいをしているという高齢者もおられました。イソジンうがい液の主な成分はヨードです。過剰なヨードの摂取によって、ウォルフ-チャイコフ効果、すなわち甲状腺ホルモン合成が抑制されて、甲状腺機能低下を招きます。

習慣的なイソジン摂取の危険性(ウォルフ-チャイコフ効果)

多くの人は一過性ですが、元来甲状腺に病気を持っている人や一部の健康人においても甲状腺機能低下症を招くことがあります。甲状腺ホルモンを作るために、1日に摂取すべきヨードは、0.15mg程度です。
日本人は、元来、海藻を料理に使うため、ミネラルとしてのヨードは多く摂っています。また高血圧や高脂血症に効能があると、根昆布水が宣伝されており、それらを習慣的に摂取していることでもヨード過剰になります。

習慣的なイソジン摂取の危険性(ウォルフ-チャイコフ効果)

うがいの際にすべてを飲み込むわけでは、ありませんが、健常人18人に1日3回、15秒のイソジン咳嗽を行ってもらい、尿中のヨードを測定した報告があります。その結果は平均して1日4mgのヨードが吸収されていました。うがいの回数や希釈方法などで、ウォルフ-チャイコフ効果は十分起こすことが判ります。
果たしてイソジンでのうがいは意味があるのでしょうか?上気道感染発症を水道水と比較した報告がありますが、結果的には水道水に勝っていません。

習慣的なイソジン摂取の危険性(ウォルフ-チャイコフ効果)

またウイルスに対する殺菌効果よりも、細菌に対する効果の方が強く、口腔内の正常細菌叢を破壊し、希釈が不十分だと粘膜障害を招く可能性もあります。
風邪などのウイルス感染予防には勧められません。また、化膿性扁桃炎などの溶連菌感染に対しては、抗菌薬の中で、切れ味が最も優れるペニシリン系抗菌薬を十分量しっかりと内服することが再発防止にも優れています。

特に妊婦や乳幼児は危険やし、人によってはアナフィラキシーショックを起こす事もある。

何にしても、うがいは水で十分なんでくれぐれもイソジンに飛びついてアホな真似はせんように。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました