日本神話

スポンサーリンク
日本神話

天孫の結婚|日本神話(古事記)21

それでは、前回の続き。 宮殿も出来て、一段落するとニニギは、アメノウズメに… まぁ、結婚しろってことなんやろな。 それで、天皇家ゆかりの神社で神楽を行う女性を猿女の君と呼ぶようになったとさ。 ...
日本神話

天孫の子?|日本神話(古事記)22

それでは、前回の続き。 寿命が出来たとはいえ、とにかく結婚したニニギ。 神様も新婚初夜を迎えるわけで… チョメチョメをした翌日、コノハナノサクヤヒメが… 「俺の子か?」は...
日本神話

海幸彦山幸彦|日本神話(古事記)23

それでは、前回の続き。 3人の男の子が生まれ、ホデリはウミサチヒコ(海幸彦:漁師)となり、大小様々な魚をとり、ホオリはヤマサチヒコ(山幸彦:猟師)となり、大小様々な獣をとるようになっていた。 毎日同じ仕事をしてると、飽きて...
日本神話

ホオリの結婚|日本神話(古事記)24

それでは、前回の続き。 シオツチの船でワタツミの宮殿まで来たヤマサチ(ホオリ)。 シオツチに言われた通り桂の木の上に登って座ってると、ワタツミの娘トヨタマ(豊玉比売)侍女が、かめを持って井戸の水をくみにやってきた。 ...
日本神話

ヤマサチ(ホオリ)の逆襲|日本神話(古事記)25

それでは、前回の続き。 3年の月日が流れ、ヤマサチ(ホオリ)は突然ふさぎ込む。 トヨタマが訳を聞いても、ため息ばかりのヤマサチ。 気になったトヨタマは、父ワタツミに相談に行く。 ...
日本神話

天皇家はサメの子孫?|日本神話(古事記)26

それでは、前回の続き。 ウミサチ(ホデリ)とヤマサチ(ホオリ)の争いが終わって、しばらくするとトヨタマがやってきて… 急いで産屋を造り、その中に入ろうとした時にトヨタマが… ...
日本神話

日本神話は世界で唯一で今も生き続けてる神話 古事記 日本書紀

日本神話は、世界で唯一で今も生き続けてる神話…な、今日この頃。 (=⌒ー⌒=) 世界に色んな神話があるけど、完全に「読み物」の世界になっとる。 日本神話の世界は、天皇であったり、神社であったり、文化、風習として、今でも...