スポンサーリンク

新型コロナワクチン オックスフォード大学の研究チームが9月に実用化 大阪大学発のバイオ企業アンジェスが8月に臨床試験

新型コロナワクチン 9月にも実用化 英オックスフォード大学の研究チーム

こういう競争は有り難い事ですな。

マスクに466億円も使うなら、こういうとこに使えば開発のスピードも上がるのに。

とにかくワクチンと治療薬さえあれば新型コロナも怖くないんで、開発を急いで欲しいもんです。

スポンサーリンク

新型コロナワクチン 9月にも実用化 英オックスフォード大学の研究チーム

新型コロナワクチン、9月にも実用化 英研究チ…(写真=ロイター)
英オックスフォード大学の研究チームは、新型コロナウイルスへの感染を抑えるワクチンを、早ければ9月にも実用化すると明らかにした。候補となるワクチンは4月中に臨床試験を始める予定としている。  11日付の
英オックスフォード大学の研究チームは、新型コロナウイルスへの感染を抑えるワクチンを、早ければ9月にも実用化すると明らかにした。候補となるワクチンは4月中に臨床試験を始める予定としている。

11日付の英タイムズが伝えた。研究チームを率いるサラ・ギルバート教授は「8割の確率で新型コロナに効く」と語った。世界保健機関(WHO)は2月時点で、ワクチン準備までに最大18カ月程度かかるとの見通しを示していた。

ギルバート教授らのワクチンが早期に実用化できれば、世界中で広がる新型コロナの感染を食い止める効果が期待できそうだ。各国の厳しい外出制限で停止状態にある経済活動も、平常時への復帰が大幅に早まる可能性があるとされている。

新型コロナのワクチンを巡っては研究機関や製薬会社が開発を競っている。米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は2021年の早い時期に供給する見通しを示している。日米の主要7カ国(G7)はワクチン開発を共同支援することで合意している。

今月中に臨床試験を始めるってのは早いな。

で、9月に実用化ですか。

8割の確率で新型コロナに効くなら、これは朗報ですな。

世界中でこの開発競争が始まってるわけやけど、日本でも

スポンサーリンク

阪大発バイオ企業アンジェス 新型コロナワクチンの臨床試験を8月実施

コロナワクチン、治験8月実施へ
大阪大学発のバイオ企業アンジェスは、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)を前倒しする方針を固めた。当初、9月の開始を予定していたが、動物試験の進捗が順調なことなどから厚生労働省と協議し1カ
大阪大学発のバイオ企業アンジェスは、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)を前倒しする方針を固めた。当初、9月の開始を予定していたが、動物試験の進捗が順調なことなどから厚生労働省と協議し1カ月程度早めるもようだ。人での安全性や有効性を確かめ、供給したい考えで、2021年の早い時期にも医療現場で使える可能性が出てきた。

大阪大学発のバイオ企業アンジェスが8月に新型コロナワクチンの臨床試験に入ると。

イギリスから4ヶ月遅れとはいえ、これも凄いな。

スポンサーリンク

アンジェス

アンジェス株式会社
アンジェス株式会社は難病・稀少病や有効な治療法のない疾患を対象に、患者さんに革新的な医薬品をいち早くお届けすることを使命とするバイオ製薬企業です。
アンジェスは難病・稀少病や有効な治療法のない疾患を対象に、患者さんに革新的な医薬品をいち早くお届けすることを使命とするバイオ製薬企業です。遺伝子の働きを利用した新しいタイプのバイオ医薬品である遺伝子医薬の開発と実用化を目指しています。

当社は大阪大学の基礎研究を基に1999年に設立されて以降、研究と開発の第1段階を経て、いよいよ商業化に向けた第2ステージを迎えました。当社の主力プロジェクトである足の血流が極度に悪化する重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬については、2019年に条件及び期限付製造販売承認を取得しました。また、椎間板性腰痛症などさまざまな炎症を抑える核酸医薬「NF-kBデコイオリゴ」や高血圧を対象とした「DNAワクチン」の開発も進めています。

研究・開発から実用化へ―。アンジェスは「遺伝子医薬のグローバルリーダー」を目指し今後も新薬を待ち望んでおられる患者さんをはじめ、そのご家族、株主・投資家の皆様、社会一般の方々のご期待に応えるべく前進します。

茨木にこんなのが出来てたんやな。

ライフサイエンスパーク|茨木市
彩都ライフサイエンスパークは、大阪都心部から約20キロメートル、大阪北部の緑豊かな丘陵地に位置します。 彩都の周辺に立地する大学や研究機関などと連携し、バイオや医薬等をはじめとする様々なライフサイエンス分野の研究・技術開発機能等を持つ施設並びにこれらに付随する関連施設のための一大拠点として平成16年4月に誕生しました...
ライフサイエンスパーク

彩都ライフサイエンスパークは、大阪都心部から約20キロメートル、大阪北部の緑豊かな丘陵地に位置します。
彩都の周辺に立地する大学や研究機関などと連携し、バイオや医薬等をはじめとする様々なライフサイエンス分野の研究・技術開発機能等を持つ施設並びにこれらに付随する関連施設のための一大拠点として平成16年4月に誕生しました。
彩都ライフサイエンスパーク内では、全ての区画で施設の立地が決定し、現在、17施設が開設しています。

公設民営の「ライフサイエンスパーク」の一角にアンジェスがあると。

で、これを大阪府が

大阪府 ワクチン・治療薬開発で協定

大阪府、ワクチン・薬開発へ協定 大学や病院と新型コロナで(共同通信) - Yahoo!ニュース
大阪府は14日、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の研究開発を促進するため、府内の大学や病院の運営法人と連携協定を結んだ。早期実用化が求められる中、大学発の研究成果を病院での臨床試験(治験)にスム - Yahoo!ニュース(共同通信)
大阪府は14日、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の研究開発を促進するため、府内の大学や病院の運営法人と連携協定を結んだ。早期実用化が求められる中、大学発の研究成果を病院での臨床試験(治験)にスムーズにつなげるのが目的。

協定を結ぶのは大阪府と大阪市、大阪大のほか、府立大と市立大を運営する公立大学法人、府立病院や市民病院を運営する病院機構。既にそれぞれの組織で進めている研究の情報共有を進める。

感染者の重症化や死亡を減らすため、世界中でワクチンや薬の開発が試みられている。府内では大阪大発の製薬ベンチャー「アンジェス」がワクチン開発を進める。

全面支援すると。

吉村洋文知事は、ほんま頼もしいですな。

何にしても、世界中がワクチンと治療薬を待ち望んでるんで1日も早く実用化して欲しいもんです。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました