スポンサーリンク

福岡母子3人殺害 中田充被告に死刑判決 柴田寿宏裁判長「家族3人を殺害した結果は重大」 弁護側は即日控訴

妻子3人殺害の元福岡県警警察官・中田充被告に死刑判決

状況的に中田充以外に犯人は考えられんのやけど、直接証拠もなく動機も分からんのによく死刑判決を出したな。

死刑判決を出すには「計画性の有無」が重要視されるはずやのに、動機が分からんのじゃ「計画性の有無」も分からんわけで、これじゃ結局殺害した人数だけって事になるけど。

個人的には、死刑判決で納得なんやけど、これで死刑判決が出せるなら他の殺人事件も死刑判決を出すべきですな。

まぁ、高裁でひっくり返るんやろうけど。

スポンサーリンク

妻子3人殺害の元福岡県警警察官・中田充被告に死刑判決

【報ステ】家族3人殺害 元警察官の父親に死刑判決(19/12/13)
表示できません - Yahoo!ニュース
福岡県小郡(おごおり)市の自宅で2017年、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元福岡県警巡査部長、中田充(みつる)被告(41)=起訴後に懲戒免職=に対し、福岡地裁の裁判員裁判は13日、求刑通り死刑判決を言い渡した。柴田寿宏(としひろ)裁判長は「家族3人を殺害したという結果は重大。とりわけ子供たちを殺害したことに酌量の余地はなく、犯行態様が非常に悪質」と非難した。弁護側は即日控訴した。

公判で中田被告は「一切身に覚えがなく事実無根」と無罪を主張。目撃証言など直接証拠がない中、被告が犯人かどうかが最大の争点だったが、判決は複数の状況証拠から被告を3人殺害の犯人と認定した。

判決によると、中田被告は17年6月5日深夜から遅くとも6日午前6時半、自宅で妻由紀子さん(当時38歳)の首を何らかの方法で圧迫、長男で小学4年の涼介さん(同9歳)と長女で小学1年の実優(みゆ)さん(同6歳)の首をひも状のもので絞め、それぞれ殺害した。

柴田裁判長は判決理由で、仮に第三者の犯行だとすると、この時間に自宅にいた被告に「気付かれることなく3人を殺害したとは考えられない」とし、周辺の防犯カメラ映像や自宅の指紋状況などからも第三者侵入の可能性を排除した。

その上で、被告の左腕に妻が抵抗した際に付いたとみられる傷があり、妻の右手薬指の爪の間から採取した微物が被告のDNA型と矛盾しないことなどは、妻を殺害した犯人と裏付けるものだと指摘。動機は「不明」としつつも、被告が妻から日常的に叱責されるなどしていたことを踏まえ「何らかのきっかけでこれまでの鬱憤を爆発させ、衝動的に犯行に及んだとみるのが自然」と述べた。

さらに地裁は、妻が日ごろから熱心に子育てに取り組み、事件以降の子供の予定も入れていることなどから、妻が子供2人を殺害した可能性も否定。「妻を殺害した被告が冷静さを欠いた心理状態のまま衝動的に子供たちを殺害したという想定は可能」と判断した。

また、3人の遺体をつなぐようにライターオイルをまいて火をつけた痕跡があることについて「証拠隠滅を図ろうとしたと推測できる」と指摘。「現職警察官が妻子3人を殺害したという衝撃的な事件で社会的影響も軽視できない」と指弾し、「計画性は認められないとはいえ、死刑の選択は免れない」と結論づけた。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

妻子3人殺害の元福岡県警警察官・中田充被告に死刑判決

裁判員裁判って事もあって死刑判決を出せたんやろうけど、「計画性は認められない」って言い切ってるからなぁ。

個人的には理解に苦しむけど、裁判所の相場では死刑判決で重要視されるのは「人数」と「計画性の有無」。

人数は相場をクリアしてるけど、「計画性」がないとなると高裁で覆る可能性が高いな。

最近裁判員裁判の判決が覆った例では

心斎橋通り魔事件上告審では「計画性がない」との理由で死刑判決を破棄

表示できません - Yahoo!ニュース
大阪・ミナミの繁華街で2012年、通行人の男女2人を無差別に刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職、礒飛(いそひ)京三被告(44)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は2日、被告側、検察側双方の上告を棄却した。裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした2審判決が確定する。裁判官5人全員一致の意見。

小法廷は、被告が被害者に突然襲いかかって包丁で刺した点を挙げ「執拗(しつよう)さ、残虐さが際立つ」と述べて、死刑選択の当否を慎重に検討すべき事件だとした。

しかし、覚醒剤中毒の後遺症による幻聴が犯行の一因となっていたことは考慮すべきで、被告が犯行の約10分前に包丁を購入したことを踏まえると「無差別殺人について特段の計画や準備をしたとも認められない」と指摘。死刑は究極の刑罰であり、無期懲役を選択した2審が不当とは言えないと判断した。

1審・大阪地裁判決(15年6月)は幻聴の影響は限定的だったとして求刑通り死刑を言い渡した。これに対し、2審・大阪高裁判決(17年3月)は計画性が低く、幻聴の影響も無視はできないとし、無期懲役としていた。

判決によると、礒飛被告は12年6月10日昼、大阪市中央区東心斎橋1の路上で、イベント会社プロデューサーの南野信吾さん(当時42歳)と飲食店経営の佐々木トシさん(同66歳)の2人を包丁で襲って殺害した。

裁判員裁判の死刑判決が2審で無期懲役となった例は今回を含めて5件あり、いずれも2審の判断が最高裁で確定することになる。

心斎橋通り魔事件の上告審で「人数」は2人やけど「計画性」がないって事で裁判員裁判の死刑判決を破棄して無期懲役にしてる。

被害者側からしたら計画性があろうがなかろうが結果が重要やのに、何でか知らんけど裁判所はこの「計画性」を重要視しとるわけで、これが変わらん限りこの死刑判決も覆るやろな。

直接証拠もなく、動機も分からんのに死刑判決を出した裁判員も苦悩も水の泡と。

それにしても、個人的には死刑判決で納得なんやけど、やっぱり動機は解明してくれんとモヤモヤする。

被害者遺族も

被害者遺族のコメント

被害者遺族のコメント

表示できません - Yahoo!ニュース
「判決は、私たちの意見と異なることはありません。しかし、殺された理由や、詳しい事実は結局分からないままとなり、この点には到底納得がいきません」

何で殺された分からんので納得できんって言うてるし。

動機に繋がる部分では事件当時にも報道されてたけど

福岡母子3人殺害 中田充容疑者(38)が事件前に「子供が成人したら離婚する」と周囲に話していた
「子供が成人したら離婚」なら成人するまで我慢すりゃええがな。 夫の警官「子供の成人後に離婚」 妻の爪に微物、抵抗時ひっかいた痕か 福岡県小郡市の住宅で中田由紀子さん(38)と子供2人が殺害された事件で、由紀子さんの夫...
福岡母子3人殺害 中田充容疑者(38) 遺体発見前日に昇任試験に落ちていた
まさか、昇任試験に落ちて夫婦喧嘩になったとか、八つ当たりとかってのが動機やないやろな。 逮捕の夫 遺体発見前日に昇任試験落ちる この事件は今月6日、福岡県小郡市小板井で中田由紀子さん(38)と長男の涼介くん(9)、長...

子供が発達障害で、それが原因で夫婦仲が良くなかったってのもなぁ。

そんな事でよりもよって警察官が家族を殺すかね。

何にしても、高裁で覆る可能性が高いけど、高裁は覆すなら動機だけは解明して欲しいもんですな。

死刑・死刑廃止論 殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました