【運動部】バレー部員に男性教諭が繰り返しボールをぶつける動画がツイッターに投稿される。大阪府立今宮工科高校

シェアする




散々問題になったのに、まだこんな事やるヤツがおるんやな。

バレー部員に繰り返しボール当てる動画 大阪の高校調査

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000027-asahi-soci
同校によると、動画は14日午後の練習中のものという。レシーブの練習をする際に顧問の男性教諭が1人の男子部員(2年)に対し、至近距離から繰り返しボールを当てる様子が映されている。男子部員はけがなどはしていないという。

まぁ、オイラは昭和のスポ根世代なんで、そんなに気にならんかったんやけど、ネットで話題になってるし、学校も調査に乗り出したから問題なんやろな(笑)

ちゅうか、倒れてるのに、至近距離から頭をめがけてボールを投げつける練習に何の意味があるんやろね。

これで強いなら、それなりに効果もあるんやろうけど…

今宮工科高校バレー部の成績

今宮工科運動部
○男子バレーボール部

2007年度

春季大会一次予選1勝1敗5チーム中3位

 二次予選1回戦敗退

大阪総体1回戦敗退

府立高大会 予選リーグ 2勝1敗4チーム中2位

 二次トーナメント 1回戦敗退

これじゃなぁ(笑)

ただ痛めつけられてるだけですな。

それにしても、すぐにこうやって動画に撮られて、ネットで拡散されるってのもどうなんやろな。

まぁ、やられっぱなしよりはええんかもしれんけど、個人的には何か違和感がある。

何にしても、昭和の兎跳びをやらせたり、「水を飲んだらバテる」っちゅうて水を飲ませんかったのは、指導者に知識がなかったし、学問として成立しとらんかったから擁護のしようもあるけど、今の時代は「スポーツ科学」なんちゅう学問が成立してるんで、指導者は精神論を押しつけんと、ちゃんと科学的根拠に基づいて指導しましょうって事ですな。


スポーツ科学の教科書――強くなる・うまくなる近道