スポンサーリンク

船戸結愛ちゃん虐待死で母親の船戸優里被告の初公判 起訴内容を大筋認める

目黒女児虐待死 母親の船戸優里被告の初公判
スポンサーリンク

船戸結愛ちゃん虐待死の裁判がようやく始まったけど、船戸雄大も船戸優里も起訴されてる容疑は「保護責任者遺棄罪」。

船戸雄大は傷害でも起訴されてるけど、それでも保護責任者遺棄罪の相場は重くて懲役7年~8年。

軽いと3年~4年やねんな。

これだけ残酷な殺し方をして、こんなもんで許されるってのは日本の司法が「子殺し」を軽く扱ってるから。

「卑属殺人」ってのが廃止されたけど日本の司法は未だにこの明治時代の「卑属殺人」の感覚に支配されてるんですな。

スポンサーリンク

目黒女児虐待死 母親の船戸優里被告の初公判

法廷で取り乱す被告 5歳女児虐待死・母親の初公判(19/09/03)

産経が詳しく報じてるんやけど

表示できません - Yahoo!ニュース
表示できません - Yahoo!ニュース
表示できません - Yahoo!ニュース
表示できません - Yahoo!ニュース

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

目黒女児虐待死 母親の船戸優里被告の初公判2

この事件で何が辛いって

船戸結愛ちゃん虐待死事件 「ふろをあらう」など20項目近くのルール ルールを守れない場合に虐待
無職やのに5歳児に家事までやらせてたんかいな。 ここまでのクズやのに、「死刑」にできんのが何とももどかしい…

5歳の子がこれだけ厳しいルールを課せられて、それを必死で守ろとしてたってとこな。

ルールを破ると虐待が待ってるってのがあるから必死やったんやろうけど、5歳児がこのルールを必死で守ろうとしてたってのが、ほんま泣ける。

しかも

船戸結愛ちゃん虐待死事件で船戸雄大、優里を逮捕 「おねがいゆるして」と書かれた結愛ちゃんのノートが見つかる
3月に逮捕された時の内容だけでも胸糞悪い事件やと思ったけど、これは胸糞悪いってレベル超えてるな。 死刑すら生ぬるい。 ほんま、泣けてしゃあないわ。

「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」

この叫びも無視されてるんやからなぁ。

何でこんな可愛い子にここまで出来るんか、ほんま理解に苦しむ。

この初公判を見ると一応、船戸優里にも罪の意識がありそうな感じやけど…

船戸優里「間違いないです。少しだけ違うところがあります」

船戸優里「間違いないです。少しだけ違うところがあります」1

船戸優里「間違いないです。少しだけ違うところがあります」2

船戸優里「間違いないです。少しだけ違うところがあります」3

起訴内容については「間違いないです。少しだけ違うところがあります。(雄大被告が)結愛のことを殴ったことは知らなかったです。雄大から報復されるのが怖くて通報できなかったです」と答えた。

ここに至っても結局、自分の保身しか考えてないねんな。

殴ったことを知らないってのもあり得んし、報復が怖くて通報できなかったってのもあり得んのやけど、報復が怖いって事は殴ってる事を知ってるって事やん。

結局は「私は悪くない」「助けようと思ったけど助けられなかった」「仕方がなかった」って言いたいだけやん。

直接手を下してないにしても、食事を与えてないわけやし、これで懲役3~4年ってのは、ほんまあり得んな。

まぁ

結愛ちゃん虐待死事件で船戸雄大容疑者(33)と優里容疑者(26)を保護責任者遺棄致死で起訴 保護責任者遺棄致死は懲役15年以下
何で「保護責任者遺棄致死」なんかで起訴するんやろね。 どう考えても未必の故意の「殺人」やん。 現状無理筋の「殺人」を裁判員裁判で有罪にさせる為に結愛ちゃんのメモとかを公開して世論を動かしてたんやと思ってたんやけど、結局こ...

ここでも書いたけど、保護責任者遺棄罪やとMAXでも懲役15年にしかならんのやけど。

それもこれも

子殺し

子殺し - Wikipedia
日本

日本では、平安時代の『今昔物語集』に既に堕胎に関する記載が見られるが、堕胎と「間引き」即ち「子殺し」が最も盛んだったのは江戸時代である。関東地方と東北地方では農民階級の貧困が原因で「間引き」が特に盛んに行われ、都市では工商階級の風俗退廃による不義密通の横行が主な原因で行われた。また小禄の武士階級でも行われた。 江戸幕府や諸藩は繰り返し堕胎と子殺し・間引きを非難したが、罰せられる事は希であり、大人の殺人と同等に扱われた例もない。

「孝」を重視する儒教の影響が強かった日本では、「子は親の所有物」という考え方が根深く存在していた。仏教や神道は出産に関わる事を禁忌としており、胎児や新生児に関して語る事は無かった[3]。また、赤ん坊は初宮参りという通過儀礼を済ませる事によって産褥が終了し、人間社会の一員になるという一般認識があった。乳児死亡率の高かった当時、「七歳までは神のうち」という言葉が伝えられる地域があるように、子供を正式な人間と扱うようになる期間には地域によって違いがあった。

1908年制定の日本の明治刑法においては、子が親を殺す犯罪には尊属殺人罪という特例が適用され、通常の殺人罪よりも極めて重い死刑又は無期懲役が課せられていたが、親が子を殺す犯罪には傷害致死罪が適用され、通常の殺人罪よりもむしろ軽い罪となることが多かった。これは、子の行動や法律行為を否応なしに制限できる「親権」や懲戒権を利用し、「お仕置き」と称して激しい折檻で死に追いやったとしても、折檻時に殺意を持っていたかを判断するのは不可能であり、結果として「行き過ぎた懲戒権の行使」として、殺意を持っていたとは見なされない為である。

家父長制が否定された第二次大戦後においても、尊属殺人罪は変わらず運用され続けた。1973年4月4日には尊属殺人罪を違憲とする最高裁判決が出されたものの、その内容は「尊属殺人罪そのものは合憲ながら、その量刑の程度が重すぎるために違憲」というものであり、条文そのものも1995年に刑法が改定されるまで残り続けた。

子供が親を殺すと「尊属殺人」で罪が重くなるけど、親が子供を殺しても「卑属殺人」で傷害致死として処理されてきた。

それが、ほんの20年前まで残ってたんやからなぁ。

未だに日本の司法はこの考え方が抜けきれてないねんな。

それにしても、名前に「愛」がつくとこういう目に遭うのが多いような気がするけど、気のせいやろか?

日渡駿容疑者(21)を逮捕 大塚璃愛來ちゃんを虐待 逮捕直前Instagramのstoriesに璃愛來ちゃんの動画を投稿
逮捕直前にインスタのstoriesに日渡駿が大塚璃愛來ちゃんの動画を投稿してるんやけど、虐待してないってアピールのつもりなんかね。それにしても、警察が4回も保護してるのに、何で助けられんのか不思議でしょうがない。ほんま、児童相談所ってのは仕

この子も「愛」がついてるし。

あまりにも多いんで、名前に「愛」がついてて、シングルマザーの場合は警戒した方がええかもしれんな。

何にしても、何度も書いてるけど、虐待死に対しての罰が軽すぎるんで、これを機に「虐待」を犯罪にして、「虐待致死」に死刑を求刑できるように法改正して欲しいもんです。

改めて船戸結愛ちゃんのご冥福をお祈り致します。

続報

船戸結愛ちゃん虐待死公判 船戸優里被告「死にたい 結愛のところに行きたい」 船戸優里と雄大は離婚していた
船戸優里が法定で「死にたい。結愛のところに行きたい」って号泣したって事やけど、どうにも自分の罪を軽くする為の演技としか思えんねんな。相変わらす船戸雄大が結愛ちゃんに暴力をふるってたのは知らなかったで押し通してるし。DV被害者で、自分の身を守
船戸結愛ちゃん虐待死 船戸優里被告に懲役11年を求刑 判決は17日
これは検察も思い切ったな。相場やと暴行を加えて死なせても、求刑で懲役10年程度で判決ではそこから2割引きで懲役7年とか8年が虐待死の相場なんやけど、船戸優里は手を出してないからせいぜい求刑で懲役5年。判決で執行猶予がつくもんやと思ったけど、
船戸優里被告に懲役8年の実刑判決 船戸結愛ちゃん虐待死 船戸雄大被告の裁判は10月1日から
船戸優里が懲役8年の実刑判決になったけど、やっぱり2割引するんやな。求刑11年やから2割以上割り引かれてるけど、検察が思い切った求刑をしてもこうやってお約束通り割り引くんじゃ意味ないやん。この2割引の「お約束」はなくせんのかね。
虐待・虐め・自殺訴訟・裁判
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました