小児歯科医院で虫歯治療後に山口叶愛ちゃん(2)が死亡 唇が紫色になり目の焦点が合わなくっても「よくあること」と放置

シェアする




これは、酷い話やな。

そもそも、2歳児で虫歯ってのもよく分からんけど、まさか歯医者に行って死ぬとは思わんもんなぁ。

院長の対応もたいがいやし。

小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡

小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、 - Yahoo!ニュース(TBS系(JNN))
去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。

死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。

関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態をみて、「よくあることだ」って言える院長が恐ろしいわ。

で、何の医療措置もとってないのに…

大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。

「必要な措置はとったと考えている」って、何もしとらんがな。

よう、そんな事言えたな。

それにしても、2歳児で虫歯ってあるんやな。

2歳児の2割が虫歯を有している

2歳児のむし歯治療│患者様からの質問
当院の患者様から頂いた質問への回答集です
Q.2歳児のむし歯治療
2歳2ヶ月の息子がいるのですが、上の前歯2本の両端が茶色くなってきたました。2歳まで夜中の授乳をしていたのが原因なのでしょうか??はみがきを極端に嫌がる子で、いろんな歯に茶色の点がついてきました。はみがき不足なのでしょうか。甘い物の食べすぎなのでしょうか。

また、すずき歯科小児歯科さんでは2歳ぐらいの子の虫歯の治療はどのようにされているのでしょうか。教えてください。.

A.回答
“息子さんの上顎前歯の着色はむし歯だと思われます。疫学的には、2歳まで夜間授乳をしていた小児の上顎前歯は高い確率でむし歯になります。母乳だけによるむし歯の発生率は明らかではありませんが、2歳児がむし歯を有している割合は2割弱であり、そのほとんどが夜間授乳に関係していると思われます。たとえどんなにお母さまが仕上げ磨きをしていたとしても、よほどのことがない限り例外はありません。

4歳以下の小児のむし歯の発生と歯みがきにはなんの因果関係もないことが科学的に明らかとなっています。すなわちお子さんのむし歯の原因は「歯みがき不足」ではなく、「(かつて続いていた)夜間授乳」と「(現在の)甘いものの食べ過ぎ」です。

2割弱はおるんか。

結構おるもんやな。

ただなぁ、子供の名前が名前だけに色々と想像させるわな。

「キラキラネーム」とやらの末路が悲惨らしい
「キラキラネーム」とやらの末路が悲惨らしい…今日この頃。 ε= (-.- )ハァー 名前だけが原因やない気もするけど… ...

こういう話を取り上げた事もあるし、個人的に「キラキラネーム」とやらは、虐待死やら事故死が多いイメージやし。

何にしても、歯医者でも死亡事故が起るって事は頭に入れて置きたいと思います。


子供の名前が危ない