因幡の白兎|日本神話(古事記)13

シェアする




それでは前回の続き。

オオクニヌシには、たくさんの兄弟(八十神:やそがみ)がおったそうな。(何で昔話風やねん)

しかし、全ての神様が身を引いて、オオクニヌシに国を譲ったそうな。

その理由は…

それは、オオクニヌシがまだオオナムヂと呼ばれてる頃のお話。

因幡の国に、それはそれは絶世の美女がおってん。

八十神は、その絶世の美女、ヤガミヒメ(八上比売)を嫁にしたいと思い、会いに行くことにするねんな。

で、八十神は、オオナムヂにたくさんの荷物を背負わせて、家来として連れて行く。

一行が、気多の岬(けたのみさき=鳥取県気多郡の日本海に突き出た岬)に着いた時、そこに毛の全くない裸のウサギが…

ウサギ
「うぅ~(涙)」

。・゚・(ノД`)・゚・。ウォーン

泣いてるウサギを見かけた八十神は…

八十神
「おい、そこのウサギ!! 体が痛いんやったら、海の水を浴びてから、風に吹かれて、高い山の上で寝とったら治まるぞ(笑)」

( ̄ー+ ̄)ニヤリ

ウサギは、言われた通りに寝てたんやけど、痛みがよけいにひどくなるばかり。

当たり前やっちゅうの。

海水の塩が乾いてくるたびに、吹く風が皮膚に刺ささるように痛み、泣きながらウサギが寝てると、そこへ荷物を背負わされてたんで、一行から遅れてたオオナムヂが…

オオナムヂ
「ウサギさん、何で泣いてるん?」

するとウサギは…

ウサギ
「オイラ、隠岐の島(おきのしま)に住んでたんやけど、どうしてもこっちに来たくて…

でも、海を渡る方法がなかったから、サメさんを騙して…」

さて、ウサギは、どうやって騙したのか…

ウサギ
「サメさん、サメさん。」
サメ
「んっ!?どないしたん?」
ウサギ
「サメさんとオイラで、どっちの仲間の数が多いか数えて、競争しようや」
サメ
「ええけど、どうするん?」
ウサギ
「出来るだけようけ仲間呼んで来て、ここから気多の岬まで、一列に並ばせてや

そしたら、オイラが、その上を渡りながら数を数えるわ」

「お前の仲間の数は誰が数えるねん」っちゅう、つっこみも入らず、サメは、ウサギの言う通りに一列に並んだ。

ウサギは、その上をピョンピョンと飛び跳ね、気多の岬の一歩手前で…

ウサギ
「バーカ、バーカ。お前らは騙されたんやぁ」

いちいち、そんなこと言わんでも…

サメ
「何ぉ~!!こうしてくれる!!」

サメは怒って、ウサギの着物を剥いで丸裸に。

と、ウサギはサメとのやりとりを説明し…

ウサギ
「丸裸にされて、困って泣いてたら、さっき通りかかった神様達が、『海水を浴びて、風に吹かれて寝てろ』って教えてくれたから、その通りにしてたら、傷だらけなってもうてん」

ウサギの説明を聞いたオオナムヂは…

オオナムヂ
「そうなんや、それは可哀想に…(兄貴らもめちゃくちゃ言いよるなぁ)」

同情したオオナムヂは…

オオナムヂ
「今すぐに、あの河口に行って、真水で体を洗ったらええわ

それから、その河口に生えている蒲(がま)の花を採って来て、黄色い花粉をまき散らして、その上をゴロゴロ転がってたら治るで」


ウサギが、教えられた通りにやると、傷はすっかり治り、その後「兎神」と呼ばれるようになったそうな。

神様って呼ばれるようなことは、しとらんと思うけど…

すっかり傷が治ったウサギがオオナムヂに…

ウサギ
「先に行った神様達は、ヤガミヒメと結婚出来へんで。あんた、家来のように大きな荷物を背負ってるけど、ヤガミヒメが選ぶのはあんたや」

騙されて、さっきまで泣いてたウサギに言われても、何の説得力もないんですけど…

ちゅうか、何で知っとるねん。

このウサギが、祭られてるのが鳥取県鳥取市にある「白兎神社」

一般的な縁結びでやなくて、特定の人との縁結びの神様なんやと。

意中の人との結縁にご利益があるらしいわ。

オオナムヂの人柄が良かっただけで、ウサギは何もしとらんのに「縁結び」とはこれいかに。

昔の人は、懐が深いっちゅうか、心が広いなぁ。

現代人の発想じゃ、こうはならんやろな。

何にしても、ウサギを助けたオオナムヂは、一行の後を追いかけて行く。

今回はここまで。

何で、オオクニヌシに国を譲ったかの話はまだまだ続く…


出雲王朝の隠された秘密―浮かび上がる古代の神々と国のかたち

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!