スポンサーリンク

野崎幸助さん変死事件で妻の早貴さんがFRIDAYに独占告白 「おいしい話なのに私がやるはずない」

殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク

この状況で「おいしい」って言えるとこが何とも言えん。

オツムは相当弱そうやけど、これで金が目的なのは明らかになったわけですな。

「紀州のドン・ファン」怪死事件 渦中の新妻Sさんが独占告白!

「紀州のドン・ファン」怪死事件 渦中の新妻Sさんが独占告白!(FRIDAY) - Yahoo!ニュース
「警察の聴取はもう7回も受けています。(和歌山県警)田辺署に呼ばれたのが3回、家や - Yahoo!ニュース(FRIDAY)
「警察の聴取はもう7回も受けています。(和歌山県警)田辺署に呼ばれたのが3回、家や社長(野崎氏)が経営する会社の捜索に立ち会ったのが4回。携帯も2度取り上げられたし、6月に入ってからは私の東京の家も家宅捜索されて……。警察が私を疑っているのは間違いありません。事情聴取の際にはっきりと、『殺人容疑として捜査しています。家にいたのはあなたと家政婦だけなんだから疑うのは当然でしょ』と言われましたから。でも、私は絶対にやっていません」

「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)が亡くなってから、2週間。これまで沈黙を貫いてきた55歳年下の新妻・Sさん(22)は、静かな口調でそう語り始めた。

「事情聴取は同じ質問ばかりです。亡くなった日の私の行動や遺体発見の状況などを細かく細かく聞かれる。つらかったのは、亡くなってから1週間後に、13時間拘束され取り調べを受けたとき。『ウソ発見器』にかけられたんです。心拍数を測るようなテープを手首や足首に貼られて、『質問にはすべて『いいえ』で答えてください』と。『(覚醒剤を)食べ物に混ぜましたか』『風邪薬として飲ませましたか』と、とにかく覚醒剤に関する質問をしつこく聞かれました」

野崎氏が亡くなった5月24日、Sさんは昼頃に起きた後、夕方から夫と2階の寝室で相撲中継を見ていた。相撲中継が終わった18時頃に1階のリビングへ降り、ともに食事。その際、野崎氏は「食欲がない」と語り、自らビールをグラスについで飲んでいたという。その後、野崎氏は一人で寝室へ。そして、Sさんが22時半頃に2階に上がると、野崎氏が全裸で死亡していた。

「私も、当日一緒にいたお手伝いさんも絶対に殺していません。社長も絶対に覚醒剤をやる人ではありません。愛犬のイブちゃんが5月上旬に亡くなってから、社長は『私も死にたい』と言い出すようになりましたが、私が『そんな気ないでしょ』と言ったら『Sさんがいてくれるなら』と答えていました。自殺はないと思います。田辺の家はセキュリティが甘いので、もしかしたら誰かが何かを仕込んだのかもしれませんし……真相は本当にわからないんです」

「私も、当日一緒にいたお手伝いさんも絶対に殺していません。社長も絶対に覚醒剤をやる人ではありません」って言うてるけど、要約すると「私も家政婦もやってない。でも社長は殺された」って言うとるわけで、殺されたのなら犯人はどっちかでしかないんやけど。

動機についても…

「お得な話なのに、私が殺すはずない」野崎さん55歳年下妻が激白

急死した資産家の妻が激白 警察の聴取7回、髪の毛は100本提出 - ライブドアニュース
「沈黙していた妻が、自らが捜査対象になっている心境を語りました」と、司会の羽鳥慎一が和歌山県の資産家、野崎幸助氏(77)の怪死事件の新しい動きを伝えた。55歳年下の妻(22)は警察の聴取を7回受けたそうで、
妻への聴取は13時間におよび、はっきりと「殺人容疑として捜査している。疑って当然」と言われたという。携帯電話を2回取り上げられ、ウソ発見器にもかけられた。注射痕がないかの確認や、髪の毛は「100本も」提出させられ、尿も採取されたそうだ。東京の自宅も家宅捜索を受けた。

野崎氏との結婚については、「会ったその日にプロポーズされ、100万円を渡された」「もう一度会ったときに、結婚したら毎月100万円を渡すと言われ、おいしい話だなと思った」とも話している。

「お得な話と思って結婚した私が殺すわけない」「社長(野崎さん)は覚せい剤をやる人ではありません。自殺はないと思います」「自宅はセキュリティーが甘いから、誰かが何かを仕組んだかもしれない」とも話したという。

毎月100万円が「おいしい」って言うてるけど、毎月100万円と一気に何十億円どっちが「おいしい」かは誰が考えても一気に数十億円やからねぇ。

幼児なら1万円札よりも100円玉5枚の方を喜ぶって事もあるけど、20歳超えた人間がそんな「純粋」な心はないやろうし、前回取り上げたように…

野崎幸助さん変死事件 覚醒剤トリックは栄養ドリンクか 妻の須藤早貴さんには素人AV出演疑惑も
発見時は全裸やったって話やから、栄養ドリンクに覚醒剤を混入させてたかもしれんってのは納得するわ。 後は、誰が混入させたかって事になるけど、とりあえず「殺人事件」なのは確定なんやろな。

AVに出演してるし、更には…

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache%3AkJoNVB6T5pMJ%3Ahttps%3A%2F%2Fwww.cityheaven.net%2Ftokyo%2FA1303%2FA130301%2Fshibuya-kagayaki%2Fgirlid-15801070%2F+&cd=10&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safari

デリヘル嬢やった過去もあるわけで、そんな人が毎月100万円と一気に数十億円天秤に掛けたら数十億円を選ぶんちゃう?

しかも、愛犬イブの世話をしてくれる人に遺産を全部渡すって言うたら愛犬イブが変死、更に…

「紀州のドン・ファン」の怪死直前、夫妻の間で別れ話

「紀州のドン・ファン」の怪死直前、夫妻の間で別れ話 野崎さん死因は急性覚せい剤中毒 〈週刊朝日〉
「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の実業家・野崎幸助さん(77)の「怪死」をめぐり、和歌山県警は6日、その死因を「急性覚せい剤中毒」と発表。 だが、野崎さんは覚せい剤を常用していた形跡はなく、...

そして地元の和歌山で本誌は驚くべき新証言を得た。野崎さんと妻、Sさんが最近、別れる、別れないでもめていたことを従業員らが目撃していたのだ。

「最初、Sさんは3月に行う予定だった結婚式をするのは、格好悪いとか言い始め、『するなら別れる』と言い出した。結婚式はとりやめ、社長が月100万円の小遣いやるからとなだめ、元のさやに納まったが、Sさんはモデルの仕事があると東京に戻っては数日、和歌山に滞在し、また戻るという生活を繰り返していた。すると、社長に今度は別の彼女ができたんです。『Sさんより、新しい彼女の方がいいな』と言い出し、別れようかどうか考えはじめていた。そんな時に、急死したのです」(従業員)

離婚話が出たら本人が変死。

状況的には真っ黒なんですけど。

まぁ、腹は相当据わってそうなんで自供する事はなさそうやけど、オツムは相当弱そうなんで矛盾を突っつけばボロが出そうな感じですな。

何にしても、「殺人」を立証するのはかなり難しそうやけど、しっかり追い詰めて欲しいもんです。

関連記事

「紀州のドン・ファン」野崎幸助さん変死事件で妻と家政婦の東京宅など家宅捜索 妻「社長が死んだら、私にはいくら入るの?」
事件発覚当初から嫁が犯人やと思ってたんやけど、家政婦が組んでたとなると、ひょっとすると家政婦が主犯なんかもしれんな。 嫁はんは家政婦が連れてきたコマやったんかもしれん。


FRIDAY(フライデー) 2018年 6/22 号 [雑誌]

コメント