スポンサーリンク

生後8ヶ月の長女に重度の凍傷を負わせた上久保明日香被告(25)に懲役2年の実刑判決 日常的に虐待し頭蓋骨骨折なども

スポンサーリンク

執行猶予がつかんかったのは良かったけど、左足の指を切断する凍傷を負わせたのに懲役2年ですか。

まぁ、虐待して死なせても懲役7年が相場やから、死なんかったらこんなもんなんやろうけど、ほんまこの国は子供の命が軽いな。

スポンサーリンク

乳児トイレ放置 重度の凍傷 母親の上久保明日香被告(25)に実刑 埼玉

乳児トイレ放置・凍傷、25歳母親に実刑 埼玉(産経新聞) - Yahoo!ニュース
埼玉県草加市の自宅で1月、生後8カ月の長女を真冬のトイレに長時間放置し凍傷を負わ - Yahoo!ニュース(産経新聞)
埼玉県草加市の自宅で1月、生後8カ月の長女を真冬のトイレに長時間放置し凍傷を負わせたなどとして、保護責任者遺棄致傷と傷害罪に問われた無職で母親の上久保明日香被告(25)の判決公判が5日、さいたま地裁越谷支部で開かれた。杉田薫裁判官は上久保被告に懲役2年(求刑懲役3年)を言い渡した。

杉田裁判官は判決理由で、トイレでの長時間放置について「被害者の生命、身体に危険を生じさせる可能性が高い行為」と指摘した上で「常習的な虐待と見ざるを得ない。被害者の健全な成長に悪影響を及ぼす可能性もある」と断じた。 判決によると、1月13~14日、長女をおむつ姿で自宅のトイレに約20時間放置し、両足に全治2カ月の凍傷を負わせた。さらに昨年11月中旬~今年1月15日、長女の頭を殴るなどの暴行を加え、頭蓋骨骨折など重傷を負わせた。

映像ニュースはコチラ

生後8か月の長女をトイレに放置、母親に懲役2年の判決(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
埼玉・草加市で生後8か月の長女を自宅のトイレに放置するなどして罪に問われた母親に - Yahoo!ニュース(TBS系(JNN))

上久保明日香容疑者の自宅アパート

現場は前にも書いたけど…

生後8ヶ月の長女をレジ袋に入れトイレに20時間放置した上久保明日香容疑者(24)を逮捕 草加市新栄1丁目の新栄ハイム
真冬に8ヶ月の乳児をレジ袋に入れてトイレに放置できる神経が分からん。 20時間も放置すりゃ、そりゃ壊死もするわな。

この画像から…

埼玉県草加市新栄1丁目2-9の新栄ハイム。

それにしても、生後8ヶ月の赤ちゃんをレジ袋に入れて、最低気温が氷点下1.2℃の日にトイレに20時間も放置して、何で懲役2年なんやろね。

左足の指を切断したってのも酷いけど、死んでても不思議やないわけで、どう考えても「殺人未遂」やん。

それが、親が子供にしたってだけで「保護責任者遺棄致傷」っちゅう軽い罪に置き換わる。

卑属殺人

子殺し - Wikipedia
日本

日本では、平安時代の『今昔物語集』に既に堕胎に関する記載が見られるが、堕胎と「間引き」即ち「子殺し」が最も盛んだったのは江戸時代である。関東地方と東北地方では農民階級の貧困が原因で「間引き」が特に盛んに行われ、都市では工商階級の風俗退廃による不義密通の横行が主な原因で行われた。また小禄の武士階級でも行われた。 江戸幕府や諸藩は繰り返し堕胎と子殺し・間引きを非難したが、罰せられる事は希であり、大人の殺人と同等に扱われた例もない。

「孝」を重視する儒教の影響が強かった日本では、「子は親の所有物」という考え方が根深く存在していた。仏教や神道は出産に関わる事を禁忌としており、胎児や新生児に関して語る事は無かった。また、赤ん坊は初宮参りという通過儀礼を済ませる事によって産褥が終了し、人間社会の一員になるという一般認識があった。乳児死亡率の高かった当時、「七歳までは神のうち」という言葉が伝えられる地域があるように、子供を正式な人間と扱うようになる期間には地域によって違いがあった。

1908年制定の日本の明治刑法においては、子が親を殺す犯罪には尊属殺人罪という特例が適用され、通常の殺人罪よりも極めて重い死刑又は無期懲役が課せられていたが、親が子を殺す犯罪には傷害致死罪が適用され、通常の殺人罪よりもむしろ軽い罪となることが多かった。これは、子の行動や法律行為を否応なしに制限できる「親権」や懲戒権を利用し、「お仕置き」と称して激しい折檻で死に追いやったとしても、折檻時に殺意を持っていたかを判断するのは不可能であり、結果として「行き過ぎた懲戒権の行使」として、殺意を持っていたとは見なされない為である。

家父長制が否定された第二次大戦後においても、尊属殺人罪は変わらず運用され続けた。1973年4月4日には尊属殺人罪を違憲とする最高裁判決が出されたものの、その内容は「尊属殺人罪そのものは合憲ながら、その量刑の程度が重すぎるために違憲」というものであり、条文そのものも1995年に刑法が改定されるまで残り続けた。

1995年の刑法改正以降は親であろうが子供であろうが通常の殺人罪と同様の規定になったが、実際の運用においては、子殺しの量刑が相変わらず軽くなる判例が多い。又、子供に対する「卑属」という呼称も撤廃されていない。

一応、法的には「卑属殺人」ってもんはなくなったけど、まだまだ日本の司法はこの考え方に支配されてるんですな。

そりゃ、「虐待」がなくならんのも無理ないわ。

何にしても、「少子化、少子化」ってうるさいくせに、せっかく生まれてきた子供を傷つけたり、殺しても、軽い罪で済ませる。

少子化対策を言うなら、まず子供の命を守る事を最優先にして、子供に危害を加えたら厳しく罰するようにして欲しいもんですな。

関連記事

上久保明日香容疑者(24)の顔画像公開 生後8ヶ月の長女は重度の凍傷を負い左足の指を切断
20ヶ所の骨折は治るやろうけど、切断された足の指はなぁ。 まぁ、今は良い義指があるから目立たんようにはできるやろうけど、生後8ヶ月で母親にこんなハンデを背負わされるってのが、何とも不憫ですな。

コメント

テキストのコピーはできません。