「第一三共」の研究員・吉田佳右を殺人で逮捕 大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」で妻の吉田容子さんにメタノールを飲ませ殺害

「第一三共」の研究員・吉田佳右を殺人で逮捕 大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」で妻にメタノールを飲ませ殺害

吉田佳右が妻にメタノールを飲ませて殺したって事やけど、第一三共の研究員やのにメタノールみたいなすぐバレるもんを選ぶんやろか?

薬学の知識が豊富なんやから、もっとバレにくいもんを選ぶような気がするんやけど…

スポンサーリンク

メタノール飲ませ妻殺害容疑 吉田佳右容疑者を逮捕

「嫁に殺意抱いたことない」メタノール飲ませ妻殺害容疑 夫が否認(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 東京都大田区の自宅マンションで今年1月、同居する妻に有毒のメタノールを摂取させて殺害したとして、警視庁捜査1課は16日、同区西馬込1の会社員、吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)を殺人容疑で逮捕した
東京都大田区の自宅マンションで今年1月、同居する妻に有毒のメタノールを摂取させて殺害したとして、警視庁捜査1課は16日、同区西馬込1の会社員、吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)を殺人容疑で逮捕した。吉田容疑者は製薬大手「第一三共」の研究職社員。捜査1課は飲食物に混ぜて摂取させたとみており、メタノールの入手先や動機について慎重に調べる。

逮捕容疑は1月14日から16日ごろまでの間に、自宅で妻容子さん(当時40歳)にメタノールを何らかの方法で摂取させ、16日午前に急性メタノール中毒により殺害したとしている。吉田容疑者は「嫁に殺意を抱いたことはなく、家にメタノールを持ち込んだことはありません」と容疑を否認している。

捜査1課によると、吉田容疑者は1月16日午前7時45分ごろ、容子さんが寝室で意識がない状態で倒れているとして119番した。通報時には「1月15日朝から妻の体調が悪く、様子を見ていたら自室内で意識のない状態で倒れている妻を発見した」と説明したという。容子さんは病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。遺体を解剖したところ、体内から致死量を上回るメタノールが検出され、死因は急性メタノール中毒だった。

捜査1課は、何者かが容子さんに摂取させた疑いがあるとみて捜査を開始。容子さんが自らメタノールを飲む理由が見当たらないことや、自宅マンションの出入り状況などから吉田容疑者以外の第三者が関与した可能性はないと判断し、逮捕に踏み切った。

映像ニュースはコチラ

メタノールを飲ませ妻殺害か…製薬会社研究員の夫「持ち込んでいません」(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース
今年1月、東京・大田区の自宅で、妻にメタノールを飲ませ中毒死させたとして、警視庁は殺人の疑いで製薬会社の研究員の夫を逮捕しました。 警視庁によりますと、製薬会社「第一三共」の研究員・吉田佳右容疑者

「第一三共」の研究員・吉田佳右を殺人で逮捕 大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」で妻の吉田容子さんにメタノールを飲ませ殺害

部屋に侵入者がおらん、奥さんに自殺する理由がないって事で吉田佳右がメタノールを飲ませたって事になってるけど、誤飲する可能性もあるわけで、これだけで犯人と決めつけるのってどうなんやろね。

メタノールなんか薬局で買えるし、そもそも、薬学の知識がある人間がメタノールで殺害ってのが引っかかる。

誤飲とかの事故やなくて殺人やとしたら、犯人は吉田佳右しかおらんやろうけど。

スポンサーリンク

現場は大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」

現場は

現場は大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」
現場は大田区西馬込1丁目の「パークホームズ西馬込クリアコート」

これらの画像から

東京都大田区西馬込1丁目4-7の「パークホームズ西馬込クリアコート」と。

パークホームズ西馬込クリアコートの住宅情報

【ホームズ】パークホームズ西馬込クリアコート(大田区)の賃貸・中古情報
パークホームズ西馬込クリアコート(大田区西馬込1丁目)の建物情報。間取り図や写真、家賃・価格・口コミや、建物内に賃貸や中古マンションの空室・売出し情報があるか確認できます。【不動産アーカイブ】なら日本全国にある250万棟以上の建物から住まいを探すことができます。

ここで吉田佳右が奥さんの吉田容子さんにメタノールを飲ませて殺害したわけやけど…

スポンサーリンク

吉田佳右容疑者「殺意を抱いたことはない」

吉田佳右容疑者「殺意を抱いたことはない」

「殺意を抱いたことはないし、メタノールなんか持ち込んでいません」と容疑を否認と。

吉田佳右は第一三共の研究員で

第一三共に同期入社の妻を殺害し病死偽装…容疑の夫は、痛みをやわらげる研究中(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 妻に毒性のある「メタノール」を摂取させて殺害した疑いが強まったとして逮捕された製薬大手「第一三共」研究員の吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)は16日朝、自宅で逮捕状を執行され、捜査車両で警視庁池上
知人らによると、北海道大大学院を修了後、2007年4月に第一三共に入社し、研究員として新薬の開発を担当していた。

仕事の傍ら、千葉大大学院に通い、15年に博士号を取得。博士論文では、創薬に必要な化学物質を合成する新たな手法についての研究結果をまとめていた。

18年からは2年間、米国の大学に博士研究員(ポスドク)として留学。周囲には「国内、海外と2回も留学させてもらったので、組織に貢献したい」と仕事に意欲を見せていたという。

最近は、痛みをやわらげる研究に当たっていた。勤務態度に問題はなかったが、容子さんの死後は出勤していなかった。

第一三共に入社してたからも千葉大の大学院に通ってるほどの熱心な研究員で、最近は痛みをやわらげる研究をしてたんやったら、メタノールなんか選ばんと、もっとバレにくいもんを使うと思うんやけどなぁ。

逮捕の決め手が他にあるんやろか?

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、吉田佳右が犯人ならあまりにも杜撰でとても研究員とは思えんので、何でこうなったんか詳しい話が知りたいもんです。





17LIVE

#17LIVE
#PR



17LIVE

#17LIVE
#PR

殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました