スポンサーリンク

青森県八戸市の小6女児切りつけ事件で14歳の男子中学生を逮捕 「カッターナイフで殺すつもりだった」

八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕
スポンサーリンク

早い逮捕で良かったけど犯人は14歳ですか。

こんな事をする奴を「少年法」で守る意味が分からんけど、14歳じゃ新聞もTVもあんまり報道せんようになるわけで、小6女児も亡くなってないから週刊誌もどこまで追っかけるか分からんな。

ほんま、「少年法」は廃止するべきですわ。

スポンサーリンク

八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕

女児切りつけ “殺すつもり”14歳少年逮捕(19/11/13)
八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
青森県八戸市の路上で小学生の女児が首を切られて負傷した事件で、青森県警は12日、同市に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。県警によると、少年は容疑を認め、「殺すつもりだった」との趣旨の - Yahoo!ニュース(毎日新聞)
青森県八戸市の路上で小学生の女児が首を切られて負傷した事件で、青森県警は12日、同市に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。県警によると、少年は容疑を認め、「殺すつもりだった」との趣旨の供述をしているという。

逮捕容疑は、12日午後4時40分ごろ、同市新井田西の路上で、小学校高学年の女児の首を刃物で切りつけ、殺害しようとしたとしている。女児はのど付近を深さ最大1センチ、長さ約10センチにわたり切られており3週間のけが。搬送先の病院で治療を受けている。

県警によると、女児は「(少年のことは)知らなかった」と話している。2人に面識がなかった可能性もあり、県警は経緯を慎重に調べている。凶器とみられるカッターナイフが少年の関係先から見つかっており、県警はこのナイフを含む数本を押収した。

事件当時、女児は下校途中に無言で襲われたという。女児は自分で帰宅し、家族に被害を伝えて発覚した。県警が付近の防犯カメラの映像を調べた結果、事件があった時間帯に女児の証言と服装などが一致し、少年と似た人物が映っていたという。

映像ニュースはコチラ

青森・八戸市で女児切りつけ、14歳少年を逮捕(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
12日夕方、青森県八戸市で小学生の女の子が見知らぬ男に刃物で切りつけられ、けがをした事件で、青森県警は八戸市内に住む14歳の男子中学生を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、八戸市内に住む - Yahoo!ニュース(TBS系(JNN))

八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕

現場は事件があった時に特定したんやけど

青森県八戸市新井田西1丁目の「木の実園」前の路上で小6女児が見知らぬ男に首を切られる 意識はあり会話も可能
下校中に見知らぬ男にいきなり首を切られるとか怖すぎるわな。意識があり会話も可能って事やから皮一枚切られただけで済んだんやろうけど、ほんま不幸中の幸いですわ。何で切ったか分からんけど、首だけに一歩間違えたら大惨事になってたとこですな。

犯人が14歳少年って事で少年の自宅すら報道されんわけですな。

連行された八戸署でも

少年が連行された八戸署

ブルーシートで徹底ガードしてるし。

14歳とはいえこんな凶悪犯に更生の余地はないわけで、ここまでして守らなあかんもんかね。

切りつけられた小6女児は

小6女児はのどに深さ最大1センチ長さ約10センチの全治3週間のけが

小6女児はのどに深さ最大1センチ長さ約10センチの全治3週間のけが

のどに深さ1センチ、長さ10センチで全治3週間のけがを負ってるのに。

ここまでのきずやから治っても傷跡が残るやろな。

女の子ののどにそんな傷跡が残ったら…

小6女児はこの先もずっと悩まされる事になるのに、相手が14歳ってだけで徹底的に守られる。

守られるべきは小6女児のはずやのにな。

警察は複数本のカッターナイフを押収し凶器の特定を急ぐ

警察は複数本のカッターナイフを押収し凶器の特定を急ぐ

警察がカッターナイフを複数本押収したって事やけど、カッターナイフを複数本持って、それを使ってこんな事をするような奴に更生の余地なんかないって。

少年には「可塑性」があるって事で、いくらでも更生する可能性があるって事で「少年法」とやらで守ってるけど、「酒鬼薔薇」の例もあるようにここまでやれるような奴は大人になっても変わらんって。

加害少年は報道もされず、ほとぼりが冷めたら普通に暮らせるのに、被害女児は一生傷跡と向き合わなあかん。

こんな不公平があってええんかね。

そもそも「少年法」は戦災孤児が不憫やからって事で出来た法律なわけで、今の時代にはそぐわん。

何度も議論されてるけど、「少年法」はとっとと廃止するか、凶悪事件に関しては少年法を適用せんようにするべきですな。

年齢を考慮する必要があるなら、「情状酌量」で盛り込めば良い。

大人と同様に犯罪を確定して、裁判で情状酌量するって形にするべき。

とにかく、「少年法」は廃止の方向で議論して欲しいもんです。

殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました