清瀬市の小学校が「女性はおしるこ作り、男性は力仕事」で参加呼びかけ 中央大准教授の横山陸さんが抗議し提訴

清瀬市の小学校が「女性はおしるこ作り、男性は力仕事」で参加呼びかけ 中央大准教授の横山陸さんが抗議し提訴

「男女で分けるな」って言うたところで募集すりゃ結局は力仕事は男性が集まって、おしるこ作りは女性が集まるようになると思うんやけど。

適材適所ってのもあるし、男女混同にするとトラブルも起きるやろうし、最初から男女で区別しといた方が効率的なんとちゃうか?

ほんま、何とも面倒臭い時代になったもんですな。

スポンサーリンク

「女性はおしるこ作り、男性は力仕事」で参加呼びかけ 保護者抗議で学校側訂正

「女性はおしるこ作り、男性は力仕事」で参加呼びかけ 保護者抗議で学校側訂正:東京新聞 TOKYO Web
女性保護者は「おしるこ作り隊」に、男性保護者は力仕事をする「おやじお助け隊」にご参加ください―。小学校を通じて地域行事への参加を呼びか...
女性保護者は「おしるこ作り隊」に、男性保護者は力仕事をする「おやじお助け隊」にご参加ください―。小学校を通じて地域行事への参加を呼びかける文書を受け取った保護者から「教育現場では今も性別による役割分担の押しつけがある」という声が本紙に届けられた。学校側は当時「(押しつける)意図はなかった」としながらも文書を訂正。ジェンダー(社会的性差)平等が求められる今、この保護者は「多くの差別は無意識に行われる」と語った。

文書は、東京都清瀬市の小学校で昨年1月におこなわれた地域行事に先だって児童に配られた。学校を支援する地域組織名義の文書には「『おやじお助け隊』募集!」のタイトルで、やぐらの組み立て、お汁粉用かまどの設置といった準備・片付けに男性保護者の参加を募った。もう1枚は「『おしるこ作り隊』募集!」と題し、お汁粉作り、配膳に女性保護者の協力を求めた。

これに対し、保護者だった中央大准教授(倫理学)の横山陸さん(37)=新宿区=は「男女で分けないような文章にすべきだった」と問題視。「なぜ力仕事が得意な母親がやぐらを組み、料理好きな父親がお汁粉を作ってはいけないのか」と抗議した。

学校はその日のうちに校長名で訂正文書を児童に配布。「おやじお助け隊」を「腕自慢力仕事隊」に変更し、おしるこ作り隊も合わせて「男女に関係なく募集する」と修正した。

横山さんは「性別による役割分担意識は差別であり、違法だと司法の場で認めてもらいたい」との思いから昨年9月、市に損害賠償を求めて、東京地裁立川支部に提訴。問題提起が目的なので請求額は1円。市教育委員会は本紙の取材に「裁判に影響するかもしれないので回答を控える」としている。

清瀬市の小学校が「女性はおしるこ作り、男性は力仕事」で参加呼びかけ 中央大准教授の横山陸さんが抗議し提訴

地域で長年やってる催し物で、こんなしょうもない言い掛かりをつけたら、面倒臭いからもうやらんってな事になるんちゃう?

しかも、損害賠償ってなぁ。

問題提起の為って言うても何の損害があんのかさっぱり分からんがな。

だいたい、おしるこ作りに変なおじさんが参加してたら、女性が嫌がって誰もおらんようになるって事にならんか?

やぐら作りに女性が参加するにしても、見た目やら何やらで別の問題が出そうやし。

ほんま、面倒臭い奴ですな。

そもそも、市を訴えてるけど、募集してるのはPTAやからな。

何で市を訴えてるんか、そこも理解に苦しむ。

スポンサーリンク

清瀬市のどんど焼き

清瀬市っていうか多摩地区では毎年

芝山小学校 平成25年度 どんど焼き|清瀬市教育委員会公式ホームページ
清瀬市教育委員会公式ホームページ

清瀬市のどんど焼き

201401111019


清瀬市のどんど焼き

201401111030

子供の無病息災を祈念してどんど焼きをやってるようで。

それでおしるこ作りとやぐら作りを募集したら、中央大准教授の横山陸さんに怒られたと。

その横山陸さんのプロフィールが…

スポンサーリンク

横山陸さんのプロフィール

https://researchers.chuo-u.ac.jp/Profiles/43/0004220/profile.html
「そのリサイクル、本当にやる意味あるの?」
学校給食の牛乳パックは持ち帰るべき? 今年の2月頃、子どもの通う東京都清瀬市の小学校から、牛乳パックのリサイクルに関するプリントが配られた。それによると、次年度から東京都の給食牛乳の納入業者による空きパック回収がなくなるという。ついては、学校でチャック付きのビニール袋を支給するので、児童に持ち帰らせ、家庭でリサイクルし...

横山陸さんのプロフィール

経歴

1.2015/04-2015/11アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク(ドイツ)神学部キリスト教宗教学講座研究助手
2.2016/04-2018/03日本学術振興会特別研究員(DC2)
3.2016/10-2017/02バーゼル大学(スイス)歴史哲学部客員研究員
4.2016/11-2017/03静岡大学教育学部非常勤講師
5.2017/04-2019/03東海大学文学部文明学科非常勤講師
6.2017/10-2019/03放送大学埼玉学習センター非常勤講師
7.2018/04-2019/03日本学術振興会 特別研究員(RPD)
8.2018/04-現在岡山県立大学非常勤講師
9.2019/04-現在中央大学総合政策学部准教授
10.2020/09-現在一橋大学社会学部非常勤講師

学歴

1.2002/03卒業埼玉県立所沢北高等学校
2.2008/09卒業早稲田大学第二文学部思想宗教系専修
3.2007/09その他ドイツ・トリーア大学(留学)哲学部
4.2011/03修了一橋大学言語社会研究科修士
5.2018/03修了一橋大学社会学研究科博士
6.2016/03その他ドイツ・アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク(留学)哲学部哲学科博士後期

学位

1.修士(学術)一橋大学
2.博士(社会学)一橋大学

研究分野
1.哲学・倫理学
2.社会学

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、日本のジェンダー論は完全におかしな方向に行ってますな。



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました