スポンサーリンク

女優の市原悦子さんが死去 享年82歳 死因は心不全 先月に盲腸と診断され入院し投薬治療を受けていた

スポンサーリンク

盲腸で入院したけど順調に回復してたって話やったのになぁ。

手術はしとらんし、何があったんやろ?

まぁ、82歳じゃ何があっても不思議やないけど。

スポンサーリンク

市原悦子さんが死去 2016年に自己免疫性脊髄炎で入院し、以降、芸能活動は休業していた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00445468-nksports-ent
2時間ドラマ「家政婦は見た!」などで知られる演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが12日午後1時31分に心不全のため死去したことが13日、分かった。82歳だった。

市原さんは16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院し、以降、芸能活動を休業した。 17年2月にはリハビリ専門病院に転院し、退院した後は都内の自宅でリハビリに励んでいた。

先月には…

市原悦子が盲腸で入院「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」

市原悦子が盲腸で入院「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
女優の市原悦子(82)が盲腸を患っていることが12日、出演するNHK総合「おやす - Yahoo!ニュース(東スポWeb)
女優の市原悦子(82)が盲腸を患っていることが12日、出演するNHK総合「おやすみ日本 眠いいね!」の中で公表された。現在、都内の病院に入院している。

市原は番組内の「眠いい昔ばなし」で語りを担当している。しかし、MCのお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(38)から「市原さんが盲腸になってしまいまして」と明かされ、「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」とのコメントが代読された。この日の「昔ばなし」は過去に収録した未公開分が放送された。市原は「自己免疫性脊髄炎」で約1年4か月、活動を休止していたと一部で報じられ、昨年3月に「おやすみ日本」で仕事復帰した。

盲腸で入院してたって事やけど、この盲腸が明らかになったと思ったら訃報やからなぁ。

死因が心不全って事やけど、「心不全」なんか「心臓が止まった」って事なだけで、そりゃ死んだら心臓は止まるっちゅうのとしか言いようがないし。

樹木希林と親友やったらしいし、樹木希林が呼んだんかもな。

市原悦子の略歴

市原悦子 - Wikipedia
市原 悦子(いちはら えつこ、1936年1月24日 – 2019年1月12日)は、日本の女優、声優。ワンダー・プロ所属。本名:塩見 悦子(しおみ えつこ)。身長160cm、体重53kg。夫は舞台演出家の塩見哲。

来歴

千葉県千葉市出身。千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉高等学校に進学し、演劇部で活動する。

高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修を経て、俳優座養成所へと進む。同期の有名人にはジェームス三木、大山のぶ代、冨士眞奈美、義那道夫らがいる。1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。同年に新劇新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。

1971年に俳優座を退団。1972年に番衆プロを設立。

1975年に始まった『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。放映終了後から復活を望む声が多く、2005年にはゴールデンタイムで再放送された。

1983年からは『家政婦は見た!』で四半世紀以上も主役を務め、高視聴率を誇る最大の当たり役となり、土曜ワイド劇場を代表する人気シリーズとなった。

1990年、『黒い雨』の演技で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

その他、2時間ドラマの主演を多くこなし、人気を不動のものにした。

その演技力を買われ、「俳優座が生んだ三大新劇女優」の1人と謳われている(あとの2人は岩崎加根子と渡辺美佐子)。

2011年、福島第一原発事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」呼びかけ人を務めた[2](他に湯川れい子・根岸季衣など)。

2012年、S状結腸腫瘍手術のため、翌2013年1月に公開予定だった映画『東京家族』をクランクイン前に降板した。なお代役は吉行和子が務めた。

2017年1月13日、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表。6月27日、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションで復帰することが発表されていたが、11月22日、体調が優れないことを考慮して降板し、西田敏行に変更されたことが明らかになった。その後、2018年3月21日放送の『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)で仕事復帰(3月12日収録)。

2019年1月12日他界。享年82歳。

「日本昔ばなし」も「家政婦は見た!」もどっぷり見てたんで色々と寂しいです。

菅井きんも亡くなったし、樹木希林も亡くなったし、ほんま、TVで見る「お婆ちゃん」がどんどん亡くなる年になって、個人的にも年を取った事を実感する今日この頃です。

謹んで市原悦子さんのご冥福をお祈り致します。

コメント

テキストのコピーはできません。