日本初の夫婦喧嘩| 日本神話(古事記)5

シェアする

それでは前回の続き。

辛抱たまらんようになったイザナギは黄泉の国へ行って…

イザナギ
「おぉ~い!!愛しのイザナミ~戻って来てくれぇ~」

なんか捨てられた男が追っかけて来たみたいやな。
(^m^) プププ

けど、イザナミは姿を見せんと戸口から…

イザナミ
「来てくれたんは嬉しいんやけど、チョット遅かったわ。ウチなぁ、もう黄泉の国の食べ物を食べてもうてん」
イザナギ
「なっ、なんやてぇ~!!」

黄泉の国の食べ物を食べたら現世には戻られへんねんなぁ。

イザナミ
「でもな、ウチもアンタと一緒に帰りたいから聞いてみるわ。チョット待っといて」
イザナギ
「おぉ、頼むわ」
イザナミ
「そんで一つだけ約束して欲しいんやけど、聞いてくれへん?」
イザナギ
「なんや?」
イザナミ
「今から黄泉の国の神さまに相談してくるから、その間絶対ウチの姿見んといて欲しいねん」
イザナギ
「分かった。チャッチャと聞いてきてや」

見るなと言われりゃ、見たくなるのが人情。

しかも一向に戻ってくる気配がないとなると…

覗くわな。
|_ ̄))ソォーッ

そしたら…

あの美しいイザナミに蛆虫はわいてるわ、頭からは大きな雷、胸には火の雷、腹には黒い雷、陰部には裂けるような雷、左手には若い雷、右手には土の雷、左足には鳴る雷、右足には跳ねる雷…

って、雷だらけやんけ。お前はラムちゃんかっ

それを見たイザナギはビビッて逃げ出すんやな。

イザナギ
「うっ!!うわぁ~!!」
イザナミ
「見ぃたぁなぁ~!!」

百年の恋も冷めるちゅうか…

終わった恋に幻想を抱くとこうなるっちゅうこっちゃ。

イザナギ
「おっ!!お前なんか嫁でも何でもないわ!!」

ついさっきまでは、死んでるのにも関わらず会いたかったくせに「見た目」が変わっただけでこの豹変ぶり…

ある意味男らしいわ。
( ̄ー+ ̄)ニヤリ

イザナミ
「なんやてぇ!!アンタ!ウチに恥かかしたな!!」

ちゅうて、1500もの化け物を動員して追いかけるねんな。

女を怒らせると恐い…

今日はここまで。


知っておきたい日本の神話


にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

フォローする