スポンサーリンク

工藤達人容疑者(49)を逮捕 覚醒剤事件の家宅捜索から逃げ札幌市のマンション「ライオンズマンション山鼻19条」に立てこもる

工藤達人容疑者(49)を逮捕 覚醒剤事件の家宅捜索から逃げ札幌市のマンション「ライオンズマンション山鼻19条」に立てこもる

覚醒剤の家宅捜索で逃走しての立てこもりでSIT投入って人質でもおったんやろか?

人質がおらんのなら家宅捜索に入った警官が突入すりゃ済む話やのになぁ。

近隣住民に危害が及ぶ可能性を考えたか?

スポンサーリンク

覚醒剤事件の家宅捜索中に逃走し立てこもった工藤達人容疑者を逮捕

まるで映画・・・“特殊班”突入 立てこもり男を逮捕(20/07/01)
空き部屋に男立てこもり 覚醒剤事件捜査で、北海道:イザ!
1日午前4時ごろ、札幌市中央区南19条西のマンション一室で、北海道警の捜査員が覚醒剤取締法違反の疑いで家宅捜索に入ろうとしたところ、住人の男がベランダ伝いに逃走…
1日午前4時ごろ、札幌市中央区南19条西のマンション一室で、北海道警の捜査員が覚醒剤取締法違反の疑いで家宅捜索に入ろうとしたところ、住人の男がベランダ伝いに逃走し2つ隣の部屋に立てこもった。男は説得に応じず、約4時間後に突入した捜査員に住居侵入の疑いで逮捕された。けが人はなかった。

道警によると、逮捕されたのは飲食店経営の工藤達人容疑者(49)。「部屋に侵入したことは間違いない」と話しているという。

逮捕容疑は、札幌市中央区のマンションの空き部屋に侵入したとしている。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

工藤達人容疑者(49)を逮捕 覚醒剤事件の家宅捜索から逃げ札幌市のマンション「ライオンズマンション山鼻19条」に立てこもる

覚醒剤の家宅捜索で逃げるってのが往生際が悪いけど、更に空き部屋に侵入して立てこもるって、どこまでもろくでもない奴ですな。

まぁ、シャブ中なんかそんなもんか。

スポンサーリンク

現場は札幌市中央区南19条の「ライオンズマンション山鼻19条」

現場は

北海道札幌市中央区南19条西7丁目3−5の「ライオンズマンション山鼻19条」と。

ライオンズマンション山鼻19条の住宅情報

https://www.homes.co.jp/archive/b-35417717/

このライオンズマンション山鼻19条に工藤達人が立てこもって

スポンサーリンク

特殊犯罪捜査係「SIT」が突入し工藤達人容疑者を現行犯逮捕

特殊犯罪捜査係「SIT」が突入し工藤達人容疑者を現行犯逮捕

SITが突入して工藤達人を現行犯逮捕したわけやけど、これってSITを投入せなあかんような事件なんかね。

覚せい剤の家宅捜索してた警官で間に合うと思うんやけど。

スポンサーリンク

特殊事件捜査係(SIT)

特殊事件捜査係(SIT)

特殊事件捜査係 - Wikipedia
特殊事件捜査係(とくしゅじけんそうさかかり)は、日本の警察の刑事部に設置されている部署のひとつ。高度な科学知識・捜査技術に精通し、誘拐・ハイジャックなど人質がいる事件や大規模な業務上過失事件、爆破事件などに対処する。刑事警察の捜査員(刑事)による組織であるが、このような所掌をもつことから、人質救出作戦部隊としての側面もある[3]。

警視庁及び道府県警察本部の刑事部捜査第一課に設置されており、警察庁では「特殊事件捜査係」と総称しているが[1]、実際の部署名は、特殊犯捜査係や特殊事件係、特殊犯捜査班、特殊犯事件対策室など、各警察本部によって異なっている。また通称名についても、警視庁ではSIT(Special Investigation Team)、大阪府警察ではMAAT(Martial Arts Attack Team)など、非常に多彩になっている。

来歴
昭和40年代の日本では、科学技術の進歩や高度経済成長に伴う生活・行動様式や価値観の変化に伴って、新たなタイプの犯罪が問題となっていた。従来は考えられなかったような大型犯罪の発生や、犯罪の広域化・スピード化、爆発物や銃火器を使用した凶悪犯罪や、大量輸送機関に関連した事件事故などがそれであった。

そしてまた、1963年の吉展ちゃん誘拐殺人事件は、刑事警察に対して深刻な教訓となっていた。この事件では、最終的に犯人の検挙にこぎつけたことで対外的な面目は保たれたものの、警察側の体制不備のために身代金を奪われ、現場での犯人確保にも失敗し、そして人質の救出も果たせなかったことで、警視庁上層部は深刻な問題意識を抱いていた。

この状況に対し、1964年4月1日、警視庁刑事部では捜査第一課に特殊犯捜査係を設置した。また警察庁でも、吉展ちゃん誘拐殺人事件の教訓を踏まえて、昭和45年度に「刑事警察刷新強化対策要綱」を策定し、捜査体制の抜本的な強化を打ち出した。この一環として、同年より各警察本部への特殊事件捜査係の設置が図られることになり、1981年3月までに全ての道府県警察本部に設置された。

人質がおるならSITの出番やけど、空き部屋やからなぁ。

突入する段階では空き部屋って事が確認出来とらんかったんやろか?

それとも人質関係なく立てこもりにはSITって事になってるん?

まぁ、ケガ人が出てないから、どっちでもええけど。

Twitterの反応

何にしても、シャブ中の犯人はご多分に漏れず往生際が悪いけど、警察に取り囲まれた時点でどうにもならんので落としくして欲しいもんですな。

罪も重くなるんやし。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 知り合いだぁ。ついこないだ、
    出てきたばっかりだったのに。

  2. 経営者じゃないし
    すすきの橘の息子さん

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました