スポンサーリンク

男子中学生が広島市南区宇品西4丁目のマンション「ソシオ宇品」からインフルエンザ治療中に転落死

男子中学生がインフルエンザ治療中に転落死
スポンサーリンク

インフルエンザの治療中で12階に住んでて家族もおるのになぁ。

こうなる事が頭の中になかったんやろか?

防げる事故だけに悔やまれる。

マンションの高層階に住んでる人は、インフルエンザはこれがあるんでちゃんと対策をしておいて欲しいもんです。

スポンサーリンク

男子中学生がインフルエンザ治療中に転落死

インフルの薬飲んだ男子中学生が12階から転落死(19/12/11)
インフル薬服用後 高層マンションから転落か 男子中学生が死亡 発熱で学校休む(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
10日午後1時50分ごろ、広島市内のマンションから「人が落ちた」と付近の住民から110番があった。広島県警や市消防局などによると、転落したのは中学の男子生徒で、死亡が確認された。関係者によると、男子 - Yahoo!ニュース(中国新聞デジタル)
10日午後1時50分ごろ、広島市内のマンションから「人が落ちた」と付近の住民から110番があった。広島県警や市消防局などによると、転落したのは中学の男子生徒で、死亡が確認された。関係者によると、男子生徒はインフルエンザの薬を飲んだ後に転落したという。県警は事故とみて調べている。

関係者によると、男子生徒は発熱があり、この日は学校を休んでいた。家族もいる自宅でインフルエンザの薬を飲んだ後、何らかの原因で転落したとみられる。

現場は十数階建ての高層マンション。近くのアパートに住む50代の女性は「マンションの敷地に男性が倒れていた。救急車が来て担架で運ばれた」と話した。

厚生労働省は、子どもがインフルエンザにかかると、治療薬の服用の有無や種類にかかわらず、興奮してベランダに出て飛び降りようとするなどの異常行動を起こす恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

男子中学生がインフルエンザ治療中に転落死

家族が付きっ切りで看病すると家族もインフルエンザに罹患するから1人するのはしゃあないにしても、高層階に住んでてインフルエンザに罹ったらこれがある事を頭に入れとかんとな。

窓を開けられるんようにしとくとか、ベランダに柵を設けるとか、何かしら対策しときゃ防げたのに色々と悔やまれる。

現場は広島市南区宇品西4丁目の「ソシオ宇品」

現場は

現場は広島市南区宇品西4丁目の「ソシオ宇品」

この画像から

広島県広島市南区宇品西4丁目3−33の「ソシオ宇品」と。

ソシオ宇品の住宅情報

このソシオ宇品の12階から男子中学生が

男子中学生がタミフル服用後に転落死

男子中学生がタミフル服用後に転落死

インフルエンザの薬を服用後に転落死したって事やけど、この画像からインフルエンザの薬は

タミフル

タミフルなんやけど、一時期タミフルの副作用で飛び降りがあるって説が蔓延してたけど

インフルエンザ脳症 異常行動に対する注意

インフルエンザ脳症 - Wikipedia
小児は、高熱を出した際に、熱性譫妄(ねっせいせんもう)と言って、幻視、幻覚を見て、異常行動をする場合がある。例えば、壁に実際は存在しないアニメのキャラクターが見えると言って笑ったり、意味不明の言葉を喋ったり、理由もなく怯えたりすることがある。これがインフルエンザ脳症の初期症状であることもあるため、このような初期症状がみられた場合には、注意が必要であると専門家は喚起している。

インフルエンザ感染症の治療薬であるオセルタミビル(タミフル®)の副作用で異常行動を生じるという指摘が一時期あったが、その後の調査では相関関係は否定されている。

タミフルとの因果関係は否定されてるねんな。

子供がインフルエンザに罹ると誰もがこうなる可能性があるって事を頭に入れとかんとな。

対策としては

インフルエンザの異常行動による事故を防ぐために

インフルエンザへの理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう! | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
シオノギ製薬の公式サイトです。患者・ご家族の皆さま向けの「インフルエンザ インフルエンザへの理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう!」のページです。

インフルエンザの異常行動による事故を防ぐために

小児のインフルエンザでは、インフルエンザ脳症とは別に、異常行動が約10%にみられます。ほとんどが発熱1~2日目にあらわれ、1~2日間で軽快します。
極めてまれなことですが、異常行動の結果、転落等による死亡事故が起こる場合があります(2009年4月から2017年8月までに8件の報告)。
異常行動は抗インフルエンザ薬が使用されていなくても報告されていますので、小児・未成年者がインフルエンザと診断され、治療を開始してから少なくとも2日間は、異常行動による事故を防ぐために、自宅で小児・未成年者が一人にならないように注意してください。

異常行動の例
・突然立ち上がって部屋から出ようとする。
・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。
・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。
・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。
・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。

異常行動による転落などの事故を防ぐために、次のような対策を取ってください

対策の例
(1)高層階の住居の場合
・玄関や全ての部屋の窓の施錠を確実に行う(内鍵、補助錠がある場合はその活用を含む)。
・ベランダに面していない部屋で寝かせる。
・窓に格子のある部屋で寝かせる(窓に格子がある部屋がある場合)。

(2)一戸建ての場合
・(1)に加え、できる限り1階で寝かせる。

異常行動が表れるのは約10%って事やけど、その10%が誰になるかは分からんし、10%って結構な確率やからなぁ。

子供がインフルエンザに罹ったら、こうなる事を想定して対策しとかなあかんって事ですな。

予防法としては

インフルエンザ脳症はどうしたら予防できるか

Q57:インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?|一般社団法人 日本小児神経学会
インフルエンザ発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの重症化といいます。特に基礎疾患のある小児や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。インフルエンザで最も重い合併症がインフルエンザ脳症です。死亡率は約30%で、後遺症も約25%の子どもに見られる重篤な疾患です。

発症を予防するにはインフルエンザワクチン接種が有効です。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、重症化を予防することです。ワクチンにはインフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防することが期待されています。国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については約34-55%の発病を阻止し、約82%の死亡を阻止する効果があったとされています。小児では、6歳未満の小児を対象とした2015-2016年シーズンの研究では、発病防止に対するインフルエンザワクチンの有効率は約60%と報告されています。

また、解熱剤使用と脳症との関連も明らかになってきました。発熱はインフルエンザの主な症状のひとつで、ウイルスに対する免疫反応の一部であり、必ずしも解熱させなければならないものではありません。38-38.5度以上の発熱があって、元気がなく、ぐったりしているようであれば解熱剤を使用してもよいでしょう。解熱剤の使用の際、アスピリン(商品名:バファリン®など)やメフェナム酸(ポンタール®など)、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン®など)は使用しないでください。インフルエンザに使用できる解熱剤はアセトアミノフェン(アンヒバ坐剤®、アルピニ―坐剤®、カロナール®など)が主体です。解熱剤の使用で不明な点があればかかりつけ医と御相談ください。

インフルエンザワクチンが有効と。

インフルエンザワクチンは罹患を予防するだけやなくて、仮に罹患しても重症化を防ぐ効果があると。

子供はインフルエンザワクチンを接種しとくのが無難ですな。

解熱剤とインフルエンザ脳症との関連も明らかになってきたって事やから、インフルエンザに罹ってもあんまり解熱剤は使わん方がええんやな。

何にしても、子供がインフルエンザに罹ると約10%にこういう異常行動が出るって事なんで、マンションの高層階に住んでる人はくれぐれもご注意をって事で。

科学・医療・似非科学
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました