スポンサーリンク

山口県周防大島町で行方不明の藤本理稀ちゃん(2) 猛禽類がさらったケースも考慮し捜索

時事問題
スポンサーリンク

猛禽類がさらった事も考慮って、そんな事あるんかね。

海外ならでっかい鷲だの鷹だのがおるからあり得ん話でもないけど、日本で2歳児をさらえるほどの鷹とか鷲っておるん?

山口県の行方不明2歳児 前例で生まれた発見への合言葉

山口県で2歳児が行方不明に 猛禽類がさらったケースも考慮し捜査 - ライブドアニュース
山口県周防大島町で行方不明となった2歳児の捜索が続いている。柳井署などは13日、約140人態勢でため池などを捜索したが、手掛かりはなし。捜査関係者は、猛禽類にさらわれたケースも考慮に入れていると話した
山口県周防大島町で行方不明となった藤本理稀(よしき)ちゃん(2)の捜索が続いている。

理稀ちゃんは12日午前10時半ごろ、曽祖父の家から約400メートル離れた砂浜に海水浴へ行くため、祖父と兄と一緒に歩いて出発。途中でぐずった理稀ちゃんは、家からの距離が100メートルほどの地点で1人で家に引き返したという。

祖父は理稀ちゃんが曽祖父宅の約20メートルまで近付くのを見ていた。その後、遅れて曽祖父宅を出た母親らが理稀ちゃんと出会わなかったため、行方不明になったことが分かった。

柳井署などは13日、約140人態勢で近くのため池や水路を捜索したが、手掛かりは見つからず。この日は理稀ちゃんの2歳の誕生日だった。

それにしても祖父が目を離した家から20メートルの間に一体何が起きたのか?

捜査関係者は「現時点で事件の可能性は低い。ため池や水路に誤って転落したことが考えられたが、この日の捜索では何も見つからなかった。現場には警察犬も投入されているが、こちらも反応はなし。田舎の“神隠し事件”では猛禽類に子供がさらわれるケースが多々あるので、それも考慮に入れている」と話す。

同様の事件に学ぶのも手だ。10日には大分県臼杵市で女児(2)が母親の実家に帰省中、行方不明となったが、数時間後に実家から数百メートル離れた山中で発見された。

2016年12月にも同県佐伯市の畑で女児(2=当時)が行方不明に。翌日、無事保護されたが、見つかった場所は畑から約2キロメートル離れた山中の崖の下だった。

「2歳児は好奇心旺盛で、大人の想像をはるかに超える行動力を見せる。佐伯市の件で『あり得ない場所を探せ』というのが、合言葉になった」(関係者)

県警は14日朝から理稀ちゃんの曽祖父宅を中心に山間部まで捜査範囲を拡大。柳井海上保安署は巡視艇を出し、海上を捜索するという。無事に見つかることを祈るばかりだ。

映像ニュースはコチラ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180814-00398658-fnn-soci

現場周辺の地図

「田舎の“神隠し事件”では猛禽類に子供がさらわれるケースが多々ある」って、「多々」あるんや。

まぁ、「鷲」や「鷹」がつく地名は、そういう事があった土地って説もあるけど、猛禽類に子供がさらわれるってのが、どうにも想像できんなって思ってたら…

危機一髪 赤ちゃん鷹に襲われる

いとも簡単にさらって行くんやな。

これは驚いたわ。

他の動画じゃ…

Eagles Lifts Dog – Eagles VS Goat – Eagles Attack, Kill and Eat Mountain Goat

こんなでっかいヤギをさらってるし。

まぁ、でも海外のケースやからなぁ。

日本で一番大きな猛禽類っちゅうと「大鷲」やと思うんやけど…

オオワシ

オオワシ - Wikipedia

形態

日本で一番大きなワシともいわれ、全長オス88センチメートル、メス102センチメートル。翼長オス56-65センチメートル、メス60-65センチメートル。翼開張220-250センチメートル。尾羽は長い楔形。尾羽の枚数は14枚。全身の羽衣は黒や黒褐色で、頭頂から頸部を被う羽毛は羽軸に沿って白い斑紋(軸斑)が入る。尾羽は白い。飛翔時には翼後縁部が膨らんで見える。翼は黒や黒褐色。

虹彩は黄色。嘴は大型。嘴や後肢は黄色や橙色。

幼鳥は全身の羽衣が淡褐色で、下面や翼に白い斑紋が入る。尾羽の外縁(羽縁)や先端に褐色の斑紋が入る。

大鷲でもそこまで大きくないもんなぁ。

ちょっと、考えられんけど、色んな事を想定して捜索するのはええ事やと思うんで、そのまま捜索して欲しいもんです。

何にしても、無事に見つかる事を祈っております。

続報

山口県周防大島町で行方不明だった藤本理稀ちゃん(2)の無事を確認 山口県警柳井警察署が保護
無事発見か。 「猛禽類」なんかの話が出てきたから、絶望的やったんやけど、とにかく無事に発見できて良かった。
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント