スポンサーリンク

滝本有生容疑者(20)を逮捕 愛知県西尾市住崎の「住崎1号公園」のトイレで男児を出産し植え込みに遺棄

滝本有生容疑者(20)を逮捕 愛知県西尾市住崎の「住崎1号公園」のトイレで男児を出産し植え込みに遺棄

第一報とだいぶ話が違って来たけど、滝本有生の母親が「住崎1号公園」のトイレで滝本有生を見つけて病院に連れて行ったって事やけど、母親はその時に赤ちゃんの存在に気づいてなかったんやろか?

この母親もよく分かりませんな。

スポンサーリンク

出産直後の滝本有生容疑者を母親が発見し病院に連れて行く

生んだ嬰児の遺体を遺棄か 20歳の専門学校生を逮捕(20/06/06)
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
愛知県西尾市の公園で6月2日、生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、6日、母親で20歳の専門学校生の女が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは西尾市住崎の専門学校生・滝本有生容疑者(20)です。

滝本容疑者は6月2日、自宅近くの公園のトイレで出産した男の赤ちゃんの遺体を、ビニール袋に入れて公園の植え込みに遺棄した疑いがもたれています。

事件当日、専門学校から「滝本容疑者が登校していない」と連絡を受けた母親が、正午ごろ現場の公園のトイレで出産直後の滝本容疑者を見つけていて、滝本容疑者は母親に付き添われ安城市内の病院に入院。

病院からの通報で滝本容疑者を特定していた警察は、退院を待って6日、逮捕しました。

調べに対し滝本容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は当時の状況や動機などを詳しく調べる方針です。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

滝本有生容疑者(20)を逮捕 愛知県西尾市住崎の「住崎1号公園」のトイレで男児を出産し植え込みに遺棄

第一報では

愛知県西尾市住崎の「住崎1号公園」のトイレにへその緒がついた赤ちゃんの遺体 「猫のような鳴き声がする」と通報
トイレで出産してそのまま遺棄したようやけど、「猫のような鳴き声がトイレからする」って通報があったって事はしばらく生きてたんやろか?市の職員が最初に行った時に扉を開けてたら助けられたかもしれんと思うと悔やまれるな。まぁ、こんなとこに出産してそ

午前8時40分に「猫のような鳴き声がトイレからする」と通行人から通報があって市の職員が駆けつけたらトイレが使用中やったんで引き返したって事やったんやけど、それがざっくりとなくなってるんですな。

この時が「出産直後」やと思うんやけど。

で、母親が滝本有生容疑者を見つけるわけやけど、その流れもよく分かりませんな。

スポンサーリンク

滝本有生容疑者の母親が「学校に来てない」と連絡を受け付近を探し滝本有生容疑者を発見

滝本有生容疑者の母親が「学校に来てない」と連絡を受け付近を探し滝本有生容疑者を発見

専門学校から「学校に来てない」と連絡を受けて、付近を探して正午ごろに「住崎1号公園」で滝本有生容疑者を発見したと。

専門学校がわざわざ「学校に来てない」って親に連絡するんやな。

この辺もよく分からんけど、これが正午ごろやったって事は、やっぱり市の職員が駆けつけた時は赤ちゃんは生きてたんかもしれん。

それで、この部分を報道せんようになったんかもしれんな。

それにしても、親に専門学校から連絡が来たって事は同居してるわけやろ?

この手の産み捨て事件では、同居してても妊娠に気づかんかったって事になってるけど、そんな事ってあり得るんやろか?

スポンサーリンク

「赤ちゃんを殺す親」についてフランスでわかっていること

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
妊娠していると認識できない

心理は体にも影響する。

筆者の調査で心理士、ソーシャルワーカー、婦人科医など出産後育てることを希望しない女性に接する専門家たちの一致した見解は「妊娠の否認」がとても多いということだ。

本人が出産まで、もしくは直前まで妊娠に気づいていないか、他のことが頭を占めていて妊娠について自覚したり考えたりする余裕がなかったのである。

赤ちゃんも存在することを認められていないので背中側にへばりついていて妊婦のお腹が出ない、不整出血があって生理がないことに気づかない、体重の増加や乳腺の肥大がないこともあり、夫や家族にも妊娠を気づかれにくい。

Turszによると、赤ちゃんを殺した母親は出産したものを赤ちゃんとして認識していない場合が多いとしている。

母親たちは「赤ちゃん」を「ボール、(血の)塊、ゴミ、子どものカス(子ども自体はなかった)、死んだ状態で生まれた、人間の形はしていなかった、肛門から出てきたと思った」と表現しており、実際多くの被害児がゴミ箱に捨てられていた。

陣痛と出産の痛みについても無感覚な人が多く、存在の証明である息、声、性別、動き、顔などは認識されていない。妊娠していても、出産しても、母親の意識の中で赤ちゃんは存在しない。

Turszの結論は、赤ちゃんは母親や周囲の人たちに受け入れられて初めて社会的にも誕生を迎えることができるというものである。物理的な出産だけでは足りず、社会的、家族的、関係性においての文脈が必要である。母のまわりに絆があり、生まれてくる子供を守り迎え、母を支えるという下地があって、母親自身も「生まれる」のである。

本人が妊娠してると認識してないと、赤ちゃんも存在することを認められていないので背中側にへばりついていて妊婦のお腹が出ない?

何を言うてんのかさっぱり理解出来んのやけど、そんな事がほんまに起こるん?

まぁ、そんな事が起きてるなら周囲は気づかんやろうけど…

俄に信じられんけど、人体は不思議な事が起きるからなぁ。

そういう事もあるんかもしれんな。

Twitterの反応

何にしても、この手の事件で母親だけが罰せられるのはどうにもおかしいんで、父親も探し出して同じ罪を背負わせて欲しいもんです。

それと、望まぬ妊娠をしてもそれを支援する制度も組織もあるって事をちゃんと教えてあげて下さいって事で。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました