スポンサーリンク

東名「あおり運転」 石橋和歩被告(26)が初めて謝罪 「申し訳ないことをした」 涙ぐむ場面も

スポンサーリンク

減刑させる為に弁護士に言わされてるんやろうけど、そういう演技もできる奴やったんやな。

顔からして知恵遅れっぽいから、そういう事はできんと思ってた。

スポンサーリンク

あおり運転 石橋和歩被告が謝罪「申し訳ない」 初の被告人質問

あおり事故「申し訳ない」 東名夫婦死亡、初の被告人質問(産経新聞) - Yahoo!ニュース
神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)の裁判員裁判の第3回公判が5日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であった。

この日は初めての被告人質問が行われ、石橋被告は「こういう事件を起こして申し訳ないことをした。本当にすいませんでした」と謝罪した。

石橋被告は3日の初公判時と4日の第2回公判時と同じ上下黒のジャージー姿で出廷。手に茶色のタオルハンカチを持ちながら被告人質問に臨んだ。

石橋被告は弁護側の被告人質問で、車を現場直前のパーキングエリア内の通路に止め、たばこを吸っていたところを亡くなった萩山嘉久(よしひさ)さん=当時(45)=に「邪魔だ」と注意されたことから「カチンときて、文句を言おうと追いかけた」と話した。高速道路で一家の車を追いかけ始めた直後に後方からパッシングしたことについて「何のためか」と問われると「止まれっちゅうことです」と説明した。

また、追い越し車線上に停車させた際「追突されるとは思わなかったか」との質問に対しては「その時は思わなかった」。降車後、後部座席の嘉久さんの胸ぐら付近をつかみながら「道路に投げてやろうか」と引っ張った行為については「多分そのときの勢いでつかんだと思う」と話した。

一方、暴行行為を止めたきっかけについては「(同乗女性に)『子供がおるけんやめとき』といわれたから」と話し「子供を巻き込んだりしたら悪いと思った。子供がいると知ってたらやらなかったです」と約45秒間、目元をハンカチで押さえていた。

一方、検察側の被告人質問で「高速道路で車を停車させることは危険な行為だと思うか」と問われると「今は思います」と応答。事件後の運転については「安全運転したりしよったと思います」と話した。

起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、走行中の萩山嘉久さん一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、嘉久さんと妻の友香さん=同(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたなどとしている。

映像ニュースはコチラ

東名高速「あおり運転」裁判、石橋被告「申し訳ありません」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
去年6月、東名高速で「あおり運転」によって夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷な - Yahoo!ニュース(TBS系(JNN))

謝罪だけやなくて…

子供の事を聞かれて石橋和歩被告が涙ぐむ場面も

涙ぐんで見せたりもできるんやからなぁ。

暴力ゴリラかと思ってたけど、この程度の事はできるようで。

ただなぁ、こうやって反省したふりをして見せても…

石橋和歩被告は産経新聞に30万円を要求しJNNの記者に「ぶっ殺そうと思った」と発言

石橋和歩被告(26)が産経新聞に「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」と手紙を送っていた
3日から石橋和歩の初公判が始まるんやけど、「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」なんて手紙を書いてるようじゃ微塵も反省しとらんわけですな。 危険運転が認められるのは難しいようやけど、何としてでも有期懲役の上限の懲...
東名夫婦死亡事故から1年 JNNが石橋和歩被告に面会 「俺のこと報じたやろ。こいつ、ぶっ殺そうと思った」
ここに来て「ぶっ殺そうと思った」って言える神経に驚くな。 全然反省してないっていうか、見た目からしても感じるけど、知的障害か発達障害があるんかもしれん。

事件後にこういう事が報じられてるわけで、微塵も反省してないは明らか。

法廷戦術として、「反省したふり」をさせてるだけなんですな。

まぁ、演技ができるだけの知能があるのには驚いたけど。

石橋和歩被告は事件後の運転について「安全運転したりしよったと思います」と話す

検察側の被告人質問で「高速道路で車を停車させることは危険な行為だと思うか」と問われると「今は思います」と応答。事件後の運転については「安全運転したりしよったと思います」と話した。

こういう嘘を平気でつくんやから、謝罪と嘘泣きの演技も意味ないんやけどな。

何せ石橋和歩は、この東名の事故後も…

東名事故の2か月後にも「あおり運転」│TBS NEWS【現場から、】なくせ!危険運転
今年6月、東名高速道路で起きた夫婦死亡事故。私たちは独自の取材でいち早く報じ、継続した取材・報道を続けてきました。そこで、私たちJNNでは「危険運転」の実態を改めて取材し、痛ましい事故が二度と起きないよう解決策を考えるシリーズをはじめました。
そして8日、新たな事実がわかりました。石橋被告は東名の事故から2か月後の今年8月にも、危険な運転による事件を起こしていたのです。

「こちらの道路制限速度は70キロ、ここで石橋被告は無理やり、男性が運転する車を停車させたということです」(記者)

現場は山口県山口市にある片側二車線の国道でした。石橋被告は、東名の事故で自分の車が大破したためか、このときはレンタカーに乗っていました。8月21日午後0時半ごろ、石橋被告は40代の男性が運転するワゴン車を追い抜いて前方に入りますが、直後に減速。危ないと思った男性は、クラクションを鳴らします。ところが、怒った石橋被告はさらに危険な運転をエスカレートさせていきました。ワゴン車を後ろからあおったり・・・。前に割りこんだりして、ワゴン車をあわせて3回も無理やり停車させたのです。

最後には、男性のそばに寄り、こう怒鳴りつけたといいます。

「降りて来い」
「出て来い」

男性はここで110番通報しました。警察は、この件についても捜査を進め、強要未遂の疑いで横浜地検に追送致しました。

2ヶ月後も同じ事をやってるんやから。

こんなクズを生かしておく意味がさっぱり分からん。

何にしても、これは車での「事故」やなくて、明らかに「殺人事件」なんで、今からでも殺人として起訴し直して、殺処分させて欲しいもんです。

コメント

テキストのコピーはできません。