東京で奇形生物が増えているらしい

スポンサーリンク

奇形生物が増えている原因は?

東京で奇形生物が増えているらしい…今日この頃
(; ̄□ ̄)ナヌッ?

ソースが東スポなんであれやけど…

動物ジャーナリストが指摘 東京にも「奇形生物」 – 東京スポーツ新聞社
 原発事故の爪痕が東京にも…。動物ジャーナリストの佐藤栄記氏(54)が東京の失われゆく自然の中でもがきながら生きる希少生物などを定点観察したドキュメンタリー映画「PHANTOM オブ PARADISE...


東京では、水生昆虫やトンボやカエルのように水・陸両方の環境を必要とする生物が姿を消しているという。

「河川のような流れが強く深い所ではオタマジャクシやヤゴは定着できない。沼や池などの止水が必要。豊島区が池袋のホテル街に『池袋の森』を造ったりしていますが、もともと生物の多様性のない場所に造ってもダメなのです」

一方、気になる現象もあった。今回の長期観察で佐藤氏が見つけた生物の中に、羽が3枚しかなく飛べないウスバキトンボや、羽がぐちゃぐちゃに丸まって飛べないシオカラトンボ、複眼が陥没して飛べないアキアカネ、背骨が曲がったカダヤシ、片目が欠損したカエルなど奇形生物がいたことだ。

「羽化させた40匹中3匹のトンボが飛べないというのは割合として高い。2014年ごろから目や羽が欠損したり、羽化できずそのまま死んだりしている個体の報告が相次いでいる。放射性物質が地中に蓄積していることが原因の可能性もある」と佐藤氏はみている。

2011年3月、東日本大震災の際、発生した東京電力福島第1原発事故による放射性物質汚染の影響が、東京の生物に及んでいることが考えられるというのだ。

放射性物質が原因ってな話になってるけど、たまたまとちゃう?

片目が欠損したカエルってのも…

これぐらいなら、どこにでもおるやん。

せめて、このカエルの被曝量でも測ってくれてりゃ議論にもなるけど、この写真と「こんな生物がいた」ってコメントだけじゃなぁ。

そうかもしれんし、そうやないかもしれんし、って言うしかないやん(笑)

東京だけに、他の環境汚染の可能性もあるし、何の調査もせんうちに「放射能のせいかも」って言うてると「放射脳」って言われるだけやで(笑)

まぁ、東スポやから許されるんやろうけど、どうせなら被曝量とか、その地域の放射線量とか、その手のデータつきで記事を書いて欲しいもんです。

ちゅうか、こうやって「放射能で危ない」って言うてるのは人間なわけで、一番放射能汚染が酷い福島なんかは…

動物の楽園になってるしな(笑)

チェルノブイリも動物の楽園になってるし、こういうのを見ると、低線量被曝ってのは、思ってるより危険やないんかもしれんな。

実際、まだまだ分かってない事の方が多いんやし。

何にしても、生物にとっては、放射能なんかよりも人間が一番危険なんやって事はよく分かりました。

スポンサーリンク

ぶんぐ瓦版


◆ 外国人乗車 不適切アナウンス


◆ 大家刺殺の女「生きてくのが嫌に」


◆ 恋愛はクビ 徒弟制続ける企業


◆ 殴られ15歳死亡 高校生を逮捕


◆ だんじりに挟まれ死亡 大阪


◆ 国立大 人件費抑制で現場混乱



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

環境問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました