スポンサーリンク

2020年に「生き残る会社」と「なくなる仕事」ってのが、なかなか興味深い

スポンサーリンク

2020年に「生き残る会社」と「なくなる仕事」ってのが、なかなか興味深い今日この頃。
Σd(・∀・)ナルホド!

「生き残る会社」ってのは、無難な最大手ばっかりなんで、「そりゃそうやろ」と思ったけど、「なくなる仕事」ってのは、大いに納得したわ。


知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます

2020年っちゅうと、あと6年やから、さすがに一気にここまで電子化とかが進むとは思えんのやけど、そう遠くない将来これらの職種はなくなるやろな。

これ以外にも、日本は人口減少社会が到来してるわけで、都市部の人口がさほど変わらんみたいなんで、そうなると地方の過疎化が一気に進む事になる。

地方公務員(警察官、消防官、教師等も含む)は、なくなる事はないにしても、かなりの数が必要やなくなるやろな。

何にしても、これらの職種に就いてる人や、これらの職種に就きたいと思ってる人は、こういう事態は想定しておきましょうって事で。

6年後にいきなりクビを宣告されるたら対応できんけど、今から準備しときゃ色々選択肢もある。

今から考えとかんと、あとで痛い目に会うで。


10年後に食える仕事、食えない仕事

人工知能時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました