スポンサーリンク

林芳正文科相が公用車で「キャバクラヨガ」と呼ばれる元AV女優・庄司ゆうこの経営するP.S.Yに通っていた

時事問題
スポンサーリンク

事務次官が出会い系バーなら大臣はキャバクラヨガってか。

しかも、公用車で真っ昼間に。

ちゅうか、どうにも「キャバクラヨガ」が気になる(笑)

林芳正文科相 公用車で白昼“セクシー個室”ヨガ通い

林文科相 公用車で白昼〝キャバクラヨガ〝通い《予告編》
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00007159-bunshun-pol
週刊文春の取材によれば、4月16日14時半、林大臣を乗せた公用車は、恵比寿にある雑居ビルの前に到着。林氏はヨガスタジオに入り、2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込んだ。

 店は、元AV女優が経営し、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。料金は男性客は1時間1万1000円なのに対し、女性は3000円。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていた。

 また、この日は加計学園の獣医学部新設を巡り、文科省内で「首相案件」文書の探索が行われていた。

 林大臣は、週刊文春の取材に事実関係をこう認めた。

――16日午後に恵比寿に行っていた。ヨガとか?

「そうですね」

――毎週のように?

「あのー、定期的には」

――体を鍛えるため?

「そうです。健康のため」

――加計問題の最中、誤解を招くのではないか。

「まぁ、ちょっと予定の空いた時間にそういう所に」

――このお店が“キャバクラヨガ”と呼ばれたりしていることは?

「それは知りません」

――プライベートなのか。

「注意したいと思います。そこは。すいません」

 公用車を巡っては、舛添要一都知事(当時)が湯河原の別荘通いなどに利用していたことで、公私混同と批判を浴び、経費の一部を都に返還している。

 また、前川喜平前文科事務次官が勤務時間外に、“出会い系バー”に出入りしていた問題で首相官邸から厳重注意を受けており、官邸の対応が注目される。

「ヨガ」だけ聞きゃ「健康のため」って言われりゃ、公用車で行くのはどうかと思うけど、「まぁええんちゃう」ってなるけど、「キャバクラヨガ」やからねぇ。

しかも、オーナーが…

元AV女優となると、「健康ため」やないやろ。

って事でP.S.Yのページを見て見ると…

渋谷・恵比寿のヨガスクール【PSY】

http://www.ps-yoga.com/index.html

こんな感じで料金が…

女性が3000円で男性は11000円って何やねん(笑)

どう考えても風俗やん。

これは「健康のため」とは言えんわな。

ちゅうか、モリカケでヤイヤイ言われてる時に何で公用車でこんなとこに行くかね。

「税金使って何してるねん」って言われるに決まってるやん。

どうしてもやって欲しかったら、出張もやってるんやから呼びゃええがな。

ほんま、この辺の感覚が理解に苦しむわ。

これも安倍一強の弊害なんかもな。

どうにもこうにも、色んなとこがたるんでるようです。

でも、文科相がモリカケでヤイヤイ言われてても、昼間から行きたくなるような「キャバクラヨガ」ってもんがどんなもんなのかは一度体験してみたいもんです(笑)

それにしても、東大出てハーバードまで行ってるのに、何でこんなにアホなんやろな。

セクハラ次官もそうやけど、勉強はできるのに頭が回らんっちゅうか、世間の反応が分からんのな。

自分の事しか見えとらんって事かもしれん。

そんなのが国家を運営しとるんやからなぁ。

何にしても、こうも下半身の欲望に忠実やと簡単にハニトラに引っかかってしまうわけで、中国とかロシアとかに情報を取られたりする危険性が高くなるから、下半身の欲望が強い奴は役人も政治家も重要なポジションにつけんようにして欲しいもんです。


こころとカラダが変わるYoga

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント