スポンサーリンク

コープさっぽろが北海道電力に賠償請求へ 大規模停電による食品廃棄で9億6000万円損害 「今回の停電は人災」

スポンサーリンク

「ブラックアウト」になったのは北電の過失もあるけど、泊原発を止める活動してたくせにこんな事よう言うわ(笑)

さすがは共産党とズブズブのコープってとこですな。

そもそも、保険掛けとらんの?

スポンサーリンク

コープ、北海道電力に賠償請求へ 停電で食品廃棄 9億6000万円損害

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010001-doshin-hok
「電源集中でリスク高く」

コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動くのは初めてとみられる。

コープは全道に展開する108店舗や物流センター、加工工場で、地震後に停電し、冷蔵・冷凍庫が使用できなくなった。損害は店舗分だけで約9億円に上るという。

北海道新聞の取材に対し、大見英明理事長は「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」として、北電への賠償請求が必要だと判断した。地震により損傷した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町)への電源の偏りを念頭に、「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」と主張。損害賠償の請求を通じて、電源の分散化を求めるなど電力供給のあり方についても、問題提起したい考えだ。
北電経営陣の責任問題にも

コープ以外でも、停電で深刻な打撃を受けた企業や団体の中には、北電の責任を追及する動きがある。一部の農協では、生乳廃棄などの被害に対し賠償を求める声が上がっているほか、道内に工場を持つ食品関連メーカーも損害額の算定を急いでいる。

ブラックアウトについては、技術的経緯の検証が進んでいるが、コープさっぽろが損害賠償の請求に動くことで、北電の経営陣の責任問題も浮上しそうだ。

「今回の停電は人災ともいえるものだ。その分は、電力会社に責任がある」とか「大規模電力を一極集中させたことで事故リスクが高まった」とか言うてる事には一定程度の説得力があるんやけど、そもそもあんたら…

コープは泊原発を停止させる活動や大間原発建設差し止め訴訟を支援していた

泊原発を今すぐ止めてください!生活クラブ北海道の取り組み|ニュース&トピックス|生活クラブ連合会
生活クラブのニュース&トピックス。生協の食材宅配「生活クラブ」なら安心・安全な食材を配達いたします。
生活クラブ北海道では、5月27日に泊原発の停止を求める要望書を道知事に提出。また、「止めるための方法セレクト10」を考案して発表するなど、生活クラブ北海道の脱原発の活動を紹介します。(脱原発・市民エネルギー委員会発行ニュース「さらむぱ通信」より)

5月27日、要望書を北海道知事宛に申し入れました。

理事 小松真理

「生活クラブ」ってとこがやってる事になってるけど、「生活クラブ」の実態は…

生活クラブ連合会について

生活クラブ連合会は、北海道から兵庫県までの21都道府県で活動する33の会員生協が参加する事業連合生協です。会員生協の合計組合員数は約39万人、そのほとんどが女性です。運送や牛乳工場、自然エネルギー(電力)など、関連・関係会社が11社あります(2018年)。

コープそのものやし、「コープさっぽろ」自体が…

コープさっぽろが「大間原発建設差し止め訴訟」支援金1000万円を函館市に寄付 
コープさっぽろ(本部・札幌市)は9日、「大間原発建設差し止め訴訟」を東京地裁に提訴した函館市を支援するため組合員から集まった支援金1000万円を函館市に寄付した。同日、コープさっぽろの中島則裕専務理…
コープさっぽろ(本部・札幌市)は9日、「大間原発建設差し止め訴訟」を東京地裁に提訴した函館市を支援するため組合員から集まった支援金1000万円を函館市に寄付した。同日、コープさっぽろの中島則裕専務理事が函館市役所を訪れ、目録を工藤寿樹市長に手渡した。市に集まった支援金はこれで約4300万円になった。(写真は、原発に頼らないエネルギー社会実現を目指しているコープさっぽろの本部=札幌市西区)

函館市は、電源開発が青森県大間町に建設を進めている大間原発について、30㎞圏内に入る同市に説明や同意もなく進め、建設後に防災計画や避難計画を策定することを義務付けことは承認できないとして2014年4月3日に国と電源開発を相手に「大間原発建設差し止め訴訟」を東京地裁に起こしている。

コープさっぽろは、原発に頼らないエネルギー社会の実現を求めるため、グループで太陽光発電事業や牛の糞尿や店頭で余った野菜類を使ってバイオ発電などを行っていることから函館市の提訴を支援することを決めている。

大間原発建設差し止めの活動をしてるし、グループで太陽光発電事業や牛の糞尿や店頭で余った野菜類を使ってバイオ発電などをやってるから原発がなくても大丈夫なんやろ?(笑)

その電力はどこに行ったんや?

こういう活動しといて、停電で損害賠償ってのは、どう考えても無理筋ですな。

まぁ、左巻きらしい発想やけど。

何にしても、ブラックアウトが起きたのは北電に過失があるのは認めるけど、泊原発を止めるからこういう歪な電力体型になってるわけで、その原因をつくったコープに損害賠償を請求する権利なんかないって事を理解して欲しいもんです。

コメント

テキストのコピーはできません。