関空連絡橋で母娘が転落死 和歌山市加納の自宅「メゾン・ソレイユ」では16歳長女が死亡 林真須美死刑囚の家族との噂

関空連絡橋で30~50代の女性と幼い女児が転落死 和歌山市加納の自宅「メゾン・ソレイユ」では16歳の長女が死亡 林真須美死刑囚の家族との噂

関空連絡橋から母親と娘が飛び降りたと思ったら、和歌山の自宅では16歳の娘が死亡してて、同居男性が自殺未遂とこれだけでも訳が分からん事件やのに、この母親が林真須美の家族ってな情報も出て来て何が何だかさっぱり分かりませんな。

しかも、林真須美の再審請求が出されたってニュースの翌日に。

和歌山毒物カレー事件は「次女真犯人説」ってのもあったから、この自殺がそれと関係してるとなると何とも闇が深い事件ですな。

スポンサーリンク

関空連絡橋から母子が飛び込み自殺

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
9日午後4時頃、関西空港と対岸を結ぶ関西空港連絡橋で、車の男性から「路肩に止めた車から人が出て、橋の下へ落ちたようだ」と大阪府警に通報があった。府警は近くの海面に30~50歳代とみられる女性と幼い女児が浮いているのを見つけたが、いずれも搬送先の病院で死亡した。

捜査関係者によると、2人は和歌山県に住む母娘とみられる。同県内で同日、この女性の家族とみられる別の子供が病院に運ばれ、死亡が確認されており、府警と和歌山県警が経緯を調べている。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

関空連絡橋で30~50代の女性と幼い女児が転落死 和歌山市加納の自宅「メゾン・ソレイユ」では16歳の長女が死亡 林真須美死刑囚の家族との噂

情報が多過ぎるんやけど、まずは関空連絡橋に車を止めて30~50代の女性と幼い娘が飛び降りたと。

これだけでも無理心中という名の殺人で酷い事件なんやけど、この事件はこれだけ終わらんわけですな。

スポンサーリンク

現場の関空連絡橋

母娘が飛び降りた現場は

現場の関空連絡橋

現場の関空連絡橋

この関空連絡橋から母娘が飛び降りたわけやけど、この母娘は和歌山に住んでて、この事件の前に和歌山の自宅で

スポンサーリンク

和歌山市の自宅では16歳の長女が死亡

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

和歌山市の自宅では16歳の長女が死亡

9日午後2時20分ごろ、和歌山市加納のアパート一室で、住人の母親から「娘が意識も呼吸もなく、血のようなものを吐いている」と119番があった。長女(16)が心肺停止状態で病院に運ばれたが死亡。約1時間40分後、大阪府泉佐野市の関西国際空港連絡橋近くの海上で、この母親と未就学児の次女が転落しているのが見つかり、いずれも死亡が確認された。

捜査関係者によると、長女には腹部や脚に複数のあざがあった。和歌山県警は虐待を受けていた可能性もあるとみて死因を調べる。

和歌山市消防局などによると、救急隊員が駆けつけた際、自宅には長女の他、母親と次女、同居の男性の計4人がいた。母親は取り乱した様子で、男性が救急車に同乗したという。

母親が「娘が意識も呼吸もなく、血のようなものを吐いている」って119番通報をして病院に搬送されたけど死亡したと。

スポンサーリンク

現場は和歌山市加納の「メゾン・ソレイユ」

現場は

現場は和歌山市加納の「メゾン・ソレイユ」

この画像から

和歌山県和歌山市加納63の「メゾン・ソレイユ」と。

メゾン・ソレイユの住宅情報

【ホームズ】メゾン・ソレイユの建物情報|和歌山県和歌山市加納63
メゾン・ソレイユ(和歌山市加納)の建物情報。間取り図や写真、家賃・価格や、建物内に賃貸や中古マンションの空室・売出し情報があるか確認できます。【不動産アーカイブ】なら日本全国にある250万棟以上の建物から住まいを探すことができます。

このメゾン・ソレイユで16歳の長女が死亡してから

車で関空連絡橋に行って飛び降りたと。

この長女は

スポンサーリンク

長女は2013年に虐待を受けている

和歌山県の児童相談所によると、この一家では2013年、長女が虐待を受けているとの通報があった。保護者らと話し合って14年1月には解決し、近年は虐待の通報や相談はなかったという。

アパートの関係者によると、一家は08年に入居。母親は家庭用プールで次女を遊ばせたりしていたが、長女はあまり見かけなかったという。

2013年に虐待を受けてると通報があって、2014年には解決してると。

解決してるって言うても、死亡した時も体に複数のあざがあったって事やから、虐待は続いてたって考えた方がええやろな。

この長女は同居してる男性に付き添われて病院に行ったわけやけど、この同居男性も…

スポンサーリンク

同居男性が和歌山港近くで自殺未遂

同居の男性は同日午後11時10分ごろ、和歌山市湊の和歌山港近くの路上で座り込んでいるのを通行人が見つけて119番。「カフェインのような錠剤を大量に飲んだ」と話し、病院に搬送されたが命に別条はないという。

(中略)

近くの住人によると、午後に救急車が来た際は男性が「こっち、こっち」と手招きしていたという。

和歌山港近くの路上で自殺未遂と。

この同居男性は命に別状ないって事なんで、この男性が全ての事情を知っとるやろうから、詳しく聞き出して欲しいもんですな。

ちゅうか、これだけやと虐待がバレるのを恐れての無理心中って感じやけど、これに…

スポンサーリンク

この母親は林真須美の家族との情報

和歌山毒物カレー事件 - Wikipedia

これの真偽のほどがまだ分からんのやけど、和歌山毒物カレー事件と言えば…

スポンサーリンク

和歌山毒物カレー事件の再審請求を地裁が受理

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
和歌山市で1998年、夏祭りのカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった毒物カレー事件で、殺人などの罪に問われ、死刑が確定した林真須美死刑囚(59)が、新たに和歌山地裁に再審請求を申し立てたことが弁護人への取材で判明した。同地裁は5月31日付で受理した。

林死刑囚は無罪を主張して最高裁まで争ったが、2009年5月に死刑が確定。同年7月に再審請求したが、再審を認めなかった大阪高裁決定(20年3月)を不服として、最高裁に特別抗告中。今回の再審請求は別の弁護人が担当しており、「4人の死因を立証する証拠が全くなく、事件は第三者の犯行。林死刑囚は無罪だ」などと訴えている。

前は再審が通らんかったのに、今回は再審が通ったと。

しかも

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
生田弁護士は「無罪とするべき明らかな新証拠を発見した」と主張。

「新証拠を発見した」って言うての再審請求やからなぁ。

和歌山毒物カレー事件では次女犯人説もあったから、このニュースが出た直後の無理心中となると色々と憶測を呼ぶわな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、この無理心中が林真須美の再審と関係してるとなると林真須美の無罪も真実味が帯びてくるわけで、詳しく教えて欲しいもんです。

スポンサーリンク

続報

関空連絡橋から飛び降りた女性は林眞須美の長女だった 林健治さん「長女と孫が亡くなった」 鶴崎心桜さんは自宅で死亡
関空連絡橋の飛び降りと和歌山市加納の自宅での16歳少女の死亡について林真須美死刑囚の旦那の林健治さんがインタビューに応えてるんやけど、第一報からジャーナリストの赤石晋一郎さんがツイートしてた通りやったんやな。 それにしても、林真須美の長女の名前は出んのに、その娘の鶴崎心桜さんの名前は出てるのは何でなんやろ? どっちに...




Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

虐待・虐め・自殺
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました