スポンサーリンク

京アニ放火殺害 青葉真司容疑者が会話はできないものの命に別条のない状態まで回復

京アニ放火殺害 青葉真司容疑者 命に別条ない状態まで回復
スポンサーリンク

とりあえず、青葉真司がもう死ぬ事はないと。

まぁ、死刑は確定やから裁判が終われば死ぬ事になるんやけど。

法務大臣も青葉真司の死刑執行命令書のサインは躊躇せんやろうしな。

スポンサーリンク

京アニ放火殺害 青葉真司容疑者 命に別条ない状態まで回復

【速報】京アニ放火殺害 青葉容疑者 命に別条ない状態まで回復(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
35人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出てい - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))
35人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出ている容疑者の男が、命に別条のない状態まで回復したことがわかった。

殺人などの疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者は、全身にやけどを負い、重篤な状態が続いていた。

関係者への取材で、青葉容疑者は会話はできないものの、命に別条のない状態まで回復したという。

逮捕状の執行には、勾留に耐えられると医師が判断する必要があり、その状態まで回復するには時間がかかる見通し。

京アニ放火殺害 青葉真司容疑者 命に別条ない状態まで回復

8月10日には

https://bungu-uranai.com/blog/kyoani-kasai12/

意識が戻って「痛い」って言葉を発したって事やったけど、それでも予断を許さん状況が続いてわけで、ほんまよく治療してくれました。

https://bungu-uranai.com/blog/kyoani-kasai6/

近大病院の医者も凄まじい葛藤で治療にあたってたんやろなと思うと、色々と複雑やけど。

どっちにしても、これで、動機の解明はできるわけですな。

青葉真司容疑者が刑務所で語った”本当の動機”

「秋葉事件や大阪・池田小学校事件はすごかった。俺もやる」青葉容疑者が刑務所で語った
 35人が死亡、35人が重軽傷を負った京都アニメーション放火殺人事件は、18日で発生から1カ月を迎える。お盆も炎天下の中、献花台を訪れる人の列は絶えず、現場となった第1スタジオは悲しみに包まれている。...
青葉容疑者は「俺って、才能があるんですよ」「いい作品を書いて応募したのが、パクられたんですよ」「自分の作品を、有名なアニメ監督が盗んでいる」「今、書いているのもいい作品。今度はパクらせないようにする」などと怒ったように言っていたという。

「よく聞くと、コンテストに応募したのに、それを主催者側が勝手に使ってアニメにしたというんです。最初は妄想みたいなこと言っているなと相手にしなかった。変なこと言って暴れると大変だから、それ以上は何も言いませんでした」(同前)

青葉容疑者の受刑生活は、安定したかと思えば、興奮して手が付けられないという繰り返しだったそうだ。Aさんによれば、アニメ、小説の話になるとスイッチが入ったように話が止まらなくなるという。当時、刑務所収監が初めてだった青葉容疑者は真面目に受刑生活を送れば、3年6カ月の懲役刑だが、かなり早く出所できたという。

「小説が盗まれたとか、変なこと言えば反省がないと、仮釈放に影響します。しかし、アニメや小説のことになると、我を忘れ、止まらなくなる。何しでかすかわからないような感じでした」

A氏が青葉容疑者について印象に残っているシーンがあるという。

「パクりが許せない」と青葉容疑者が興奮して言い始めた時のことだ。

「本当に腹が立つ。ガソリンを撒いて火をつけ、みな殺しだ。復讐だ」「もう計画ははじまっている」「秋葉事件(加藤 智大死刑囚)や大阪・池田小学校事件(宅間守元死刑囚)はすごかった。俺もやる」などと興奮して話したという。

「えらい真剣な表情で、紙にまで書いて説明するので、まずいと思ったので、なだめました。出所後の青葉容疑者に会った知人から聞いたのですが、『(自分の作品を)パクったヤツに復讐する』と刑務所と同じように話していたそうです。本当に青葉容疑者は刑務所で話していたことを出所後、やってしまった。まさか、やるとは思いもしなかった」

2012年、青葉容疑者の起こした強盗事件の判決には<仕事上理不尽な扱いを受けるなどして社会で暮らしていくことに嫌気がさした>という一般的によくあることが動機であったとして、包丁でコンビニエンスストアに押し入り、カネを奪った強盗事件に<犯行の態様は危険かつ悪質なもの(中略)>と指摘している。

既に「小説をパクった」ってのは知れ渡ってる話なんやけど、刑務所内でもこんな事を言うてたんやな。

5ちゃんでは、パクったのは

留年 - Streamable
Check out this video on Streamable using your phone, tablet or desktop.

これって事らしいけど。

それにしても、こんなおかしな奴って事が分かってるのに、何で野放しにしてたんやろな。

京アニ事件 いまだ語られていないこと 問われるべき支援の質

京アニ事件、いまだ語られていないこと  置き去りにされた事件前の検証 問われるべき支援の質(47NEWS) - Yahoo!ニュース
35人の命が奪われた京都アニメーションの放火殺人事件で、発生から1カ月以上が経過 - Yahoo!ニュース(47NEWS)
35人の命が奪われた京都アニメーションの放火殺人事件で、発生から1カ月以上が経過した今もまだ、語られていない大切なことがある。京都府警が逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)は、過去に強盗などの罪で服役。出所の際、精神障害があったため司法と福祉機関が連携する「特別調整」という制度の対象だった。住んでいたさいたま市のアパートでは生活保護や訪問看護を受けていたとみられる。つまり、国がつくった累犯の障害者を支援する仕組みには乗っていたのに、事件を防げなかったことになる。何が足りなかったのか、どこに改善の余地があるのかという議論が置き去りにされている。

何が足りなかったって言うか、こういうのは治療が終わるまで隔離しとくって事はできんのかね。

「人権、人権」ってうるさいけど、こうなるならその方がええと思うんやけど。

危険動物と変わらんのに、人間として扱うからこういう事になる。

しかも、下手したら「刑法39条」ってもんに阻まれて、何の罪も問えんって事にもなるんやで。

刑法39条を残すなら、適用せんとあかんような人物は、ある程度人権を制限して拘束する事も必要やと思うな。

何にしても、あと1、2ヶ月はかかりそうやけど、何とか無事に裁判は出来そうです。

殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました