スポンサーリンク

栗原心愛さん虐待死 栗原勇一郎被告に懲役18年を求刑 「凄惨で拷問といっても差し支えない行為」

千葉小4女児虐待死 栗原勇一郎被告に懲役18年を求刑

船戸結愛ちゃん虐待死の船戸雄大も求刑が懲役18年やったんで、栗原勇一郎もそんなもんやと思ったら案の定ですな。

判決では船戸雄大は相場の2割引きを超えて3割引きの懲役13年になってるけど、栗原勇一郎もその辺に落ち着きそうですな。

スポンサーリンク

千葉小4女児虐待死 栗原勇一郎被告に懲役18年を求刑

父親に懲役18年を求刑 “心愛さん虐待死”裁判(20/03/09)
表示できません - Yahoo!ニュース
千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判論告求刑公判が9日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。検察側は「凄惨で拷問といっても差し支えない行為。非道な犯行態様だ」などとして懲役18年を求刑した。

検察側は論告で、勇一郎被告の犯行の多くを目撃した心愛さんの母親(33)=傷害幇助(ほうじょ)罪で有罪確定=の証言は信用できると述べた。その上で「(勇一郎被告は)いまだに虐待を実質的には認めていない。10歳の命が奪われた被害は重大」と非難し、児童虐待の傷害致死事件の中でも「比類なき重い事案」と主張した。

これに対し、弁護側は、母親は「共犯者であり、一般的に相手に不利な証言をする」と証言の信用性を疑問視。犯行について「しつけがエスカレートし虐待につながった」とする一方で、「日常的な虐待はなかった」と述べ、「被告は深く反省している」として適正な処罰を求めた。

勇一郎被告は最終陳述で「つらい思いをさせてごめんなさい。私が未来を奪ってしまった」と心愛さんに謝罪。裁判で母親らの証言との食い違いが指摘されたことについては「私は事実を話した」と改めて強調した。

この日は、心愛さんと7年間、沖縄県で同居していた母方の祖母も出廷。「みーちゃんは家族の宝物だった。被告はみーちゃんの痛みを感じてほしい」と語った。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

千葉小4女児虐待死 栗原勇一郎被告に懲役18年を求刑

船戸雄大も求刑が懲役18年やったんやけど

船戸結愛ちゃん虐待死 父親の船戸雄大被告に懲役13年の実刑判決
船戸雄大への求刑が18年やったから2割引で14~15年やと思ったら2割以上割り引いたわけですな。 そもそも、船戸雄大が問われてる罪が「保護責任者遺棄致死」と「傷害」ってのがおかしいんやけど。 目黒女児虐待死 結愛ちゃんの父親に懲役13年判決 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件...

船戸雄大は一応起訴事実は大筋で認めてたのに対して、栗原勇一郎は全面否認やからなぁ。

しかも、栗原心愛ちゃんを法定で「嘘つき」呼ばわりまでしてたわけで、それで懲役18年は軽すぎるわな。

弁護側は

スポンサーリンク

弁護側「しつけが過度に行き過ぎてしまった結果だ」

弁護側「しつけが過度に行き過ぎてしまった結果だ」

弁護側「しつけが過度に行き過ぎてしまった結果だ」2

この期に及んでまだ「躾」って主張しますか。

あのなぁ

栗原勇一郎容疑者を追起訴 栗原心愛さんに排便させその排泄物を持たせそれを撮影していた
栗原勇一郎は裁判なんかせんと殺処分するべきですな。 殴る蹴るにスマホで撮影ってだけでも胸糞悪いのに、排便させて排泄物を持たせて、尚且それを撮影って、栗原勇一郎は何がしたかったんやろな。 スカトロ趣味でもあんのか?
栗原心愛さんが児童相談所に性的虐待を訴えていた 「パパが急にズボンと下着を下ろしてきた」
栗原勇一郎が栗原心愛ちゃんに排便させて、その様子を動画に撮ってたとこから、これは想像できたんで、「やっぱりか」って印象しかないんやけど、児相はそれを聞いてたのに一時保護を解除してるんやな。 どう考えても「殺人幇助」「強姦幇助」やと思うんやけど。 栗原勇一郎は殺処分が当然として、児相にも何かしら刑事罰を与えなあかんと思う...

排便の様子を撮ったり、ズボンを下ろしたりって、どこの世界にそれを「躾」と呼ぶ国があるねん。

ほんま、弁護士も仕事とはいえ、よくこんな主張が出来るな。

それにしても、懲役18年ねぇ。

スポンサーリンク

子殺し

子殺し - Wikipedia
日本

日本では、平安時代の『今昔物語集』に既に堕胎に関する記載が見られるが、堕胎と「間引き」即ち「子殺し」が最も盛んだったのは江戸時代である。関東地方と東北地方では農民階級の貧困が原因で「間引き」が特に盛んに行われ、都市では工商階級の風俗退廃による不義密通の横行が主な原因で行われた。また小禄の武士階級でも行われた。

江戸幕府や諸藩は繰り返し堕胎と子殺し・間引きを非難したが、それで罰せられるのは稀であり、大人の殺人と同等に扱われた例もない。

「孝」を重視する儒教の影響が強かった日本では、「子は親の所有物」という考え方が根深く存在していた。仏教や神道は出産に関わる事を禁忌としており、胎児や新生児に関して語る事は無かった[3]。また、赤ん坊は初宮参りという通過儀礼を済ませる事によって産褥が終了し、人間社会の一員になるという一般認識があった[3]。乳児死亡率の高かった当時、「七歳までは神のうち」という言葉が伝えられる地域があるように、子供を正式な人間と扱うようになる期間には地域によって違いがあった。

1908年(明治41年)制定の日本の明治刑法においては、子が親を殺す犯罪には尊属殺人罪という特例が適用され、通常の殺人罪より極めて重い、死刑又は無期懲役が課せられていたが、親が子を殺す犯罪で殺人罪として立証されることは極めて稀で、ほとんどが傷害致死罪(または保護責任者遺棄致死罪など)の微罪しか適用されず、軽い罪となることが多かった。これは、子の行動や法律行為を否応なしに制限できる「親権」や懲戒権などの諸権利を盾に、「お仕置き」と称して激しい折檻で死に追いやったとしても、折檻時の殺意を立証するのはまず不可能であり、結果として「行き過ぎた懲戒権の行使」かネグレクト(育児放棄)として、殺意を持っていたと見なすことができないためである。

家父長制が否定された第二次大戦後においても、尊属殺人罪は変わらず運用され続けた。1973年(昭和48年)4月4日には尊属殺人罪を違憲とする最高裁判決が出されたものの、その内容は「尊属殺人罪そのものは合憲ながら、その量刑の程度が重すぎるために違憲」というものであり、条文そのものも1995年(平成7年)に刑法が改定されるまで残り続けた。

「尊属殺人」って概念が平成7年まで残ってた国なんで、その逆の卑属殺人は軽く扱う傾向にあった。

それからまだ25年しか経ってないわけで、まだまだこの国の司法はこの概念から外れられへんねんな。

そもそも判例主義やから、ずっと継承されてるし。

前にも取り上げたように

アメリカでは連れ子を虐待死させた男に死刑判決 母親に終身刑が出たケースも

恋人の連れ子を虐待死させた男に死刑判決 母親には終身刑 米カリフォルニア州
アメリカじゃこうやって死刑判決に終身刑が出るけど、日本じゃ「子殺し」で死刑になる事は絶対にない。 母親は執行猶予の場合も多い。 ほんま、どうにかならんか?これ?
米カリフォルニア州の裁判所は7日、恋人女性の8歳の息子を拷問して殺害した罪でイサウロ・アギレ(Isauro Aguirre)被告(37)に死刑を言い渡した。2013年に少年が亡くなるまで、殴打を繰り返し、食べ物を与えず、狭いクローゼットの中での睡眠を強要するなどしていたという。
少年の母親のパール・シンシア・フェルナンデス(Pearl Sinthia Fernandez)被告(34)も息子のガブリエル(Gabriel Fernandez)君(8)の死に関与したとして終身刑が言い渡された。

ロサンゼルス郡上級裁判所(Los Angeles Superior Court)のジョージ・ロメリ(George Lomeli)判事は判決文の中で、アギレ被告とフェルナンデス被告の犯行を「邪悪そのもの」と表現した。

アギレ被告とフェルナンデス被告は2013年、通報を受けてロサンゼルス中心部の北東に位置するパームデール(Palmdale)の自宅に駆け付けた救急隊が意識のないガブリエル君を発見したことを受けて逮捕された。ガブリエル君は頭蓋骨1か所と複数のあばら骨が骨折していたほか、鼠径(そけい)部にBB弾が撃ち込まれていた。ガブリエル君は生命維持装置を外された2日後に死去した。

検察は昨年の公判で、アギレ被告はガブリエル君が同性愛者であると思い込んで拷問し、猫の排せつ物を無理やり食べさせたり、猿ぐつわをはめ、手足を縛った上で狭いクローゼットの中で眠らせたりしていたと供述したと明らかにした。

アギレ被告は昨年12月、第1級殺人罪で有罪を言い渡され、陪審は死刑にすべきとの結論を出していた。虐待に関与したフェルナンデス被告は2月、仮釈放のない終身刑への減刑と引き換えに第1級殺人罪を認めた。

父親に死刑判決を出して、母親に終身刑で、ケースワーカーですら罪に問われてる。

日本でこういう判決が出る日はこんのやろな。

何にしても、「卑属殺人」って概念が残ってる以上、いつまで経っても子殺しの刑が重くならんので、何度も書いてるけど「虐待」を犯罪として定義して、「虐待致死」の最高刑を死刑にするように法整備して欲しいもんです。

スポンサーリンク

続報

栗原心愛さん虐待死 父親の栗原勇一郎被告に懲役16年の実刑判決(求刑懲役18年)
船戸雄大が求刑懲役18年に対して懲役13年で、栗原勇一郎は求刑懲役18年に対して懲役16年。 この違いは何なんやろね。 違いがあるとすると連れ子か実施かって事と、容疑を認めてるか否認してるか。 容疑を認めない分割引率が下がったんかね。 そもそも、求刑が懲役18年ってのが軽過ぎるねんな。 やっぱり、虐待を犯罪にして虐待致...

関連記事

千葉小4虐待死 栗原勇一郎被告の母親が栗原心愛さんの自分宛ての手紙公開 「未来のあなたを見たい」「あきらめないで」
何とも泣ける手紙やけど、21日に栗原勇一郎の初公判があるのにこの時期にこの手紙を公開したって事は、息子の栗原勇一郎を厳罰に処して欲しいって事なんやろか? まぁ、栗原勇一郎の母親って事は心愛ちゃんの祖母になるわけやけど、我が子でも大事な孫を殺した犯人を許せんってとこか。 栗原心愛ちゃんの自分に宛てた手紙を公開 あきらめな...
虐待・虐め・自殺 訴訟・裁判
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 残酷に殺してたった18年。

    子供はもし生きていたら100歳以上も生きることが出来たかもしれないのに。

    早く今の時代に合わない、色々下らない法律が変わることを願います。

  2. 虐待はみんな悪いって分かってるけど、

    実際に助けてくれる大人はどれだけいるのだろう

    心愛ちゃんのご冥福をお祈りします

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました