スポンサーリンク

性的暴行で5度逮捕された渡辺陽太ら慶応大生5人全員を不起訴 いずれも示談が成立か 横浜地裁

スポンサーリンク

渡辺陽太の爺ちゃんが「懲役いったほうがいい」って言うてたのに、結局は金を積んで示談に持ち込んで不起訴ですか。

慶応大生を福沢諭吉が助けるってのが、何とも見事な構図やけど。

それにしても、「強姦罪」から「強制性交等罪」になって、「親告罪」から「非親告罪」になったのにこうなるんやな。

スポンサーリンク

性的乱暴で5度逮捕の渡辺陽太ら全員不起訴 横浜地検

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000602-san-soci
酩酊(めいてい)状態だった女子大生に乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで計5回にわたって逮捕された慶応大2年の男子学生(22)について、横浜地検は25日、不起訴処分にしたと明らかにした。また、共犯として逮捕されていた犯行当時少年で同大1年の男子学生(20)ら3人についても不起訴処分とした。捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという。

慶応大2年の男子学生をめぐっては、昨年9月29日~12月25日までの間、同容疑や強制性交未遂容疑などで神奈川県警に計5回にわたって逮捕されていた。

捜査関係者によると、男性学生らは取り調べに対して「酒を飲んでおり、覚えていない」「合意があったと思う」などと供述していた一方、早い段階で示談が成立していたケースもあり、すでに釈放されていた男子学生もいたという。

映像ニュースはコチラ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190126-00000014-jnn-soci

示談が成立して不起訴ねぇ。

最初からこうなるとは思ってたけど、渡辺陽太の爺ちゃんが…

渡辺陽太容疑者の祖父は「懲役いったほうがいい」と言っていた

渡辺陽太容疑者(22)がミスター慶応に出場するきっかけになった祖父の渡辺元氏が胸中告白 「懲役いったほうがいい」
ヤクザとも繋がりがあって、貧困ビジネスもやってるって噂もあるのに「懲役いったほうがいい」って意外とまともな反応するねんな。 てっきり金積んで示談にして、不起訴に持ち込むもんやと思ってたわ。

「懲役いったほうがいい」「本人が悪い」って言うてたのに、結局は金積んで示談にしてるやん。

何やかんやで、この孫にしてこの祖父ありってか。

まぁ、爺ちゃんが出さんでも親父が出してる可能性もあるし、渡辺陽太自身も…

渡辺陽太は祖父のグループ会社の代表

ミスター慶応ファイナリストの渡辺陽太容疑者(22)を準強制性交で再逮捕 実家は地商総業で渡辺陽太は地商ファクトリー代表
また慶応から強姦魔ですか。 それにしても、ミスター慶応で地元の名士の御曹司でも抑止力にならんのな。 まぁ、この後もみ消すんやろうけど。
業種・建設業許可
とび・土工工事業 許可取得業

対応可能工事種別
とび工事・鳶工事 、ひき工事 、足場等仮設工事 、重量物の揚重運搬配置工事 、鉄骨組立て工事 、コンクリートブロック据付け工事 、杭打ち工事 、杭抜き工事 、場所打ち杭工事 、土工事・土工工事 、掘削工事 、根切り工事 、発破工事 、盛土工事 、コンクリート打設工事 、コンクリート圧送工事 、プレストレストコンクリート工事 、地すべり防止工事 、地盤改良工事 、ボーリンググラウト工事 、土留め工事 、仮締切り工事 、吹付け工事 、道路付属物設置工事 、捨石工事 、外構工事 、はつり工事 、足場工事 、安全施設工事

対応可能エリア
関東
千葉県

資本金
100万円

代表者名
渡邉 陽太

爺ちゃんのグループ会社の代表をやってるから、自ら金を出してるかもしれんけど。

で、示談になって告訴を取り下げたから不起訴って事なんやろうけど、「強姦罪」から「強制性交等罪」になって…

強姦罪か強制性交等罪になり親告罪から非親告罪に

強制性交等罪 - Wikipedia
平成29年改正以前は、強制わいせつ罪、強姦罪、準強制わいせつ罪及び準強姦罪は親告罪であり、被害者(又はその法定代理人等)の告訴がなければ公訴を提起することができなかった(平成29年改正前の刑法180条1項)。これらの犯罪の追及は、社会的評判の失墜などかえって被害者の不利益になることもあったため、訴追するか否かを被害者の意思によることとしたものである。なお、強姦罪は犯人と被害者の間の一定の関係は問わないため、絶対的親告罪に該当していた。

一方、親告罪であることが、かえって被害者の心理的負担となることや、被害者の選択に拠らせることにより、加害者の逆恨みからの復讐の標的となりかねないなどの問題点があるとするのが政府見解であり、被害者のプライバシーなどの厳格な保護は、別途刑事手続き・裁判手続きにおいて対処されるものとし、これらの性犯罪に関し、平成29年改正により非親告罪とした。

親告罪から非親告罪へ

強姦致死罪、強姦致傷罪は、立法当時より、非親告罪であるため、告訴の有無に拘らず公訴を提起することができた。また、集団による強姦行為(輪姦)等は性的倫理感から照らして異常な行為であるとの認識があり、昭和33年改正において既に非親告罪となっていた。

2000年(平成12年)法律第74号の改正により、強姦罪等については6か月の告訴期間が廃止された(刑事訴訟法235条1項)。

2012年(平成24年)憲法学者の辻村みよ子東北大学教授が会長を務める内閣府男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会で、強姦罪を非親告罪化する法改正を求める報告書が取りまとめられた。

2015年(平成27年)8月6日、刑法学者の山口厚東京大学名誉教授が座長を務めて性犯罪の厳罰化を議論してきた法務省性犯罪の罰則に関する検討会でも、被害者の告訴がなくても罪に問えるようにするべきだとの意見が多数であった。

2015年(平成27年)10月9日の法制審議会への改正諮問の案に、強姦罪等の非親告罪化が盛り込まれた。

「親告罪」から「非親告罪」になったんやから、示談が成立しても起訴できるんやけどねぇ。

そもそも、レイプだけやなくて、その後腹を蹴ってるんやで。

「暴行罪」でも十分起訴できるんやけど、何でせんの?

結局、金持ちには色々と「忖度」するんですな。

何にしても、不起訴になっても顔は割れてるし、これは一生ついて回るんで、社会的制裁はこれからも受け続けて下さいって事で。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました